The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
三鷹大沢の里~水車のある風景(野川巡りその3)~
2014-06-22 Sun 18:43
(その2から続きます)
野川公園を一度出て徒歩で周囲を巡ります。

このあたりは大沢という地名ですが、中央線、京王線のどこの駅からも徒歩圏とはいえない
距離にあり、公共交通機関利用ですと、中央線あるいは京王線各駅からバスでのアクセス
となります。

新選組近藤勇の故郷でもあるこの大沢地区には、まだまだのどかな風景が残されています。
写真は人見街道沿いの旧家です。
旧家

人見街道で見かけた野菜無人販売です。
日よけの形がいいですね。
野菜販売

野川対岸の緑は大沢緑地です。
この界隈は三鷹で唯一田んぼが残るエリアです。
水車近く野川

野川沿いにある水車です。
後で復元されたものだと思いますが、野川河岸を少し上がったところにあります。
水車

水車を回していた水が野川に注ぎ込んでいます。
野川への流

ちょうどあじさいの季節でもありました。
あじさい

野川公園から徒歩5分程度、野川沿いに「大沢の里 水車経営農家」の水車が残されていま
す。
写真は野川公園から歩いてきた側の入り口です。
奥に見える木の向う側に野川が流れています。
水車会社入口

こちらの水車にちなんで通り名も「水車通り」です。
通り名

実はこちらの存在すら知らずにぶらっと立ち寄ったのですが、思いがけず(失礼)素晴らしい
産業遺産でした。
水車構内

こちらの建物は、水車を経営していた峰岸家の住宅です。
平成6年に三鷹市に寄贈されていますので、それまではこちらにお住まいでした。
パネル表示

1808年に創設された通称「新車」と呼ばれる水車です。
日本機械学会からは「旧峯岸水車場」として機械遺産の認定を受けている水車で、なんと
昭和43年に野川の改修によって水流が変わるまでの160年間、回り続けていたとのこと
です。
水車本体

水車内は、地元ボランティアの方が丁寧に説明して下さいます。
料金は100円ですので、丁寧な説明にかえって申し訳なく思ってしまいます。
水車内部

複雑な機構を持つ水車装置全体がこのように良好な状態で保存されているのは奇跡的です。
粉つき

深大寺蕎麦粉もこちらでうっていたようです。
この石臼も水車の回転を動力源として動きます。
そば粉うち

左にある柱はエレベーターになっており、十分ひききれなかった蕎麦の実が回収されて、
再度石臼に戻される仕組みなっています。
からくり装置のようです。
エレベーター
HP「三鷹の水車 しんぐるま」には、昔の野川及び水車の様子も掲載されていますので、
興味ある方はご覧頂ければと思います。
こちらだけの訪問でも十分価値ありです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
都立野川公園自然観察園~国分寺崖線の湧水風景~(その2)
2014-06-18 Wed 11:05
(その1から続きます)

野川公園の国分寺崖線側から湧水が湧いています。
その環境を保護するため、崖側の湧水部分は立ち入りが制限されていますが、そこかしこ
から水が湧いている景色を見ることができます。
湧水と子供

このあたりは、開放されていますので、思う存分水遊びが可能です。
湧水

ボーイスカウトあるいは子ども会(当方が子供の頃には地域でこういう名前の会があったん
ですが)のイベントでしょうか?
夏らしくスイカ割にチャレンジしていました。
すいか割

こちらは、自然観察園内の風景です。
入場無料で誰でも入園可能ですが、自然保護のため、木道が設置されており、そこから
湿地帯の様子を眺めます。
木道

ホタルの里は、ホタル保護のために立ち入り禁止となっています。
このあたりも崖からの湧水が豊富です。
ホタルの里

自然観察園には、こうした小さな池がいくつかあります。
まる池

ちょうたん池で見かけたコガモ8羽です。
コガモ

親鳥は見当たらなかったのですが、エサ取りでしょうか?
コガモ2

国分寺崖線からの湧水です。木道から望遠レンズで湧出点を撮影しました。
湧水湧き出し口

こちらは、かがみ池に流れ込む湧水です。
池の中の吹き出し口

とても隣に東八道路が走っているとは思えません。
都会離れ
今の時期、池のコガモに会いに行くのもいいかと思います。
次回は、大沢の里の歴史風景をご紹介させて頂きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
都立野川公園で湧水巡り(その1)
2014-06-15 Sun 19:30
ここのところなかなかのんびり散歩の機会がなかったのですが、6月15日Wカップ日本対
コートジュボアール戦の結果を確認してから、車で野川公園に行ってきました。

