The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
早稲田大学脇の木造家屋
2014-02-25 Tue 19:30
先日2月11日、大雪後の雪が残る早稲田界隈を歩いたときの写真です。

写真は、早稲田大学に最も近い寺院、西暦810年頃の草創と伝えられる天台宗宝泉寺です。
早稲田大拍キャンパスは、かつてはこちら宝泉寺の自領だったこともあり、早稲田大学受験に
ご利益あるお寺として有名です。
後ろに見える建物は早稲田大学の校舎です。

この日もちらほら合格祈願のための参拝者の姿を見かけました。
R0015523-1.jpg

この宝泉寺の奥に写真の木造家屋があります。
R0015516-1.jpg

なかなか高さのある堂々とした木造建築です。
R0015517-1.jpg

手前の後から追加されたように見える物置のような建物はかなり傷みが出ているようです。
R0015519-1.jpg

境内に残る太平洋戦争の供出を免れた貴重な江戸期の鐘が残っています。
R0015521-1.jpg
早稲田受験の皆様、合格祈願(エンジにWの文字を配し、”勝”の文字を記した勝守りもありま
す)にこちらの寺院参拝&木造家屋見学はいかがでしょうか!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 町歩き | コメント:1 | トラックバック:0
深夜の新宿駅中央線の超混雑ぶり~こうした風景からも今後は少し遠ざかりそうです~
2014-02-23 Sun 18:30
最近ブログ更新の間隔が空き気味です。

実は私ごとになりますが、この2月末を持って30年間つとめたサラリーマンを卒業し、独立
業務請負人(今風にいうとインデペンデントコントラクターといわれます)&行政書士として、独立自営
の道を歩むことになりました。

さすが勤務30年ですので、送別会を企画してくれる方々も多く、連日午前様に近い状態です。

写真は、金曜日12時前の新宿線中央線ホームの様子です(超ピンボケ写真で恐縮です)
さすがに金曜日ということもあり、朝のラッシュ以上の混みようでした。

写真の行先表示板には、23時45分大月行特別快速の表示が見えます。
この日は5分ほど遅れていましたので、時計では既に23時45分ですが、着いた電車は23
時40分発の快速高尾行です。

それにしてもこの時間に”大月行”それも”特別快速”がまだ走っているとは、隔世の感があり
ます。
R0015530.jpg
これから毎日の通勤が無くなると同時に長年親しんできたこうした風景からも遠ざかるのか?
と思うとなかなか胸に迫るものがありました。
残り1週間引き継ぎに全力を注ぎたいと思います!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 鉄道 | コメント:2 | トラックバック:0
昭和レトロな大規模アパート~中央区新富町の正金アパートの佇まい~
2014-02-20 Thu 21:33
結構こちらのビルの写真は撮影しているはずなのですが、この1枚しか見つかりませんでした。

中央区新富町1-17、新大橋通り沿いに建つ正金アパートの雄姿です。
最近この界隈歩いていないのですが、まだ健在だと思います。

昭和6年建築のまさに昭和を生き抜いてきた建物で、堂々たる姿は威厳すら感じさせます。
(何枚か並べてご紹介予定でしたが、今回は1枚のみのご紹介でお許しお願います。)
FH040011_20140205121440ebb.jpg
近く歩いたら近況撮影してきたいと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
勝どき界隈風景~赤い壁が印象的な建物です~
2014-02-18 Tue 19:30
またまた少々古い写真で恐縮です。
勝どき界隈の風景です。

ビルの一画に残る赤い壁が印象的な建物、今も健在でしょうか?
FH000007_20140205134054b7c.jpg

こちらの建物はまだ健在だと思います。
壁に貼られたポスターがいい味だしています。
FH000027.jpg

反対方向から撮った写真です。
「勝鬨亭」入口の看板が見えますが、昔ながらの下町の洋食屋さんとして今も健在です
(勝どき2-6)
FH000026.jpg

こうした木造長屋もこの界隈にはそこかしこに見られてものですが、今は再開発により姿を
消しているものも多いかと思います。
FH000003.jpg
(写真は、以前の一連の勝どき写真と同じ時期の撮影です。2003~4年ではないかと思い
ます)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
雪の今川観泉寺ローライフレックスF3.5版(2006年1月撮影)
2014-02-16 Sun 18:30
杉並今川にある観泉寺の雪景色の第二弾です。
といっても今回の雪写真ではなく、2006年の降雪の際の雪景色です。

