The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
雨の日の夜の東京タワー~ミニタワーイルミネーション7とノッポンくん~
2014-03-07 Fri 19:30
3月5日(水)夜7時から東京タワー真下にある機械振興会館で当方会員として所属するビュ
ーティフルエージング協会主催の講演会があり、雨の中参加してきました。

「これからの株式市場と有望銘柄 転調をつかむ!」と題した経済評論家の木村 佳子さん
の講演です。

マスコミで売れっ子の木村さんですが、今回の講演会費用は協会補助もあり、何と500円!
当方株はやらないのですが、株式市場を巡る政治・経済スケジュールなど株式をやらない人
間にとっても大変有意義な講演でした。

講演会も終わり、大江戸線大門駅に向かう途中に撮影した東京タワー写真です。
東京スカイツリー出現で影が薄くなるかと思いましたが、都心にある立地もいかし、それなりに
観光客は集まっているようです。
タワー全景

入口には、ミニ東京タワーのイルミネーションがありました。
なかなか幻想的です。
ろうそく

講演会の会場となった機械振興会館のビルにライトアップされた東京タワーが写っています。
写るタワー


非常に地味ですが、光のアーチのようなものもありました。
光のアーチ

こちらは、1998年東京タワー開業40周年を記念して誕生したシュールな回答で評判の双
子の「ノッポンくん」です。
マスコット

「ノッポンくん」とライトアップされた東京タワー、なかなか様になっていますね!
マスコット&タワー
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 夕景・夜景 | コメント:0 | トラックバック:0
今年もお世話になりました。よいお年を!!(宮城県牡鹿郡女川町の年末風景です)
2013-12-31 Tue 18:25
12月30日一泊で宮城県牡鹿郡女川町へ行ってきました。
女川町は、先の震災で甚大な被害を受けた場所ですが、今回宿泊した万石浦はその中でも
比較的被害の少なかったエリアになります。
(それでも内海である万石浦でも養殖棚の多くが津波で流されたり、地盤沈下でカキ処理場
が使用不能となるなど大きな被害を受けています)

写真はホテルの部屋からの眺めた万石浦の風景です。
部屋から

万石浦は、外海石巻湾から細い流路で結ばれている内海で、仙台藩の第二代藩主伊達忠宗
公が「ここを干拓すれば一万石の米が取れるだろう」と言ったことに由来するといわれています。

種ガキのぶら下がる養殖いかだが海に見えています。
夕陽

下は、万石浦の地図です。
万石浦の上側をJR石巻線の気動車が走っています。
石巻線ですが、2012年3月17日には石巻 - 渡波間、2013年3月16日には、渡波 - 浦
宿間が復旧していますが、残る不通区間である浦宿 - 女川間は軌道の損傷や女川駅駅舎
の消失などにより、復旧の目途は立っていないとのことです。
(地図左が石巻市内方面になります)

大きな地図で見る
宿では、女将さん自らが、朝寒い中、食堂外で宿泊客全員のサンマを焼いて提供してくれる
などホスピタリティ溢れるおもてなしを受けました。

今年の締めを飾る旅としてなかなかいい一泊になりました!

※本年度は多くの皆様に暖かいコメントや拍手を頂きありがとうございました。
 来年も宜しくお願い申し上げます。 それではよいお年をお迎えください!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 夕景・夜景 | コメント:0 | トラックバック:0
仙台年末の風物詩~定禅寺通りの光のページェント~
2013-12-30 Mon 17:15
東京駅14時20分発16時45分着のやまびこ211号に乗車し、仙台に到着です。
乗車率は100%!
やまびこ211号は、白石蔵王駅以外は全駅に停車する鈍行?新幹線です。

仙台駅到着時にはもうすっかり日が暮れていました。
仙台駅前

アーケード街にある「末廣ラーメン本舗仙台駅前分店」」です。
最近できたお店ですが、昔ながらの中華料理屋のレトロな雰囲気をうまく出しています。
当方のような昭和レトロフリーク?にとっては、思わず引き込まれそうな店構えです。
中華そば

