The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
飯田橋駅界隈~まだまだ昭和のビル(千代田街ビル)健在です~
2012-07-13 Fri 19:57
木曜日、飯田橋で所用があり、会社帰りに寄ってきました。
そのときの写真です。

下の写真は、飯田橋駅すぐ目の前、旧江戸城外堀に面して建つ「千代田街
ビル」です。
昭和の香り漂うたたずまいですが、入居するテナントも多く今なお賑わいを維
持しています。
飯田橋ビル
こちらは、歩道橋から見たビルの裏側です。
今回は、JR飯田橋駅東口から長い歩道橋を経由してアプローチしました。

典型的な昭和の雑居ビルで、この手のビルは人知れず取り壊されることが
多く意外に残っていません。

あまり気にとめられることもないビルですが、こうしたコンクリートの雑居
ビルは、ある意味昭和という時代を象徴する建物の一つだと思います。
飯田橋裏
千代田街ビルから線路沿いに歩いたところの風景です。
都内とは思えないワイルドさです。
飯田橋1
このあたり、お堀と線路に挟まれた狭いエリアで人通りも多くない地域です。
飯田橋駅
この階段と先ほどの千代田街ビルとの位置関係です。
右端に写っているビルが千代田街ビルっです。
飯田橋位置関係
更に線路沿いを進むと日本橋川の分岐点にでます。
日本橋川は、ここを起点として箱崎周辺で隅田川に合流する短い河川です。
川面の上ほとんどが首都高速が走り、川としての姿は目立ちません。
少し開けた光景は、ここ起点周辺と河口周辺くらいではないでしょうか?
飯田橋川
いずれにしても「千代田街ビル」の今後は、要注意です!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
<<井上義衍老師提唱語録(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | レトロな外観の旅館です~ 荻窪駅南口「旅館・西郊(旧西郊ロッヂング)」~>>
この記事のコメント:
いい雰囲気のビルですね。ここから日本橋川をちょっと下った俎橋脇の九段下ビルが今年になって完全に解体されてしまい、とっても残念です。
一番最後の画像は中央線の「小石川通架道橋」ですよね。1904年ドイツのハーコート製。110年近くも東京の大動脈として現役であり続けているなんて、凄いですよね。
2012-07-14 Sat 00:44 | URL | K-I #mQop/nM.[ 内容変更]
Re: タイトルなし
K-I様
九段ビル解体されてしまいましたか! ネットかぶせてあったのはみたんですが---
架道橋に関する情報ありがとうございます!
レンガの感じから古そうだな~とは思いましたが、1904年ドイツ製ですか。また、じっくりと見てきたいと思います。
コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

> いい雰囲気のビルですね。ここから日本橋川をちょっと下った俎橋脇の九段下ビルが今年になって完全に解体されてしまい、とっても残念です。
> 一番最後の画像は中央線の「小石川通架道橋」ですよね。1904年ドイツのハーコート製。110年近くも東京の大動脈として現役であり続けているなんて、凄いですよね。
2012-07-14 Sat 00:51 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。