撮影機材は、クラッシックカメラである二眼レフのローライフレックスF3.5です。
Image2-54_201402151809409e8.jpg

こちらの写真は、6×6リバーサル写真をスキャンしたもので、デジタル一眼で撮影した昨日
の写真より画質的には落ちてもいいとコンディションかと思います。

曇りと晴天という天気の違いはありますが、さすがプラナー、現在のデジカメよりも深い像を
結んでいるような気がします(当方の感覚では)
Image2-114.jpg

ローライフレックスは、まったくのマニュアル機ですので、露出もシャッタースピードもすべて
手で設定して上からファインダーをのぞきこんで撮影するスタイルになります。

ローライフレックスF3.5 やはりその実力侮れないものがあります。
ローライ写真のほうが、何となく奥行き感のようなもの感じますね。
Image1-132.jpg

新旧カメラ対決の対決、皆様のご判断はいかがでしょうか!
Image2-170.jpg
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 寺社仏閣 | コメント:2 | トラックバック:0
雪の杉並今川観泉寺(曹洞宗)風景
2014-02-15 Sat 18:46
杉並区今川にある曹洞宗観泉寺の雪景色です。
今日は、さすがに遠出するわけにもいかずご近所散歩に留めました。

観泉寺については、以前紅葉時期の風景をご紹介させて頂いたことがありますが、今回は
雪景色です。
禅寺の雪景色もまた味わいがありますね。
山門から

寺紋の入った塀の上にみかんが寒そうに実っていました。
みかん

観泉寺山門前の一画に周辺の石仏を集めた場所があります。
さすがにお詣りする人もおらず雪には靴跡はありませんでした。
石仏全体

猫さんも雪を背負い、何だか重そうです。
猫アップ

観泉寺には、境内外に石仏を集めたエリアが何か所かあります。
こちらは、先ほどの石仏群の向かい、中央大学付属杉並高校に並んだエリアです。
雪の重みで木の枝が折れ曲がっています。
高校となり

こちらもまた違う場所になります。
「左ほりのうち」と彫られた道標で、今回の積雪量がわかります。
道標

こちらは、早稲田通り沿いに近い側に、最近つくられた石仏エリアです。

写真の石仏は、江戸時代に流行し大量生産された石仏墓だと思います。
墓地の一画に集められている光景をよくみますが、こうしてきちんとお祀りされている石仏墓
は幸せですね。
雪の石仏

少し離れたところにある観泉寺が経営する観泉寺幼稚園の自然運動場です。
完全に雪国の風景です。
幼稚園

「東京都知的障害者育成会 杉並育成園すだちの里すぎなみ」が運営するパン屋さんが雪の
中、営業していました。
昼食用に購入して家へ戻りました。こちらのパン、おいしいです。
パン
以上、杉並観泉寺雪景色でした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
安永年間創業 足袋の大野屋総本店(中央区新富町)&たい焼きで有名だった沢田商店
2014-02-14 Fri 19:30
安永年間(1772~1780)創業、老舗足袋屋「大野屋総本店」(東京都中央区新富2-2-1)の
佇まいです。
今もこの姿で営業を続けていると思います(写真は銀塩時代の写真です)

たい焼きで有名だった隣の氷菓製造の「沢田商店」は、残念ながら既に閉店してしまったよう
です(ガラスに「たい焼き」の貼り紙が見えます)
Image7-22_edited-1.jpg

大野屋総本店の脇を後ろの荷台にブルーのプラケースを積んだ自転車が信号待ちをしています。
何となく新富町らしさ感じる風景です。
FH040025_20140205131458fd5.jpg
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 消えた光景 | コメント:0 | トラックバック:0
かっての勝どき路地三景
2014-02-12 Wed 19:30
以前に月島の路地風景をアップさせて頂きましたが、今回は勝どき路地紹介です。
(勝どきと月島は隣接していますので、混在しているかもしれません)