仙台駅からは、長大なアーケード街が東西に伸びています。
仙台駅前から「ハビナ名掛丁商店街」⇒「クリスロード商店街」⇒「マーブルロードおおまち商
店街」⇒「ぶらんどーむ一番町商店街」と延々とアーケードが続きます。

下の写真は、仙台の老舗デパート「藤崎」のところにあったツリーです。
藤崎前ツリー

「ぶらんどーむ一番町商店街」は、間もなく点灯となる「光のページェント」へ向かう人たちで賑
わっていました。
一番町

既に新年を迎える準備は完了です。
迎春

仙台の新年初売りといえば、ここお茶の「井ケ田」の豪華景品入りの「茶箱」です。
仙台のお正月ニュースでは必ずこちらのお店がTVに出ます。
井下田

こちらは、単にお店の名前が気になっただけです。
八百長

定禅寺通りに到着です。
「光のページェント」は、17時30分点灯開始です。
東京であれば点灯前にカウントダウンくらいやりそうですが、こちらの光のページェントは時間
になると唐突に点灯します。
光1

今年で28回目の老舗的なライトアップイベントであり、さすがに見事なものです。
光2

光のページェント見学を終え、仙石線で多賀城駅に向かいます。
何と多賀城駅駅にも「プチ”光のページェント”」が行われていました。
青

結構力が入っています。
多賀城1

意外な光の演出に遭遇出来て、何だか得した気分になりました!
多賀城2
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 夕景・夜景 | コメント:0 | トラックバック:0
夜景シリーズ~福岡タワーからの夜景~
2013-12-04 Wed 19:30
以前、小型三脚を担いで夜景撮影に凝っていた時期があります。
以下の写真も出張ついでに撮影した10年前の福岡タワーからの写真です。

福岡タワーは平成元年に福岡市制100周年を記念し開催された「アジア太平洋博覧会(よか
トピア)」のモニュメントとして建てられたタワーです。
地上123メートルにある最上階の展望室からは、以下の写真のような素晴らしい夜景が楽し
めます。
Image5-81.jpg

どうしてもガラスへ手前の風景が写り込んでしまっています。
本格的に撮るには、吸盤を点けた暗幕をガラスに貼って昔の写真機のような姿で撮影すれば
写りこみは防げるのですが、そのまで準備も勇気がありません。
Image2-113.jpg

決して派手な夜景ではありませんが、海・川の織り成す水風景がいいですね。
Image3-108.jpg

ほのかに山裾に夕焼けが残っています。
Image1-112.jpg

このときは、あまり人影もなく、ゆっくり三脚を立てて写真が撮れました。
Image7-48.jpg

おしゃれな町並み、絵になりますね!
Image6-66.jpg
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 夕景・夜景 | コメント:4 | トラックバック:0
岩槻・青梅・赤羽の夕景~寂しいような切ないような微妙な気持ちになる時間帯です~
2013-11-29 Fri 19:30
夕方の町並み風景を集めてみました。
写真を見ていると懐かしいような寂しいような気持ちになります。

まずは、埼玉岩槻、厄除けで有名な岩槻大師の入口周辺の風景です。
img014.jpg

小さくてこの写真ではわかりにくいですが、トラックの向こうに昔ながらの大きな出桁造の
建物やその後ろには火の見櫓がチョコンと頭をのぞかせています。
img015.jpg

こちらも岩槻の古い家屋です。
img013.jpg

続いて青梅駅前の昔の映画ポスターです。
ポスターの昔風の雰囲気と夕方の日差しがマッチしているような気がします。
P1108231.jpg

最後は、地元赤羽の夕景です。
(この写真は以前もUPしたことがあるかもしれません)

右手に見えるのが旧岩淵水門、通称赤水門です。
こちらの水門ですが、1999年に東京都選定歴史的建造物に指定されています。
現在は、300mほど下流に青水門が造られています。

土手には、夕方の散歩でしょうか?
ワンちゃんと男の人が並んで座っています。
P1133707_edited-1.jpg

北本通り沿いに建つ商事会社の建物です。
まだ健在だと思います。
P1133720_edited-1.jpg
何でもない町並みも夕陽をあびるとその雰囲気変わりますね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 夕景・夜景 | コメント:0 | トラックバック:0
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。