The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
中野坂上 「成願寺金曜定例座禅会」参加要領のご紹介
2012-06-03 Sun 18:13
昨日(6月2日)は、月1度の井上貫道老師坐禅会に参加してきました。

今回で正法眼蔵「密語」の巻終了し、次回(7/21)からは、正法眼蔵「無情
説法」(第46)です。

昨日の茶話会質疑応答の中で、(坐禅初めてのかたへ)貫道老師から坐禅
に関するアドバイスを頂きました。

 ”六根の働きのままに、浮かんできた思いをとらえずに手をつけずにそのま
  まにしておく。”
 ”目・耳は良し・悪し、好き・嫌いを判断しない。聞こえたもの、見えたものは
  その場でその場で完結しており、一切残らない。それが事実であり、その
  事実に参じるのが修行”

土曜日は、夜の坐禅も参加したため、40分×7回坐りました。プチ接心のよ
うな感じで、今朝はまだ体に坐禅の余韻というか心地よい疲れが残っていま
す。

さて、今回は、月1回井上貫道老師座禅会とは別に毎週金曜日にここ成願
寺で開催されている金曜坐禅会を紹介したいと思います。

成願寺のHPを見ると、2つの坐禅会が紹介されています。
一つがこのブログでも紹介させて頂いた月1回、静岡掛川の少林寺の井上
貫道老師をお招きして開催されている坐禅会です。

もう一つが、今回紹介する毎週金曜日に開催されている成願寺(じょうがん
じ)金曜定例坐禅会です。
同じ成願寺で開催される坐禅会ですが、主催者も坐る場所も異なり別の坐
禅会と考えたほうがいいと思います。
(金曜坐禅会は成願寺本堂で、井上貫道老師坐禅会は別棟の書院が会場
です)

簡単に成願寺についてご紹介したいと思います。

成願寺は、中野長者の寺と呼ばれ、今から650年前に小田原大雄山最乗
寺五世春屋宗能禅師様の教えのもと、開創されたお寺です。

境内には、江戸時代の大名鍋島家(支藩)の墓所があり、幕末には、新撰組
近藤 勇の妻子が難を逃れここ成願寺に一時住んでいた逸話もあります。

場所は、地下鉄丸の内線・都営大江戸線中野坂上駅から山手通りを渋谷方
面に歩いて5分くらいのところにあります。

最近改修され、広くなった歩道を歩くと、右手に写真のような竹塀と大きな達
磨さんの絵が目に入ります。ここが成願寺です。

成願寺金曜日坐禅会は、毎週金曜日18:30~20:30で開催されています。
成願寺達磨絵
赤い朱塗りの門をくぐると正面が本堂、右手が庫裏になります。
成願寺本堂
特に坐禅会の案内もないため、どこへ行けばいいの?と迷うところですが、臆
することなく、庫裏玄関(下の写真)の下駄箱に靴を入れ、玄関を上がって左に
廊下を歩いて突き当りの和室に向かいます。
その部屋が受付になります(係りのかたがいらっしゃいます)
成願寺受付
受付で住所・氏名・連絡先を記入すると参加要領について説明があります。
参加費は初回は無料。以降、毎月会費1000円です。
(第一週から全回参加しても、例えば第四週のみ1回参加でも会費は同じ1000円
です。)

初参加のかたには、本堂で坐る前にこちらの和室で坐りかたなどについて事前
に丁寧な説明がありますのでご安心を!

基本の坐禅は共通ですが、週により内容が異なります。
  第一週    坐禅と(坐禅後)写経(般若心経)
  第二・三週  坐禅と「修証義」講義
           ※「修証義」とは、道元禅師様「正法眼蔵」から、在家布教のた
            めに明治中ごろに重要な部分を抜粋し編纂されたものです。
  第四週    坐禅と読経
※この週の区分で担当老師が変わります。例えば、第二・三週は、大塚達雄老
  師がご担当になります。

坐禅は、本堂で行います。
こちらの坐禅会では、入り口棚にある丸い坐蒲を自分で手に持って本堂内の空
いている場所に向かいます。
坐蒲は、両手の親指・人差し指・中指の三本で持ち、胸の高さに掲げて歩きます。
(このあたりは、文字にするより実際現場で指導いただければ一目瞭然ですので
ご安心ください)

本堂での坐禅終了後、受付した和室に戻り、お茶・お菓子を頂いた後に後半のカ
リキュラム(写経or講義等)が開始です。
※飲み終わった湯飲み茶碗は、各自が洗うことになっています。

HPにも、「時間内であれば途中参加も可能です」とありますが、当方気分的にせ
っかくなら初めから参加したいという思いがあり、金曜日18:30という開始時間が
移動の関係で厳しく最近はご無沙汰しております。

毎週開催している坐禅会は、なかなか無く、場所も新宿駅から2駅と便利な場所
にあります。
会社帰りに定期的に参加する坐禅会としては、その内容の豊富さ(写経、講義
読経などバラエティーに富んでいます)もあり、全回は難しいかもしれませんが、
ご自分の興味のある週だけでも参加するのもいいかと思います。
成願寺石仏
成願寺境内には、写真のような石仏も多く、先日ご紹介の「けやし橋商店街」
あわせて散歩もいいかと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:2 | トラックバック:1
<<浜離宮恩賜公園から水上バスで浅草散歩はいかがですか(その1) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 武蔵野観音霊場スタート地点~札所巡り後は豊島屋で休憩です~>>
この記事のコメント:
7/21日からは、井上貫道老師の「無情説法」の巻が始まるんですね。
いま「無情説法」をブログで書いていますが、難しくて何回も何回も書き直しています。
気ずいた点などありましたら、教えてください。
2012-06-03 Sun 22:55 | URL | UFO #-[ 内容変更]
いつも拝見させて頂いております
毎回 拝見させて頂いております。
正法眼蔵 どの巻も道元禅師がおっしゃっていることは唯一つ、1巻1巻で完結
しているとよく言われますが、今の当方には正法眼蔵は、正直まったく歯が立ち
ません。
これからもUFO様ブログを手がかりに牛のような歩みですが、一歩一歩読み進
めていければと思っております。
今後とも宜しくお願いします。
2012-06-03 Sun 23:18 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
昨日(6月2日)は、月1度の井上貫道老師坐禅会に参加してきました。今回で正法眼蔵「密語」の巻終了し、次回(7/21)からは、正法眼蔵「無情説法」(第46)です。昨日の茶... …
2012-06-07 Thu 12:31 まとめwoネタ速neo
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。