The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
駒場野公園の田んぼと日本民藝館訪問
2015-10-12 Mon 21:45
三連休の初日は、井の頭線駒場前駅近くにある日本民藝館で行われている「生誕120周年
記念 芹沢銈介展」に行ってきました。
芹沢銈介展は、9/1から11/23まで開催中です。

日本民藝館に行く前に東京大学駒場キャンパス内にある湧水の現況確認です。
湧水は健在でした!
駒場東大駅改札からすぐのところ、かなりの量の湧水が流れています。
東大湧水

水源と思われる地点です。
短いながらもこの都内で湧水量は、貴重ですね。
東大湧水2

緑も多く、この界隈は散歩に最適です。
駒場案内図

井の頭線乗車の方は皆さんご存じだと思いますが、沿線から見えるケルネル田んぼにも行っ
てみました。
ここは、明治時代の駒場農学校跡地で、当時のドイツ人教師ケルネル氏にちなみ「ケルネル
田んぼ」と呼ばれています。
水田の碑

田んぼ内に入るためには、駒場東大駅側にある事務所「自然観察舎」に申し出て名札をもら
ってから入ることになります。
写真は、田んぼ奥側から撮影した写真ですが、都心とは思えない風景が広がっています。
田圃横

田んぼ脇には滔々と用水が流れています。
水路

たわわに実った稲穂です。間もなく収穫でしょうか。
稲穂

田んぼの周囲には多くの案山子が立てられていました。
かかし

「ガリガリくん」案山子です。
ガリガリ君

井の頭線との位置関係は写真の通りです。
井の頭線

日本民藝館は、民藝運動の本拠として1936年に柳宗悦の企画され、開設された施設です。
三連休の初日ということもあってこの日は多くの民藝ファンの方が訪れていました。
日本民芸館

日本民藝館の向かいにある西館が公開されていました。
こちらは公開日が限られていることもあり、当方も今回が初の入館です。
栃木から移築した長屋門(写真)と柳宗悦母屋からなっています。
西館
ご近所散歩といってもいいくらい近場の散歩ですが、ちょっとした旅行気分を味わえました。
湧水&民藝ファンの方はおススメの散歩コースです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
愛宕神社から東京タワー・芝大門界隈散歩(意外に楽しめたプチ散歩でした)
2015-09-22 Tue 15:48
昨年サラリーマン生活を卒業し、人事総務の独立自営業主として働くとともに、今年の6月か
らある協会の事務局のお手伝い(非常勤)をしております。

前日に新橋駅前にある生涯学習センター「ばるーん」(平成3年3月に閉校となった元の港区
立桜田小学校です)でその協会の勉強会が行われたのですが、その際に使用したプロジェク
ターを愛宕神社近くにある事務所へ返却ついでに周辺を散歩してきました。

協会の事務所は、曲垣平九郎の故事で有名な石段のある愛宕神社のすぐ近くにあります。
この界隈は、以前近くにある青松寺(せいしょうじ)の月例坐禅会に通っていたことがあります
ので勝手知ったる場所ですが、きちんと参拝するのは久しぶりです。
愛宕の石段
いつみてもすごい石段です。
当方、高所恐怖症ぎみなので登りの際には決して振り返らないようにしています。
愛宕神社掲示板
ここを江戸時代に曲垣平九郎が馬で上り下りしたとはとても信じられませんが、何と昭和57
年にも渡辺隆馬というスタントマンの方も成功されていることが愛宕神社のHPに記載されて
います。
やはり事実なんですね~

続いてすぐ近くにある曹洞宗「青松寺」です。
ここは毎月第三水曜日夜に月例坐禅会を開催しています。
参加費無料、場所柄か仕事帰りの女性参禅者が多い坐禅会です。
興味ある方は青松寺HPご参照ください。

写真は坐禅会が行われる坐禅堂です。
坐禅堂

続いて本当に久しぶりに東京タワーに上ってみることにしました。
シルバーウィーク2日目ということで混雑を予想していましたが、それほど待つことなく展望台
に到着できました。
正面にそびえるビルが2014年6月開業したばかりの「虎ノ門ヒルズ」です。

