The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
西荻窪界隈散歩(南口編)~懐かしいたたずまいの店舗が数多く残っています~
2012-08-25 Sat 19:02
先月開業の90周年を迎えた西荻窪駅は、当方にとって地元駅になります。
この西荻窪駅界隈にも懐かしい建物がまだ残っています。

骨董好きのかたには西荻窪は「骨董・アンティークの街」として有名ですが、
深夜まで開いている古本屋さんも多く、最近では「夜の神保町」との異名も
あります。

以前ご紹介させて頂いた「こけし屋日曜朝市」「焼き鳥戎」とともに、懐か
しい風景を訪ねるぶらり散歩はいかがでしょうか!

今回は、新宿から立川方面に向かって左側、南口を紹介させて頂きます。

南口駅前にあるのが、西荻仲通街です。
短いながらも屋根の付いたアーケード街で、地元ではピンク象のぶらさがっ
た商店街として誰もが知っている場所です。

最近は、西荻町おこしのシンボルとして関連グッズの販売されました。
(このピンク象は、もともと荻窪八幡神社の子供用山車として作られたもの
です。)
0西荻象
ピンク象のアーケード内にある「西荻餃子」です。
こちらも西荻住民なら誰でも知っている有名店で、餃子を買うと丁寧に餃子
のおいしい焼き方の説明して頂けます(その上、焼き方に関するプリントま
で頂けます!。)
西荻お越しの際は、お土産としておすすめです。
0西荻餃子
仲通り商店街を抜けた右手にある質屋さんです。
店頭では、何故か履物も販売しています。
0西荻質屋
朝市のこけし屋近くにある「西荻デパート」です。
デパートと称していますが、ご覧の通り昔懐かしいタイプのマーケットです。
戦前から存在する歴史あるマーケットですが、最近閉まっていること多いよ
うな気がします。
(当方北口在住者であり、毎日確認しているわけではありませんが)
0西荻デパート
南口商店街にある貼紙の多いお茶屋さんです。
(貼紙の多い店といえば、あとは薬屋さんでしょうか?)
0西荻きらく園
屋根の形が見ごたえある理髪店です。
0西荻あさひ
続いて、バス通りから1本荻窪寄りの五日市街道に近いところにある理髪
店です。
昔ながらの木造家屋の1階で店舗を営業中です。
0西荻パーマ屋
こちらのお店の住居表示には、旧町名表示が残っていました。
このあたり、旧町名は、「大宮前」だったようです。
(今でも五日市街道を超えたあたりは、「宮前」という住所です。)
0西荻旧住所表示
最後は、食堂紹介です。
昔ながらの懐かしい定食屋さんです。
まずは、「食堂三和」(西荻南2-21-6)です。
駅から少し距離もあり、路地にひっそりある定食屋さんです。
定食関係もチェーン店が増えていますが、たまにはこのタイプの定食屋さん
でお昼もいいものです。
0西荻三和
続いて、「食事処多摩家」(西荻南2-9-10)です。
コカコーラの赤の看板が効いています。
こちらも昔ながらの定食屋さんイメージで、好きな人にはたまらないタイプの
お店だと思います。
0西荻多摩家
多摩家をのぞむ路地風景です。
写真突き当り奥に見える水道屋はもう姿を消しています。
0西荻多摩家2
最後に、もうずいぶん前に閉店してしまいましたが、西荻窪で有名だった
定食屋「昇亭」です。
盛り合わせ定食を頼むと何が盛られてくるかわからないというある意味伝
説の定食屋さんでしたが
惜しまれながら2006年末に閉店してしまいました。
熱心なファンのいたお店で、閉店の際には閉店を惜しむお客さんがたくさん
集まりました。
(当方、昇亭は未経験で終ってしまいました。残念です。)
0西荻昇亭
南口には、まだまだ懐かしい建物たくさんありますが、きりがないので、
このあたりで留め、次回は、北口紹介に移りたいと思います。
(西荻窪北口編に続きます)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<西荻窪界隈散歩(北口編)~骨董店が多いのは北口になります~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 東京消えた風景~青梅街道 田無宿の面影を残す沿道風景~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。