The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
(①/4)初めて坐禅会に参加するかたのための参禅マニュアル(その1)
2012-07-04 Wed 20:01
【はじめに】
以前初めての坐禅会に参加した際の記事(青松寺)をUPさせて頂きました。
その中で、どのようなタイプの坐禅会があるのか?については、紹介させて
頂きましたが、実際の坐禅堂での作法などについては、触れておりません
でした。

今回は自分の備忘録も兼ねて坐禅会の作法についてまとめておきたいと
思います。
記載にあたっては、自分自身がわからなかった部分、不安に感じた部分な
どを踏まえて(少しくどいほど)書いてみたいと思います。

坐禅会初参加の際に参考にして頂ければと思います。
(正式には、曹洞宗HPの坐禅作法をあわせて参照いただければと思いま
す。
絵もありますのでわかりやすいです。)

なお、以下の説明は、基本的に曹洞宗での坐禅作法になります。臨済宗
では壁に向かって坐らないなどそもそもの作法が大きく違いますので、そ
の点ご注意願います。

また、お寺さん・坐禅会によって作法、ルールは異なりますので、以下は
今まで参加させて頂いた坐禅会の最大公約数的な内容になっております。
参加される坐禅会の作法、ルールに従うことが大原則だと思います。
※実際は坐禅会当日の作法、ルールに従って対応頂ければいいのです
が、”事前に雰囲気を知っておいたほうが安心”(当方はそのタイプでした)
もいらっしゃるかと思い、記載させて頂いております。

【坐禅会に参加する格好について】
・特に決まりはありませんが、足が組みやすい服で参加することをおすす
めします。
 例えば、ジーパンなどあまり延び縮みしない服は時間が経つにつれ足が
痺れてきますので、ゆったりした服がおすすめです。
 また、坐禅会参加要領にも記載してある場合が多いですが、装身具(ネッ
クレス、時計等)は坐禅中は外し、匂いの強い香水などはつけずに参加
です。
 (坐禅堂で坐るとわかりますが、坐禅していると驚くほど匂い・音には敏感
  になります)

・坐禅の際には靴下を脱いで素足で坐りますので、すぐ脱げるようなソック
 ス等を履いておいたほうがいいです。

・あまり派手な服装(タンクトップなども)は控えたほうがいいと思います。坐
 禅会によっては、色が派手な服装も他の参禅者の気になるということで注
 意されることがあります。

・「更衣室有り」と記載があるところは大丈夫ですが、坐禅会によっては廊下
 などで着替えを行うところもありますので、(更衣室の有無がはっきりしな
 い場合)極力着替えしないですむような格好で行ったほうが安心です。
(靴下を脱ぐ程度でOKな状態)

★いろいろ書いてみると厳しそうな感じですが、要は普通の格好であればOK
 です。

(その2)へ続きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<(②/4)初めて坐禅会に参加するかたのための参禅マニュアル(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 西荻名物グルメ朝市は、今度の日曜日(7/8)開催です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。