虎ノ門ヒルズの右手(もう一つの高層ビル、愛宕グリーンヒルズの更に右)には遠く東京スカイ
ツリーが見えます。
虎門ヒルズ方面

東京タワー名物のガラス床?です。
勇気ある行為! 当方は絶対無理です。
勇気ある子供

東京タワー真下にある秘境?です
人工の渓谷ですが、年月の経過につれ自然景観のようにも見えてきます。
東京タワー脇の渓谷
昼時だったので、芝大門の寛永三年創業の老舗蕎麦屋「更級布屋」に向かいます。
増上寺境内を横切ったのですが、奥にある「徳川将軍家旧御霊屋」を公開されていることを発見!
せっかくなので500円の拝観料を支払って中に入ってみました。
拝見料を払うと御霊屋の旧写真絵葉書を頂けます。
貴重な写真であり、これはお得です。

以前は覆堂に囲われていたようですが、今は大きな宝塔(墓塔)が露天に立っています。
徳川将軍墓所
この増上寺は上野寛永寺とともに徳川将軍家菩提寺として歴代将軍が眠っています。
増上寺に埋葬されている将軍様は、二代秀忠公、六代家宣公、七大家継公、九代家重公、
十二代家慶公、十四代家茂公の6将軍、十四代家茂公夫人である静寛院(皇女和宮様)も
こちらで眠られています。

この日はちょうど11日から21日まで続く芝大神宮のお祭りの最中でした。
11日から21日まで「だらだら」続くこのお祭り、別名「だらだら祭り」と言われています。
ちょうど20日はお神輿渡御というグッドタイミングでした。
芝大神宮

神輿も見ていよいよお目当ての更級布屋さんでの昼食です。
かってすぐ近くのビルで2年間ほど勤務していたことがあり、この界隈は非常に懐かしく親し
みのあるエリアです。

布屋更級
協会事務所への備品返却だけのつもりがなかなかシルバーウィークにふさわしいブチ旅行に
なりました。
やはり都内ブラリ旅は最高です。
※今週末25日には、江東区「自悠大学」で「ぶらりひとり旅のススメ」という演題で話をして
きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村


別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
(最終回)マンガの聖地・トキワ荘界隈散歩~トキワ荘通りお休み処~
2014-12-29 Mon 22:42
藤子不二雄さんの「マンガ道」にも登場する松葉です。
現在も現役で営業中です。
縦松葉

前回はガラガラでしたが、今回は結構混んでいました。
お店の右奥の座敷?スペースが空いていましたので次男とそこに坐りました。

松葉名物「ラーメンライス」です。
炭水化物の揃い踏みですので、栄養的には?ですが、ラーメンをおかずにご飯を食します。
ラーメンライス

松葉カウンターに置いてあったスタンプです。
いい味出してますね。
松葉来訪者の書いたノートやスタンプはカウンター右側に置いてありますので、メモ書きたい
方は右奥の座敷席がおススメです。
スタンプ

ごちそうさまでした!
松葉の目の前がトキワ荘跡地入り口です。
入口

右奥にトキワ荘模型が見えます。
位置関係

トキワ荘当時からある日本加除出版の門柱です。
当時の位置関係を見る際の基準になっています。
門柱

こちらもなかなか精巧な模型です。
トキワ荘模型

夕暮れ時のトキワ荘の絵、雰囲気ありますね。
トキワ荘夕景

トキワ荘跡地のすぐ前にレトロな路地があります。
レトロな横丁

2010年、建立300年を迎えた子育地蔵です。
子育地蔵

トキワ荘近くにある「紫雲荘」です。
赤塚不二夫さんが入居していたアパートです。
現在は、紫雲荘プロジェクトで支援されたマンガ家を目指す若者が入居しています。
紫雲荘

トキワ荘通りに2013年12月15日に開館した「トキワ荘通りお休み処」です。
先日の新聞東京版に開館1年で2万人の来場者達成との記事が出ていました。
お休み処

こちらの建物は、元お米屋さんの建物です。
米津米店案内

2階にはトキワ荘の部屋が再現されています。
トキワ荘関連の書籍も豊富ですので、ぜひ立ち寄られることおススメします。
部屋再現
ずいぶん更新頻度が開いてしまいましたが、先日のトキワ荘昼食散歩でした。

今年は30年間のサラリーマン生活を卒業して自営の道を歩み始めるなど自分としては大き
な変化があった年でした。

”自由業は不自由業”の言葉通り、ブログの更新もなかなか思い通りにいかずに要求不満を
感じましたが、どうにかペース配分ができるようになってきました。

来年ものんびりとしたペースになるかもしれませんが、更新継続していきたいと思います。

明日から宮城に帰省してきます。
本年は大変お世話になりました。来年も宜しくお願い致します!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
マンガの聖地~トキワ荘界隈散歩(その1)~
2014-11-30 Sun 20:20
近場の散歩です。

