The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
豊島園から江戸時代末期の商家建物「相原正太郎家住宅」まで歩きます
2012-09-22 Sat 15:45
前回、前々回と豊島園界隈の寺社仏閣巡りをしてきましたが、今回はその
他豊島園周辺の見どころ散歩です。

当方小学校低学年時代は、赤羽に住んでいましたが、赤羽から豊島園は
極めて至近なレジャースポットであり、遠足の定番でした。
小学一年のとき、学年全員で豊島園へ遠足に行ったときに写真が残って
います。

東京ディズニーランドもまだない時代ですので、都内における豊島園の存
在は大きく、西武園・(風車のある)ユネスコ村、船橋ヘルスセンター(現:
ららぽーと)、谷津遊園の潮干狩りなどとともに子供にとっては憧れの場所
だったことを思い出します。

また、(こちらは今でもその名残はありますが)梅雨明けにTVで放送される
夏のプール開きの光景といえば、必ず豊島園プールでした。

豊島園は、そのように都民にとってはレジャーの中心として確固たる地位を
しめていましたが、少子化や遊園地以外にも様々なレジャー施設が出来た
こともあり、今は当時の賑わいはもはやなく、遊園地周辺もひっそりとした
感じです。

豊島園正門に向かう商店街です。
かっては遊園地に向かう子供たちの歓声で賑わったこの商店街も、落ち着
いた味のある商店街になっています。
P9154833.jpg
こちらの喫茶店など、のんびりトーストセットでも食べてみたくなる店構えです。
P9154834_20120916181939.jpg
西武豊島線豊島園駅です。
P1090049.jpg
こちらは、ここで終点ですので東武大師線の大師前駅(西新井大師)、西
武球場駅のようにここで線路は行き止まりです。

かっては、休日には多くの来園者で大賑わいだった駅も今は休日といえど
もひっそりとしています。
行き止まりの終着駅は何となくローカル線の風情がありますね。
P1090050.jpg
豊島園から春日町本通りを春日町方面に向かいます。
中之橋から見た石神井川です。

豊島園は、中世豊島氏ゆかりの練馬城あとに建設されています。
この石神井川沿いには、少し上流に石神井城、そしてここ練馬城、下流に
は北区中里の平塚城など中世江戸の主として勢力を誇った豊島氏ゆかり
の城址が点在しています。

護岸整備された石神井川ですが、かっては渓谷の様相を呈していたので
はないでしょうか。
左岸奥の眺めなど何となく中世練馬城の光景を彷彿させるような森風景
です。
P9154842.jpg
春日町本通り沿いには、寺社仏閣が点在しています。
昔からの旧道だと思います
P9154846.jpg
春日町本通りを進みます。
昔懐かしい銭湯建築の「鹿島湯」(春日町3-15-3)です。
こちらには小さいながら露天風呂があります。

最近は、銭湯もビル化が進み、こうした破風造りの銭湯は少なくなっていま
す。
脱衣場の天井には大きな扇風機が回り、折上の天井も見事です。
15:30営業開始ですので夕方の散歩時には一風呂いかがでしょうか!
P1090027.jpg
春日本通りを豊島園から10分強歩くと今日の目的地「相原正太郎家住宅」
が見えてきます。

下の写真で右カーブの右端に少し屋根だけ見えている建物がそれです。
P1090029.jpg
こちらは、江戸時代末期の建物で、農村地帯の商家住宅として貴重である
ことから練馬区の有形文化財に指定されています(練馬区HP

神棚内部の蟇股(かえるまた)裏面に「文久二戌年(1882年)六月吉日」
の墨書があることから、江戸時代末期までさかのぼる建物であることは間
違いないようです。

外観は、萱葺きの上に現在は写真のように鉄板がかぶされていますので、
ぱっと見はそれほど古い建物には見えません。
今の時期は、店先にテーブルが並べられ、かき氷が食べられるようになっ
ていました。
時間の関係で、今回はかき氷食べずにきましたが、ゆっくりかき氷を頂きな
がら貴重な建物を拝見するのもいいかもしれません。
(原則非公開の建物ですが、テーブルから中の様子はうかがえると思います。)
P1090030.jpg
相原家住宅から豊島園方面に戻ります。
帰りは、春日町本通りではなく、1本裏通りを歩くことにしました。

裏通りにあった民家です。
夏のむんむんとした草いきれを感じさせる風景です。
当方子供の頃には、そこかしこにこうした風景がありました。
昔にデジャビュするような気がしました。
P1090036.jpg
豊島園裏の通用門からの光景です。
海賊船(フライングパイレーツ?)の先頭部分に取り付けられていたオブジ
ェでしょうか?
しばしの休息か、引退されたのか?不明ですが、ひっそりと敷地内に置か
れていました。
いずれにしてもお疲れ様でした!!
P1090041.jpg
現在工事中の向山庭園です。
地形的には、写真のようにかなり下って上がる坂道になっており、一番谷
間のところに写真のような池があります(工事中なのでフェンス越しの撮影
です。)
P1090048.jpg
このあたりは、かっての練馬城の濠跡といわれていますので、掘削したの
か、あるいは元々の自然河川流路を利用したのかわかりませんが、地形
的にはいかにもこうした池(濠)がありそうな場所です。
工事中でフェンス越しにしかうかがえないだけにかえって神秘的な感じが
しました(向山庭園は、平成25年4月まで改修中です。)
P1090047_20120916181938.jpg
最後は、2003年開業の日帰り温泉施設、豊島園「庭の湯」です。
地下1445mから汲みあげた天然温泉(ナトリウム-塩化物強塩泉、泉温
33.8度)を利用した多くの風呂があります。

こちらの施設は、中学生以下は入場禁止になっており、落ち着いた大人の
温泉として人気があります。
後楽園の「ラクーア」とともに高級日帰り温泉施設のはしりで、入場料は
2,250円とかなり高めです。

実は当方まだここには入浴したことはありません。
今回も前を通っただけで、次回のお楽しみとして残しておくことにしました。
(当方の場合、どうしても趣向的に先ほどの「鹿島湯」のような昔ながらの
銭湯に引き寄せられてしまいます。)
P9154839.jpg
以上、十一ケ寺から白山神社、相原家住宅、豊島園裏と歩いてきましたが、
意外に(失礼!)見どころが多いエリアです。
アプローチは、やはり西武豊島線で行くのが王道でしょうか。
相原家は、豊島園から徒歩10分強程度歩きますが、あとはいずれも駅から5分
圏内です。

昔に戻って ”大人の豊島園遠足”はいかがでしょうか!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:1 | トラックバック:0
<<新宿西口高層ビル街の思い出(NSビルに久しぶりに行ってきました) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 練馬白山神社~樹齢900年の巨大欅のパワーを頂けます!>>
この記事のコメント:
ブログ拝見させていただきました。
地方在住の私も「豊島園」の名は知ってますが、
その周辺は意外にもしっとりした風情の街だったんですね。

「大都会・東京」の観光もいいのですが、
次回、お江戸に上った時には、こういう場所を訪れてみたく
なりました^^
2012-09-23 Sun 02:01 | URL | NOPLANIST #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。