The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
見事な看板建築の残る町~茨城石岡市~
2012-09-27 Thu 20:00
茨城県石岡市に見事な看板建築の街並みがあります。
石岡は、常磐線普通列車で上野から1時間20分程の場所にあります。

古くは常陸国の国府が置かれ、江戸時代は水戸徳川家の支藩の城下町
として賑わいました。

下の写真が見事な看板建築がつらなる街並みです。

看板建築とは、『建物探偵』などで有名な藤森照信教授が大学院生時代
に命名
した店舗兼住宅の商家建築で、全面を平坦にして銅板やモルタルで装飾
をつけた建築様式で、都内にはまだこのような様式の建物が残っています。
R0011951.jpg
石岡は、昭和4年の大火により市内の1/4が焼失しましたが、写真の看
板建築は、その大火の後に建てられたもののようです。

左が「十七屋履物店」、右が「久松商店」でいずれも有形登録文化財に指
定されています。
R0011955.jpg
看板建築隣の蔵造り風の建物も重厚なたたずまいです。
R0011957.jpg
裏道にある喫茶店です。
よく見ると細かい意匠が見事です。
R0011991.jpg
石岡小学校に移された旧府中藩の陣屋門です。
昭和44年までは、小学校校門として利用されていたことです。
こんな門を毎日くぐっての通学、なんだかうらやましいですね。
R0012019.jpg
茨城には、ここ石岡だけでなく、土浦、(先日竜巻の被害が大きかった)北
条、真壁、結城、下館など落ち着いた街並みが広がる町が多い県です。
観光地ではありませんが、古い町並みをぶらぶらすることを趣味とする当方
にとっては、宝の山です。

そのうち、石岡以外の町も紹介できればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<台東区根岸の看板建築風景です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 駒澤大学日曜講座(坐禅会)9月30日から再開です&~大智禅師発願文ご紹介~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。