「三映テレビサービスセンター」の看板が時代を感じさせます。
FH000021.jpg


2階のベランダから路地に向かって伸びる物干し竿が特徴的です。
FH000022.jpg


どの路地も下町特有、路地が植物園化しています。
緑少ない埋め立て地ですが、こうした工夫により、緑の潤いを確保していたんだと
思います。
まだ、こうした光景は健在でしょうか。
再開発により、かなりの部分が消えてしまったものと思われます。
FH000020.jpg
以上、勝どき路地三景でした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 消えた光景 | コメント:0 | トラックバック:0
勝どき界隈水風景
2014-02-10 Mon 19:43
先日勝どき駅界隈の旧景をご紹介させて頂きましたが、今回も再び勝どき界隈です。
撮影時期は前回と同じタイミングですが、今回は水辺の風景を中心にご紹介させて頂きます。

運河沿いの民家です。
扉を開けると水が間近にある生活、何となく憧れます。
FH000008.jpg

鉄パイプと板で組んだ桟橋がいい雰囲気です。
水上バスを乗るといつも思いますが、意外にも東京は水の街ですね。
FH000009.jpg

月島川水門からトリトン方面を見た風景でしょうか?
夜の出番を待つ屋形船が停泊しています。
FH000034.jpg

川幅からして隅田川本流ではなく、朝潮運河か月島川でしょうか。
川幅からして朝潮運河のような気がします。
FH000010_20140205131856dd5.jpg

勝鬨橋から築地市場を見た写真です。
築地場内市場は、既に豊洲移転が決まっていたと思いますが、東京五輪、また昨日の東京都
知事選の結果により、跡地利用がどうなるのか、その行方には注目です。
日の出桟橋から水上バスに乗船したとき、勝鬨橋を渡る直前のこの市場風景が見えますが、
こちらも東京を代表する水景だと思います。
FH000011_201402051320342e5.jpg
以上、勝どき界隈水景でした!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
記録的な東京大雪~けっこう都内(中野坂上・外苑・汐留)うろつきました!~
2014-02-09 Sun 20:05
記録的な大雪となった東京の大雪ですが、「不要不急の外出は控えましょう!」の警報をよそ
に当方結構都内を動き回っておりました。

東京各所での雪風景です。

まずは、2014年2月8日は井上貫道老師の成願寺坐禅会があり、中野坂上の成願寺に午前
中おりました。
下の写真は、雪景色の成願寺境内です。
成願寺境内

雪を被った石仏様、また趣が違います。
成願寺石仏

土曜日午後は、外苑での用事があり、中野坂上から外苑へ移動です。
土曜日の午後は、雪・風が一番強い時間帯でした。
下の写真は、青山一丁目から伊藤忠本社方面を眺めた青山通りの雪景色です。
いつもは賑やかな青山通りですが、さすがに道を歩く人はまれでした。
青山通り

イチョウ並木で有名な明治神宮外苑です。
外苑

続いて一夜明けた2月9日(今日)の汐留東京パークホテル25階からの東京雪景色です。
縦に伸びる道路は、現在建設中の環状2号線です。
戦後直後に計画された「幻のマッカーサー道路」と呼ばれますが、マッカーサーがこの道路を
計画した事実はないようです。
マッカサー

新橋駅方面を眺めた写真です。
新橋駅もまだすっぽり雪につつまれています。
新橋駅

東京タワー方面の雪景色です。
東京タワー
今回の東京大雪、また思い出になりそうです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
第2回西荻雛祭が現在開催中です(2014/2/1~3/3)
2014-02-07 Fri 19:30
2014年2月1日から西荻窪では、第2回西荻雛祭が開催中です。
下の写真は、西荻窪駅改札前に飾られた雛人形です。

この期間には、
 ・さくらようへい原画展『西荻歴史絵巻』
 ・佐田つまみ画美術館と西荻雛巡り
 ・桃井第三小学校の生徒さん達による雛行列
 ・手しごと市&あらかると展 雛祭り
 ・古布で作るつるし雛教室
など様々なイベントが開催されます。
R0015489.jpg

また、期間中には西荻のいろいろなお店にお雛様が飾られています。
(下は、「西荻雛祭」のパンフレットです。
商店街21店舗にそれぞれ趣の違った飾られています。
この期間中のお雛様巡り、なかなか楽しそうです!
20140206195429_001.jpg
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
晴海通り「勝どき一丁目」再開発前の光景~「にこみ千福」や小さなスナックが並んでいました~
2014-02-06 Thu 19:30
都営大江戸線勝どき駅前のかっての風景です。
銀座方面から勝どき橋を渡ってすぐのエリアになります。

