The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
【その1】鶴見曹洞宗大本山総持寺「こども禅学林」へ参加してきました!(1泊2日)
2012-07-29 Sun 19:20
この土日は、横浜市鶴見にある曹洞宗大本山総持寺で行われた「こども
禅学林」へ小学校5年生の二男と参加してきました。

「こども禅学林」とは、小学4年~6年生とその保護者による一泊2日の参
禅会で、今年で3回目になります。(我が家は昨年も参加致しましたので、
今回は2回目となります。

次回以降、参加にご興味をもたれる方のお役に立てればと思い、今回の
様子をご紹介させて頂きます。

まず、総持寺ですが、福井にある永平寺とともに曹洞宗の二大本山の一
つです。
もともとこの総持寺は、能登の地にありましたが、明治31年大火災の後
に横浜に移転となり、昨年で移転100周年を迎えました。
意外に横浜鶴見に曹洞宗の総本山があることを知らない方多いのではな
いでしょうか。

総持寺は、京浜東北線横浜方面に向かって右手に広がる丘の上にありま
す。
鶴見駅西口を降り、線路沿いに横浜方向へ進むと右手に総持寺参道が見
えてきます。

その参道を入り坂の途中にあるのが最初の門 写真の三松関です。
(厳しい修行のため、毎年上山してくる修行僧は、まずこの門に続いた建物
に入ります。)
総持寺三松関
更に坂を上ると正面に見えてくるのが、巨大な三門です。
(写真の右手の建物。左手の建物が今回の坐禅会の講義や宿泊場所と
なった「三松閣」です。
総持寺山門三松閣
「こども禅学林」の受付は、28日(土)13時、場所はさらに奥の建物 総受
付「香積台」です。
12時30分過ぎに到着しましたが、既に何組かの参加者の方が到着され
ていました。
売店横の待ち合わせスペースで待っていると ”こども禅学林へ参加の方は
こちらへ”と声がかかりました。

受付で、受付ハガキを提出の上、参加費(親子1組で1万円)を支払い、受
付完了です。

ここから、保護者と児童は分かれます。保護者は3Fの男女別の部屋に、
児童は4Fの大講堂に移動します。
(児童は4F大講堂が宿泊場所になります。)
総持寺香積台
下の写真(プログラム終了後の様子ですが)が大講堂です。
写真の通り、畳敷きの広大な部屋で、正面には釈迦牟尼仏が祀られてい
ます。
※石原裕次郎23回忌の際、東京競技場に移動された仏様は確かこちら
 の仏様です。
総持寺大講堂終了後
少々長くなりましたので、一度ここで切り<その2>へ続きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<【その2】鶴見曹洞宗大本山総持寺「こども禅学林」(坐禅~薬石まで) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 赤羽岩淵の正光寺は猫のパラダイスでした(&荒川放水路・赤羽越後屋)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。