The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
新選組副長土方歳三生家(土方歳三資料館)訪問記
2012-08-10 Fri 20:05
昨日の昭島から多摩川を渡った隣町日野市のご紹介です。

子母沢寛「新選組始末記」を熱心に読んでいた時代があり、今でも新選組
ファンです。
写真は、東京日野市にある新選組副長土方歳三の生家です。
土方歳三生家
場所は、立川南駅から多摩モノレールに乗り、3つ目万願寺駅下車徒歩3
分くらいのところにあります。
ここには、今も土方歳三のお兄さんの子孫の方が住んでいらっしゃいます。
(このあたりの表札を見ると土方姓が多いです。)

周辺には、立派なお屋敷も多く、写真の門は土方家隣のお宅です。
土方歳三隣
生家では、子孫の方が歳三ファンのために、ご自宅の一部を改装し、歳三
縁(ゆかり)の品を展示する資料館を開設されています。

こちらの資料館ですが、ご自宅の一部を改装して資料館風にしていることも
あり、日曜日のみ月2回程度の開館です。

石田散薬という薬を製造販売していたという土方家は、このあたりでも有数
の名家のようです。

下の写真は、土方歳三手植えと伝わる矢竹です。
土方歳三矢竹
生家から多摩川に向かったところには、土方歳三の墓所がある石田寺もあり
ます。
※隣に都立日野高校がありますが、亡くなったRCサクセションの忌野清志
郎さんと俳優三浦友和さんは、ここの高校の同級生です。

閑話休題

こちらへは、以前から行こう行こうと思いながらなかなか開館日の関係もあり、
行けませんでしたが、ようやく行った時の写真が上の写真です。
土方歳三浅川
土方歳三生家近くを流れる浅川です。
この先で多摩川に合流です。
名前の通り浅い川ですが、水もきれいで水遊びをする家族連れも多い川で
す。
若かりし頃、土方歳三もこの川の流れをながめていたに違いありません。

新選組縁の地には、多摩だけでなく京都の壬生屯所なども行っておりますので
そのうちご紹介できればと思います。

そういえば、毎月井上貫道老師坐禅会でお世話になっている中野坂上の成願寺
も新選組ゆかりのお寺です。

こちらには、新選組局長の妻子が身をひそめていたとの話が残されています。
詳細、成願寺HPに新選組研究家で作家の赤間倭子さんがエッセイを書かれて
いますので、興味ある方はご一読頂ければと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<藤沢遊行寺夏景色<時宗総本山 一遍上人ゆかりのお寺です> | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 東京昭島市の水紹介(ここの水道水は、東京都の市区町村で唯一100%地下水です)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。