The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
井上義衍老師語録~「諸法の仏法になる時節」~
2012-09-24 Mon 06:00
井上義衍老師語録からです。

諸法の仏法になる時節
 一般の人が諸法というておるのと、仏法でいう諸法とは違うんです。そこに目をつ
けていただかなければならんことがある。

 道元禅師が正法眼蔵 現成公案の巻に「諸法の仏法なる時節」を説いておられる。

 一般の人が「諸法」というのは、実体としてのものを認めるのです。それが中心とな
ってほとんどの人が諸法というておられるんですね。それでは救われんのです。

 そういうように見(けん)を起こして、ものを認めておるような状態ですと、この身心の
実相が分からんのです。自分自身の真相が。

 「仏法なる時節」ということは、諸法といわれておるものが、向うにものとして存在し
ておるように思われているものが、「そうじゃない、この身心の姿だよ」ということです。

 この身心のすべての動きが、仏法でいう「諸法」なのです。次から次へ本当に自在
に動く、それが仏法でいう「諸法」なのです。

 向かえばある。見ようと思うて見えたのではない。向かえばいきなりある。それが
私どもの真相です。

 六根の働き、すべて自分の実物なんです。道そのものの実物なんです。

 人の見解の上に持っている人間(自分)を捨てる、自己を忘ずる体験によって「仏法
なる時節」現成です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 井上貫道老師・井上義衍老師 | コメント:0 | トラックバック:0
<<大分県豊後高田市~国東半島付け根にある昭和の風景が残る町です~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 新宿西口高層ビル街の思い出(NSビルに久しぶりに行ってきました)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。