The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
世田谷線紀行その2(目青不動~世田谷駅~下高井戸駅)
2012-08-15 Wed 18:00
(その1)から続きます。

世田谷線の三軒茶屋から一つ目の駅(といっても歩いてすぐですが)西
太子堂駅近くには、目青不動を祀る教学院があります。
こちらのお寺は、関東三十六不動霊場巡りでまわりましたが、第十六番
札所になっています。

先日目白不動尊を紹介させて頂きましたが、江戸五色不動は以下の通り
です。

 目白-----金城院(豊島区高田2)
 目黒-----滝泉寺(目黒区下目黒3)
 目青-----こちらの教学院
 目赤-----南谷寺(文京区本駒込1)
 目黄-----永久寺(台東区三ノ輪) or 最勝寺(江戸川区平井1)です。

目黒・目白は、山手線の駅名にもなっていますので知られていますが、意
外に青・赤・黄の信号3色!は知らない方多いのではないでしょうか?
(当方、目黄だけまだお参りしていません。)
0目青
先ほどの飲み屋街とは反対側になりますが、三軒茶屋には、先日の阿佐
ヶ谷同様釣り堀
がありました。
(こちらの釣り堀は残念ながら2009年10月に45年間の歴史を閉じてしま
いました。
(写真は閉店少し前の風景です)
三軒茶屋釣堀_convert_20120507142205
ヨーロッパの路面電車のようにおしゃれになった世田谷線車両に乗り下高
井戸方面に移動です。
三軒茶屋駅_convert_20120507141929

三軒茶屋駅から四つ目の世田谷駅は、世田谷代官屋敷の最寄駅です。
このあたり、世田谷代官屋敷前の通りで、毎年12月・1月の4日間行われ
る「世田谷ボロ市」でも有名です。

下の写真は、駅踏切脇にあった「飯田屋」さんです。
趣のある懐かしいたたずまいの商店でしたが、先日乗った時には、建物は
もうありませんでした。
世田谷駅商店11_convert_20120507142313
終点「下高井戸駅」前にある下高井戸駅前市場です。
昔はこうしたマーケットがどこの駅にもありましたが、西友・ダイエー・イトー
ヨーカドーなどの大型スーパー進出の時期にその多くが姿を消しました。
下高井戸駅前市場は昔のマーケットのイメージを今に残す貴重な存在だと
思います。
下高井戸市場_convert_20120507142532
マーケット別の入り口にある金魚池です。
このタイプも昔はよく見かけましたが最近見かけなくなりました(駒込の霜降
商店街で見た記憶があります。)
下高井戸金魚_convert_20120507142436
市場内ではありませんが、駅前商店街の八百屋さんです。
2階のモルタル壁が昭和を感じさせる建物です。
下高井戸八百屋_convert_20120507142620
最後になりますが、下高井戸駅から甲州街道に向かって歩くと左手にある
お米屋さんです。
下高井戸米屋_convert_20120507142709
東京で比較手昔の姿を残している商店というと、「米屋」「酒屋」「煙草屋」
「薬屋」「豆腐屋」とったところではなでしょうか(経験的な印象です。)

世田谷線沿線には、まだこうした商店が元気です。

今回ご紹介できませんでしたが、沿線には、吉田松陰ゆかりの「松陰神社」
や井伊家菩提寺の「豪徳寺」など幕末ゆかりの旧跡もあります。
都心のローカル線に乗車し、新旧街並み&旧跡巡り散歩はいかがでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<井上義衍老師語録(仏道の基本) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 世田谷線紀行(その1~三軒茶屋~)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。