次男と一緒に久しぶりに南長崎(豊島区)の「松葉」にラーメンを食べに行ってきました。
前回は2012年6月(以前のブログ記事です)ですので2年ぶりになります。

自宅(杉並)からは、車で20分程度で到着しますので、近所のラーメン屋に行くような感じ
です。

まずは、南長崎花咲公園近くのコインパーキングに車をとめ、公園内にある『「記念碑「トキ
ワ荘のヒーローたち」』に立ち寄ります。
トキワ荘模型全景

トキワ荘には住んでいませんでしたが、トキワ荘への通い組の一人、つのだじろう氏のスク
ターも忠実に再現されています。
スクーター

2009年10月に公園の一角にこの記念碑がたてられたことが記されています。
トキワ荘案内

台座にいちょうの葉っぱが落ち、いい雰囲気でした。
トキワ荘モデルサイド

記念被の背景のお宅もいい味出しています。
トキワ荘時代からある建物だと思います。
そのはまり具合は、トキワ荘模型とセットで作られたような感じです。
トキワ荘とモルタル

トキワ荘通りの「山政マーケット」の建物も健在です。
山政マーケット

お店自体の営業はされているのでしょうか?
山政正面

トキワ荘通りの脇道にある酒屋さんjです。
この界隈には、こうした昭和の建物が結構残っています。
酒屋

今日の目的地であるラーメン「松葉」の隣の隣にある建物です。
古い建物

まずは、こちらで昼食です。
松葉
(次回に続きます)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
四谷界隈散歩~若葉一丁目から四谷三丁目方面へ)
2014-11-03 Mon 17:18
たい焼き「わかば」からあてもなくぶらつきます。

徳川家康譜代家臣である服部半蔵の菩提寺浄土宗西念寺の脇を歩きます。
このあたりは、江戸時代には伊賀町と呼ばれ、伊賀衆の組屋敷があったところです。

そういえば新宿通りをまっすぐ皇居方面に向かうとまさに突き当りが半蔵門です。

余談になりますが、半蔵門の由来は、この門を警備した服部半蔵の半蔵からきたという説と
山王祭の際の山車の作りものの象がこの門の半分しか入らなかったので半象(ハンゾウ)と
した説があるようです。

西念寺脇から谷間へ下る観音坂です。

観音坂の由来は坂下にある真成院の潮踏観音に由来すると坂名説明板にありました。
真成院の観音様は、江戸観音札所第18番札所であり、15年ほど前に当方お詣りしたことが
あります。
ビルの屋上にお堂があり、びっくりしたことを覚えています。
観音坂

谷間の道を歩きます。
この界隈は、皇居外濠からすぐのエリアですが、下町の雰囲気が漂っています。
古い建物

古いモルタルの建物にポツンと咲いていたバラ?です。
花の名前まったくわからずカーネーションではなさそうだし---
当方の分類ではバラになるのですが、茎にトゲがないようですのでたぶん違うような気がし
ます。
バラ?

谷間の反対側を登ると四谷総鎮守の須賀神社が台地上にあります。
新宿通りが高台で、バラ?のあった建物の通りが谷間の道、谷の反対側を登ると須賀神社
という位置関係です。
洋風の家が見えます。

新宿通り反対側の荒木町も谷の街ですが、この界隈の地形は本当に複雑です。
荒木町の以前の記事です)

神社から洋風

新宿通りを渡り、荒木町方面に入ります。
住所でいうと三栄町あたりでしょうか。
懐かしいアイスクリームのケースが店前にありました。
今も稼働中でしょうか?
商店

久しぶりに新宿歴史博物館に入ってみました。
区営の博物館にもかかわらず入館料300円と高めですが、その展示内容は下手な県立博物
館をしのぎます。
新宿郷土館

館内に再現された昭和の住居です。
区営とは思えない規模の博物館です。
新宿郷土館2

通りのマンション奥にひっそりと昔の建物が潜んでいるのを発見!
奥の民家

夕方の八百屋さん風景、当方にとっての三丁目の夕日風景です。
八百屋
以上、四谷界隈散歩でした。
新宿通りから一本入ると味わい昭和風景が残っているエリアです。
土日の気軽なぶらり散歩の候補地としていかがでしょうか!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:4 | トラックバック:0
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。