The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
井上義衍老師語録(坐禅について)
2012-08-06 Mon 06:00
先週土曜日8月4日は、成願寺で毎月行われている井上貫道老師坐
禅会へ参加してきました。

今月は、成願寺さん行事の都合で、本堂地下の坐禅堂での開催になり
ました。

14時からの老師提唱は、先月に引き続き正法眼蔵第四十六「無情説
法」、次回は、9月8日(土)開催の予定です。
※8月23日~26日には、井上貫道老師の自坊 静岡県掛川市にある
「少林寺」で緑陰接心が行われます。

8月4日は、第一土曜日ですので、引き続き行われる夜坐にも参加し
てきました。
昼間に40分×4炷、夜坐で60分×2炷坐りましたので、ちょっとした
接心に参加したような感じです。

井上貫道老師坐禅会受付で頂いたプリントから坐禅に関する「井上義
衍老師語録」の紹介です。
----------------------------------------------------------------
坐禅をするときは
”自己を中心として坐禅をしてはならんのです。それを本当にやめ
 て、六根を開放して、六根の作用がどうあろうとも一切かまわず
 に、いちいちの、その時その時の作用のままに、煩悩らしい作用
 が起きようと立派そうなことが起きようと放っておくことです。
 その生じたり滅したりするそれ自体が、あなたの手付かずの真相
 なんです。
  それですから安心して、ただ、そういうような働きの真相のその
 ままに注意していてごらんなさい。
 そうすると本当に何もないところから生じながら、直にそれを離れ
 てその事実が自分に完全に備わっていることが手に入るんです。”

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 日々の坐禅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<第59回阿佐ヶ谷七夕祭り(パールセンター)夜の光景~明日7日が最終日です~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 阿佐ヶ谷駅90周年記念の電車パン&駅前散歩>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。