The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
四谷界隈散歩~上智大学グランドからたい焼き「わかば」~
2014-10-25 Sat 21:48
10月11日(土)、会員となっているビューティフルエージング協会主催の講演会に行ってき
ました。
会場は四谷の上智大学です。

講師は、上智大学名誉教授で死生学で有名なアルフォンス・デーケン先生、テーマは、「美しく
齢を重ねる生き方を考える」というものでした。

ユーモアあふれるお話で100分という講演時間があっという間に過ぎた感じです。

講演は15時に終わりましたので、四谷界隈を歩いてきました。

写真は講演に向かう際に、四谷駅で見かけたSuicaマスコットキャクターのペンギンです。
小さなお子さんが一緒に記念写真を撮っていました。
(このマスコットくんは、特に名前はないようです)
スイカ

講演終了後、まずは旧江戸城外濠「真田濠」を埋め立てて出来た上智大学のグランドからス
タートです。

こちらは以前ブログでも記事として紹介させて頂いたことがあります。
その際は、迎賓館側からの眺めでしたが、今回は上智大学側からです。
上智グランド

上智大学側の土手は意外に幅広い土手で、のんびり散歩には最適です。
上智土手

外堀通り側に出ました。
迎賓館東門です。
迎賓館というとヨーロッパの王宮のような建物をまずは思い浮かべますが、東門がご覧の通り
純和風です。
それもそのはず、この建物は元紀州藩徳川家中屋敷の門を改修した建物です。
迎賓館

お馴染みの風景です。
外国の観光客の方が正面で記念写真を撮っていました。
迎賓館正面

行こう行こうと思いつつまだ未訪問だったたい焼きの「わかば」に寄ってみました。
「わかば」は、1953年創業の老舗で東京三大たい焼き屋の一つです。
(他の2軒は、麻布十番の浪花屋総本店、人形町の柳屋の名前がよくあげられます)
わかば横

この日も行列が出来ていました。
店内にはテーブル席もあり、そちらでも食べることができます(行列に並んで購入→店内で)
わかば行列横

この界隈は、先ほどの迎賓館、裏には学習院初等科があるエリアですが、わかばのあるあた
りは静かな下町風の住宅街です。
先ほど買った餡子たっぷりのたい焼きをほうばりながらの町歩きです。
洋風民家
<次回に続きます>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 町歩き | コメント:1 | トラックバック:0
中山法華経寺境内を経て東山魁夷記念館へ(最終回)
2014-10-12 Sun 21:57
のんびりとしたブログ更新となっております。

寅さんが奥で寝ているようなお休み処「額堂」での食事を終え、いよいよ参拝です。
まずは境内中心にある巨大な祖師堂からです。
3本堂

祖師堂の説明板です。
屋根の形に特徴があることが書かれています。比翼入母屋形式という屋根の形のようです。
3祖師堂説明

横から見るとその特徴が一目瞭然です。
3屋根の形

絵馬堂です。成田山新勝寺にも同じような建物がありました。
信者の方々が寄進した絵画などを展示した建物です。
3額堂

日蓮上人松葉ケ谷法難の様子を描いた絵図だと思います。
3額

祖師堂奥の宝殿門をくぐり、聖教殿方面に向かいます。
3門

樹木の中を進むと建物が見えてきました。
3宝物堂

この建物の雰囲気!
やはり築地本願寺を設定した伊東忠太博士作品です。
同じ雰囲気感じますね!

宝教殿には、日蓮上人著国宝「立正安国論」など貴重な宝物が保存されています。
3宝物塔

法華経寺の境内を出て、近くにある東山魁夷記念館に向かいます。
龍王池の脇を抜けて住宅地を歩きます。
3池

亀が蓮の根を食いちぎってしまうようで、亀エリアが隔離されていました。
どうして出たのかわかりませんが、エリア外にも亀が何匹かおり、日向ぼっこをしていました。
3亀池

中山法華経寺から歩くこと10分程度で東山魁夷記念館に到着です。
東山魁夷と中山の地は結びつきませんが、実は東山魁夷は、1945年戦後間もなくから
1999年逝去されるまで50年以上この市川の地に在住していました。

なかなかおしゃれな外観の記念館でした。
3東山魁夷記念館

記念館内の2階にある休憩室です。
1階には雰囲気のいいカフェレストラン(上野精養軒直営)もあり、焼きそば食べていなければ
間違いなくここのハヤスシラインをチョイスしていたところでした。
3休憩所

法華経寺経由で帰りは京成中山駅から帰りました。
のどかな駅の雰囲気、プチ旅行気分を盛り上げてくれました。
3中山駅
法華経寺は、日蓮宗の大本山であり、有名といえば有名なお寺ですが、当方の友人に聞いて
も東京から近い割には意外に行ったことがある人は少ないです。

東京近辺の方であれば、朝思い立って出発しても十分間に合いますので、一度寅さんが寝て
いるようなお休み処で昼食を取り、法華経寺拝観&東山魁夷記念館いうコースでの散歩もい
いと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 寺社仏閣 | コメント:4 | トラックバック:0
中山法華経寺参道お休み処「額堂」~柴又とらやのような風情です~
2014-10-05 Sun 19:50
昨日は成願寺井上貫道老師坐禅会に終日参加しておりました。
昼の坐禅会で4炷(チュウ)、夜の坐禅会で3炷と計7炷坐りましたので、今日は身体が若干
痛いですが、久しぶりの日曜の雨ということで終日自宅でのんびりしておりました。
※次回11月の井上貫道坐禅会は、11/8(土)になりました。以前ご案内の日程表では15
  日にびなっておりましたので、後程修正したいと思います

閑話休題

前回法華経寺散歩の続きです。

中山法華経寺参道には、軒数は多くありませんが、お休み処やお土産店があります。
奥に見えるのは、重要文化財の五重塔です。
店&五重塔

今回はそのうちの1軒、お休み処「額堂」で食事することにしました。
「額堂」は、江戸末期創業で現在の建物は昭和13年築ということです。

こちらは、「きぬかつぎ」というさといもをふかしたものや刺身こんにゃくが名物のようです。
額堂店先

子どもの頃は、このタイプのアイスケースから当り付のホームランバーやメロンの形の容器に
入ったメロンシャーベットなどよく買ったものです。
アイスクリーム

ここでも焼きそばを食べました。
最近焼きそばばかり食べているような気がしますが、焼きそばは当方の好物です
(以前の焼きそば関係の記事です。後楽の焼きそば川越みどりや

奥の部屋は、旅から戻った寅さんが寝ているような雰囲気がありました。
散歩途中の地元の方が毎日こられているようで、この地域のコミュニティのような役割もして
いる感じでした。
店内
<次回は境内&東山魁夷記念館訪問記の予定です>
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
別窓 | 懐かしのグッズ等 | コメント:4 | トラックバック:0
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。