UR都市機構の勝どき駅前地区第一種市街地再開発事業にてこの界隈の風景は一変
しています。
(銀塩をスキャンした写真で、撮影年月が不明なのですが、2000年代初めだと思います)
千福があった長屋

長い建物の一画にあった「にこみ千福」です。
今は、晴海通りの向かい側、地上16階・地下2階建の「勝どきサンスクエア」ビルの地下1階
で営業継続中です。
千福


こちらに入ったことはありませんが、前を通るたびに「いい感じの居酒屋だな~」と思っていま
した。
千福2

調べてみると、1枚目の写真に写っている「スナックりんどう」「スナックホープ」「スナック
ぴりか」は、この跡地に建った地上55階建ての高層ビル「勝どきニュータワー」で現在も営業
を続けられているようです。

あまり気に留めていなかった風景ですが、時を隔てて眺めてみると、”撮っておいてよかった
な~”と改めて感じる次第です。
雑居ビル
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 消えた光景 | コメント:0 | トラックバック:0
ローライフレックスF3.5で撮影した浅草寺の夜の屋台風景
2014-02-04 Tue 20:46
ローライフレックスF3.5で撮影した浅草寺の夜の屋台風景です。
Image1-66_edited-1.jpg

”こんなアンティークカメラで本当に写るの?”と思えるような姿形ですが、味わい深い像を結
びます。
リーバサルで撮影したフィルムをスキャンした写真ですが、首から下げた姿勢でシャッターを
切りますので意外にスローシャッターにも強いです。
Image1-136.jpg

久しぶりに持ち出してみたくなりました!
Image1-204_edited-1.jpg
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
今は無きクリスマス前の赤坂プリンスホテル風景&弁慶橋ボート小屋
2014-02-02 Sun 19:30
上智大学グランドから赤坂見附駅方面に歩きます(前回同様2006年11月の写真です)

2013年7月に徐々に高さが低くなる解体方法で完全に姿を消した赤坂プリンスホテルの
在りしの姿です。
手前の橋は、弁慶濠にかかる弁慶橋です。
プリンス

ちょうどクリスマス前の時期で毎年恒例の赤いリボンが建物につけられています。

2016年には、ここに地上33階、高さ約180mのホテル・オフィス棟が建設されます。
東京オリンピックの際には、国立競技場にも近いホテルとして賑わいをみせるのではないで
しょうか。
リボン

弁慶橋ボート場の建物もいい感じです。
都心でこういう風景を見るとほっとします(こちらは今も健在だと思います)。
ボート

迎賓館側から赤坂見附駅方面を眺めた風景です。
「濠と首都高」 この風景も東京を代表する水景の一つだと思います。
高速

背後に見えるホテルニューオータニは、1964年前回の東京オリンピックの年の開業ですの
で、今年9月に開業50周年を迎えます。

写真の弁慶濠の樹林は、ホテルの敷地ですので、本当にいい場所にありますね。
ニューオータニ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 消えた光景 | コメント:2 | トラックバック:0
上智大学グランド風景(旧江戸城外濠 真田濠跡地です)
2014-02-01 Sat 19:30
四谷駅から上智大学グランド方面に歩いたときの写真です(2006年の撮影ですが、現況も
このままで変わっていないと思います)

迎賓館と上智大学の間を外堀通りが赤坂見附方面に下っています。
写真は、迎賓館入口付近から丸の内線四谷駅方面を眺めた写真です。

当方、荻窪から大手町まで通っていた時期がありますが、熟睡していても地上に出るこのあた
りで一度目を覚まし、乗り過ごし防止のチェックポイントになっていました。、
四谷

上智大学グランドです。
グーグルアースで見て頂くとわかりますが、丸の内線四谷駅から上智大学グランドは、江戸
城の外濠(真田濠)を埋め立てた跡地にあります。
グランド

紀之国坂交差点あたりから眺めたグランド全景です。
遠景2

なかなか味のある建物です。
運動部のの部室でしょうか?
埼玉の「吉見の百穴」のような崖側の構造も気になります。
部室
次回は更に下って弁慶濠方面をご紹介の予定です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。