野川公園は、調布、小金井、三鷹の三市にまたがる広大な都立公園で、その中心は何と言
っても園内を流れる清流野川です。

吉祥寺まで長男を送る用事があったので、吉祥寺通りから東八道路を経由して野川公園に
向かいます。

右手が野川公園駐車場入口、中央の小さな木立の三角エリアは、幕末新選組近藤勇生家
跡です。
こちらについては、また別途ご報告の予定です。
駐車場入口

国分寺崖線に沿って小さな一級河川野川が流れ、その周りに広大な緑地が広がっています。
園内案内図

夏日の暑い日でしたが、園内ではバベーキューを楽しむ姿が見られました。
サッカー日本代表ニュニフォーム姿の方も見かけましたので、バーベキュー楽しみながら
日本戦を観戦されていたようです。
バーベキュー

当方も公園の一角にある売店で昼食を取ることにしました。
食事場所

カレーライス470円です。
レンジでチンしたものだと思いますが、ボチューム満点でなかなかのお味でした。
カレー

夏雲が広がっていました。
青空

まったくの自然公園のように見えますが、芝生の下には貯水池があるようです。
貯水池

東八道路をまたいでいよいよ湧水ゾーンに入ります。
連絡橋

東八道路は、東京西部在住の方はご存じだと思いますが、三鷹から国立方面へ向かう国
道20号のバイパス的存在の広い通りです。
東八道路

国分寺恋ヶ窪の日立中央研究所内の池を源流とする清流野川です。
多くの家族連れが水遊びを楽しんでいました。
野川風景

まずは、知識を得てからということで、園内の自然観察センターに立ち寄りました。
事務所

センター内部から見た野川方面の風景です。
事務所から見た野川

園内には、野川を説明する標識がたくさんありますので、便利です。
野川のあらまし

知識も得たところで湧水ゾーンである自然観察公園に向かいます。
野川の一日
(次回に続きます)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
地元西荻窪で見かけた風景・風物
2014-06-03 Tue 20:14
この3月にサラリーマン生活を卒業し、地元西荻窪で過ごす時間が増えております。

今回は最近見かけた地元西荻の風物です。

まずは、ハロー西荻25周年イベントです。
ハロー西荻とは、地域内の商店会が協力し合って1976年(昭和51年)に始められた
「西荻まつり」が1993年から「ハロー西荻」と名を変えて現在まで続いているイベントで、
毎年5月末の土日で行われています。

写真は、ハロー西荻を告知するポスターです。
西荻のキャクター「ハローくん」が法被を着てお祭り気分を盛り上げています。
看板

お祭り当日の竿灯みこしです。
立派なおみこしが駅前通りを練り歩いていました。
竿灯

以前、西荻界隈にある薮内佐斗司氏の六童子の一つをご紹介させて頂きましたが、今回
はその2つ目です。
童子2

前回は駅前の「花の童子」でしたが、今回は西荻南児童公園の「おすもう童子」です。
さりげなく飾られているので気がつかないで通りすぎる方も多いかと思います。
相撲童子

最後は、アイスクリーム工房「BOBOLi ぼぼり」です。
手作りアイスで有名なお店でいつもお客さんで賑わっています。
ぼぼぶ
中央線沿線では地味な印象がある西荻窪ですが、意外に隠れた名店があります。
また、そうしたお店もご紹介できればと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
灯台下暗し~都立家政(西武新宿線)の木造家屋~
2014-06-01 Sun 18:11
先日、当方ご近所ともいえる西武新宿線「都立家政駅」北口を歩いていて見つけた木造家屋
2軒です。

都立家政駅は、元々「府立高等家政女学校」(後に都立中野高等家政女学校)の最寄駅とし
て設置された駅ですが、すでに家政と名のつく学校はなく、東急東横線の都立大学駅や学芸
大学駅と同様学校は存在しないにもかかわらず駅名だけそのまま残っているタイプの駅です。

ただでさえ短い野方駅~鷺ノ宮駅間に駅をあとから設置しましたので、お隣鷺ノ宮駅との駅間
は、わずか500mしかありません(すぐそこに隣駅が見える感じです)

また、こちらの駅は準急・急行通過駅であり、当方高田馬場方面から乗るときは、鷺ノ宮で乗り
換えますので、今までこちらの駅には降りたことがありませんでした。

先日鷺ノ宮に用事があり、せっかくなのであえて都立家政駅から歩いてみました。

北口の商店街で見かけた建物です。
商店街

2階のベランダ風の意匠がいい味出しています。奥がふすまというのもポイント高いです。
斜め

続いて都立家政から鷺ノ宮へ歩いている途中に見かけた木造家屋です。
元々煙草屋さんだと思いますが、今は自販機のみの営業のようです。
煙草屋

公衆電話をあり、ちょっとした宝物を見つけた気分になりました。
煙草屋斜め
”灯台下暗し” 遠出せずしても身近な界隈をまだ歩いていないことを痛感しました。

最近遠出していないのですが、せめて一駅手前から歩くなどしてこうした小さな掘り出し物
件との出会いを楽しみにしたいと思います。

以上、ご近所プチ散歩でした!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。