The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
大多喜の「大屋旅館」こんな宿に泊まりたいものです!!
2012-10-01 Mon 19:26
房総半島の城下町 大多喜町の風景です。
外房線大原からいすみ鉄道で30分、休日にはキハ52の急行列車も走っ
ています。

大多喜駅から徒歩10分弱江戸時代から続く「大屋旅館」です。
国有形登録文化財の建物で、こんな宿にお世話になるのが旅の醍醐味で
すが当方はまだ宿泊経験ありません。
P9235962_edited-1.jpg
銘酒「大喜多城」の醸造元 豊乃鶴酒造です。
P9235950.jpg
伊勢幸酒店です。
こちらも有形登録文化財です。
今は小物お土産物を販売しています。
P9235941_edited-1.jpg
大多喜の極め付け、古市商店です。
P9235927.jpg
看板表示の通り、青果・菓子・食料品となんでもござれの昔ながらのよろず
やさんです。
今は「よろずや」という言葉も死語になりつつあります。
しかしながら、よく考えてみれば、よろずや=コンビニですね、
その歴史は脈々と受け継がれています。
P9235929.jpg
大多喜は、日帰りだったので、次回は大屋旅館に泊まってのんびり城下町
巡りしたいと思います。
(少々前に訪問ですので写真の現況は変わっているかもしれません)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<武蔵野三大湧水池の一つ『善福寺池』散歩です。 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 荻窪界隈最後の秋祭り『井草八幡の例大祭』~2012年は5年ぶりの流鏑馬神事開催です~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。