The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
南牧村にある天空のお寺~黄檗宗の古刹黒瀧山不動寺です~
2012-09-04 Tue 19:48
南牧村黒瀧山中腹に黄檗宗の名刹黒瀧山不動寺があります。

奈良時代に行基が不動明王像を安置したのが、そもそもの由来といわれ
古くから山岳信仰の霊場として栄えてきました。

その後、徳川綱吉が帰依した潮音道海禅師が黄檗宗黒瀧派の本山とし
て中興、隆盛を極め、江戸時代には末寺子院を200余りその傘下に従え
るそうそうたる大寺院だったようです。

不動寺へのアクセスですが、下仁田から南牧村役場までいかない手前、
小沢から山に入っていきます。
案内に従って車を走らせると不動寺の駐車場につきます。
P9153078.jpg
駐車場に車を置き、遥か高見にそびえたつ不動寺に向かい、息絶え絶え
に歩きます。
胸に道路がつくような勾配です。

ようやく不動寺に到着。
庫裏では、不動寺のワンちゃんが鳴き声で迎えてくれます。
このワンちゃん、帰りには一切鳴きませんでしたので、来訪者を知らせる
ために鳴いているのだと思います。
本当に賢いワンちゃんです。

参拝者に気が付かれたご住職様が作務の手を止めて、”どうぞおつき下
さい”と山に向かって開けた場所にある鐘楼をご案内して下さいました。

自然体の応対の中に長年修行を積まれた禅僧の威厳を感じられる和尚様
です。

断崖に建つ不動寺鐘楼です。
遠慮なく鐘をつくと周囲の山々に鐘の音が響き渡ります。
P9153080.jpg
不動寺宿坊です。
こちらでは、予約をすれば、黄檗普茶料理を味わったり、宿泊や坐禅修行も
可能です。
境内には、ここを通り抜けて入っていきます。
P9153081.jpg
黒瀧山の大スギです。
P9153082.jpg
大スギ脇を通り、境内を進むと山門があります。
P9153087.jpg
多くの信仰を集める不動寺境内には、写真のような幟がはためいています。
P9153083.jpg
山門を過ぎたところにある不動堂です。
宿泊参禅の際には、こちらで坐るようです。
P9153085.jpg
不動堂の裏には、滝に打たれたお不動様がいらっしゃいます。
P9153086.jpg
険しい山中にこんな古刹があるとは!!
訪れた参拝の皆さん誰もが驚くと思います。

いつかこのご住職、この環境のもとで一度宿泊坐禅してみたいと思いまし
た。
ある程度人数まとまらないと普茶料理準備の関係もあり、難しいかもしれま
せんが、そのうち必ず実現したいと思います。

南牧村訪問の際には、ここ不動寺は、欠かすことのできないスポットです。
ここだけでも訪問する価値十分あります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:0 | トラックバック:0
<<下仁田町本宿の街並み(こちらもいい街並みが残っています!) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 群馬南牧村 砥沢の懐かしいの街道風景です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。