The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
井上貫道老師参禅会参加報告&井上義衍老師語録(「なにもしない」「ある」)
2012-09-14 Fri 06:00
【坐禅会参加報告&ご案内】

先週土曜日(9/8)は、月1回の中野坂上成願寺で開催されている井上貫道老師
月例坐禅会に行ってきました。

朝からの坐禅会参加者は少なかったですが、午後からの参加者は多く、結局いつも
と同じくらいの参加人数になりました。

昼食後のスケジュールは、13時から坐禅一炷(後半は普勧坐禅儀読誦)、14時か
ら井上貫道老師による正法眼蔵提唱(現在「無情説法」です)、15時からはご老師
を囲んでのお茶を飲みながらの茶話会になります。

茶話会もたっぷり1時間の時間を確保頂いていますので、坐禅中の疑問点など自由
に質問することができます。

1炷坐ってそのまま解散という坐禅会が多いかと思いますが、午前・午後で4炷坐り
その後の1時間の提唱&1時間の茶話会まで組まれた坐禅会はなかなかないと思い
ます。

禅会の作法に則った全員での昼食(各自持参)も坐禅修行ですので、もちろん朝から
通して参加できれば一番いいのですが、坐禅初めての方は、まずは午後からの部分
参加というのも一つの方法かもしれません。
(会費は、フル参加でも部分参加でも1日1,500円です。)

次回は、10月6日(土)の開催です。
坐禅ベテランの方にも、坐禅初めての方にもどちらにもぜひおすすめの坐禅会です。


また。第一・第三土曜日には、井上貫道老師座禅会の世話役の豊島徹禅さん主催で
夜の坐禅会が開かれています。
次回は、9月15日(土)17:30から中野坂上成願寺の南書院で開催です。
こちらも経行(歩く坐禅)を挟んでたっぷり3炷坐りますので、土曜日の坐禅機会を求
めている方にはおすすめです。

月例坐禅会に比べると参加者は少ないですが、こちらも3炷目には普勧坐禅儀を全
員で唱えて終了する本格的な坐禅会です。

参加ご希望の方は、どちらの坐禅会も主催の豊島徹禅(とよしまてつぜん)さんまで
ご連絡頂ければと思います(連絡先:090-7288-4191)


【井上義衍老師語録】
上記の井上貫道老師坐禅会で頂いた「井上義衍老師語録」(プリント)からのご紹介
です。

1.なにもしない
老師 「なにもしない」ということは、わたしどもの機能としての働きに手をつけないと
    いうことです。

2.ある
問い  老師のお話を聞いておりますと、よく「時計の音がある」という表現がござい
   ます。
   普通わたしたちの常識では、「時計の音が聞こえる」とか、「時計の音を聞く」
   といいます。
   この「---がある」という表現は、特別な意味があるのでしょうか。

老師 (ちょうど時計が時を告げている)このように、時計の音がしますと、否応なし
   にそのとおりのことがあるあるんです。
   耳にものが聞こえる。ね、聞くんじゃないんです。本当はね、あるんです。
   ただ、ある
   「聞く」という言葉がありますが、それには聞く主人公がいる、我見がある様子
   です。
   「わたし」が聞く。それから、「聞こえる」というと、一歩進んで我見がややなくな
   った状態です。
   それでも、「聞こえる」というと、「わたし」が受ける様子がある。
   時計の音がしていますが、時計にもこの身心にも主体のない在り方ですから、
   「聞く」とも「聞こえる」ともいわずに、「ある」というんです。
   環境とこの身心とは、いつでも知らんうちに活動しているんです。
   知ってから活動しているんではないです。
   知らんうちに活動しておるということは、法界(ほっかい)と真如(しんにょ)そのも
   のだということです。 
  (「環境」とは、そのときどきに出会う、事項。思いも加えたらいいでしょうか。)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 井上貫道老師・井上義衍老師 | コメント:0 | トラックバック:0
<<荻窪ラーメンの源流店の一つ「漢珍亭の(煮玉子入り)ラーメン」を久しぶりに食べてきました。 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | いよいよ烏山寺町最終回 高源院の鴨池です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。