The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
【その2】鶴見曹洞宗大本山総持寺「こども禅学林」(坐禅~薬石まで)
2012-07-29 Sun 19:23
~【その1】から続きます~

いよいよ「こども禅学林」のプログラム開始です。

この「こども禅学林」ですが、大童法慧老師のもと、我々参加26組(?)の
ために、16名の修行僧の方々が配され、24時間お世話頂ける体制をとっ
て頂いています。

まずは、お世話頂く修行僧の皆様の自己紹介からプログラム開始です。

みなさん、きびきびした立居振舞でさすが本山の修行僧といった雰囲気で
す。
各学年毎・男女別に担当先生!が指名されており、保護者としても心強い
限りです。

大講堂で寺院内での基本動作、坐禅指導があり、いよいよ1回目の坐禅の
ため、長い長い百間廊下を渡って一般参禅者用の坐禅堂(衆寮)へ向かい
ます。
歩くときは、大講堂で指導があった通り、叉手で2列で静かに移動です。
(下の写真は、一般参禅者の坐禅堂 衆寮の外観です。)
総持寺衆寮外観
衆寮内部です。
坐禅堂内におかれた丸い蒲布に一人づつ坐ります。

初日の坐禅は、児童・保護者もちろん区別なく、30分坐禅~10分間の歩
く坐禅(経行)~引き続き30分の坐禅 となかなかハードです。

しかも、この土日は関東地方は30度をはるかに超える猛暑日!!
坐禅中は、汗が全身から吹き出します。

参加者全員、約60分の坐禅を坐り切りました!!
総持寺衆寮内
坐禅が終るといよいよお楽しみの夕食(薬石)です。

といってもすぐに食事というわけではありません。
食事前には、先ほどの大講堂に全員集合し、食の大切さに関するビデオ
を見てからです。

ビデオ後には、大童老師から「食事の心得・作法」について説明を頂きま
した。
 ”箸先を人に向けない" "両手で丁寧に器を扱う" "器をきれいにする
  ための香の物を一つ残しておく" 等々

以上が終わり、地下一階に全員で移動し、食事です。

食事「五観の偈」をわかりやすくした言葉を全員で唱和後に食事開始です。

食事中は、本来無言とのことですが、今回は会食ということで、各テーブル
に修行僧の方々が入り、修行中の食事作法などいろいろお話を伺いながら
頂きました。
総持寺夕食2
【その3】に続きます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<【その3・最終回】鶴見曹洞宗大本山総持寺「こども禅学林」(いのちの授業~作務・終了まで) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 【その1】鶴見曹洞宗大本山総持寺「こども禅学林」へ参加してきました!(1泊2日)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。