The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
烏山寺町 もう一つの寺町通りを歩きます(妙善寺~妙壽寺)
2012-09-12 Wed 19:44
(その3)から続きます。

今回は、メインの寺町通りの1本奥(松葉通りから見て)に並ぶお寺の
紹介から始めたいと思います。

まずは、浄土真宗本願寺派「妙善寺」です。
世田谷区教育委員会作成の案内版に記されているように元々はこちらも
築地にあったお寺が昭和2年に移転してきたものです。

左右対称の花頭窓が印象的な建物です。
こちらには、為永春水のお墓があります。
江戸時代の人情本作家で、その作風はのちの永井荷風にも影響を与えた
とのことです。

永井荷風の「墨東綺譚」や「断乗亭日乗」などを読めるのも遠く遡れば
為永春水のおかげかな~と思うと何となく感慨深いものがあります。
P9094764.jpg

P9094765.jpg
続いてそのお隣、浄土真宗本願寺派「万福寺」です。
こちらも関東大震災後に築地から昭和3年に移転してきました。
P9094767.jpg
万福寺周辺の道です。
緑豊かで、凛とした寺町通りとは、また違った味わいのある道です。
P9094769.jpg
少し進んで小道を右折します。
女子スポーツの名門「日本女子体育大学」のテニスコートです。
厳しい練習が毎日行われています。
P9094770.jpg
烏山寺町最大の敷地面積を誇る法華宗(本門流)「妙壽寺」です。
こちらは、江東区猿江から大正13年に移転してきました。
P9094689.jpg
山門をくぐると緑多い境内に写真のような東屋がありました。
お墓詣りの方の休憩場所でしょうか。
P9094690.jpg
明治期の鍋島侯爵家から移築された客殿です。
P9094691.jpg
こちらは、関東大震災で焼けた鐘です。
「名工藤原正次」鋳造の名品とのことです(鐘についてはあまり詳しくない
ので藤原正次という人がどれくらいすごいか知らないのですが---)
大鐘楼
こちらにも、宮沢賢治の詩碑がありました。
「雨ニモマケズ」詩碑です。
P9094698.jpg
いよいよ次回は、世田谷百景「高源院の鴨池」紹介で、烏山寺町紹介も最終回です。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 東京の寺町 | コメント:0 | トラックバック:0
<<いよいよ烏山寺町最終回 高源院の鴨池です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 烏山寺町の中心部散歩です(その3)~広大な敷地を誇る幸龍寺からスタートです~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。