The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
駒澤大学日曜講座(坐禅会)9月30日から再開です&~大智禅師発願文ご紹介~
2012-09-26 Wed 19:31
今週月曜日夜は、久しぶりに永平寺東京別院(長谷寺)の月曜坐禅会に行って
きました。
こちらの坐禅会は、毎週月曜日19:00からの開始で、経行をはさんで2炷坐り
ます。

1炷目の途中から雨が降り出し、大きな雷が落ちる中での坐禅となりましたが、
1炷の間1回も警策が入らない集中した雰囲気の中での坐禅となりました。

参加要領は、以前ご紹介のものと変更はありません。
初回の方は、2炷目から坐禅堂外単で坐りますが、今回の初回参加者は10名
くらいだったでしょうか。

都心のど真ん中西麻布で毎週開催の貴重な坐禅会です。
興味ある方はいかがでしょうか!

さて、次は毎週日曜日朝に行われている駒澤大学日曜講座坐禅会です。
こちらは、大学の夏休み期間ということもあり、7月8日を最後に先週日曜日まで
休講中でした。

約3カ月ぶりに、今度の日曜日9月30日より再開になります。
9月30日は、坐禅指導:熊本英人先生、講義も熊本先生が「仏教行事と社会-
お盆とお彼岸」というテーマで担当されます。

参加要領については、以前の記事を参照頂ければと思いますが、今回は座禅中
に読誦する「大智禅師発願文」についてご紹介です。

発願文とは、請願や志を起こし、その成就を祈念して記す願文のことを言います
が、駒澤大学の坐禅会では、この「大智禅師発願文」を坐禅終了10分くらい前か
ら全員で読みます。

大智禅師は、大慈寺の寒厳義尹禅師について出家得度、その後、曹洞宗の太祖、
瑩山紹瑾禅師につき、後に瑩山禅師の高弟、明峰素哲禅師の法をついだ南北朝
時代の名僧です。

駒澤大学の坐禅会は、1炷40分強坐りますが、終了10分前になると

”「発願文」をご用意ください”

との声がかかります。
(発願文は、坐禅開始後、各自坐っている単に静かに配られますので、声がかか
って後ろを見ると紙が置いてあるかと思います。)

その紙には、「大智禅師発願文」と「普回向」が書かれています。

堂長和尚様の”だいち~ぜんじ~、ほつがんもぉ~ぉん~”との発声の後、全
員で坐禅したまま、以下の文章を読誦します。
(以下、その内容です。ふりがなふってありますのでご安心下さい。)

<大智禅師発願文>
願わくはわれこの父母所生の身をもって、三宝の願海に回向し、
一動一静法式に違せず、今身より仏身に至るまで、その中間において、
生生世世、出生入死、仏法を離れじ、在在処処に広く衆生を度して疲厭を
生ぜじ、
あるいは剣樹刀山の上mあるいは鑊湯爐炭の中、ただこの正法眼蔵をもっ
て、重担となして、随処に主宰とならん、
伏して願わくは、三宝証明し、仏祖護念したまわんことを


以上を全員で唱えた後に、堂長和尚様より短い法話があります。
(法話は無い場合もあります。)

最後は普回向です。
法話後、堂長和尚様により

願わくは此の功徳を以って
普く一切に及ぼし、
我らと衆生と皆共に、
仏道を成ぜんことを


と発せられますので、その後に全員で

十方三世一切仏(じーほーさんしーいーしーふ)
諸尊菩薩摩訶薩(しーそんぶーさーもーこーさー)
摩訶般若波羅蜜(もーこーほーじゃほーろーみー)


を合掌して唱えます。

その後は、坐禅終了の鐘が鳴り、坐禅終了となります。
(退場時には、紙はそのまま単に置いておきます。去年まで坐禅堂入り口で返
却する方法でした。)

長い夏の暑さもようやく終わり、気持ちよく朝の1炷坐れる季節になってきました。
おそらく9/30は久しぶりの坐禅会ということもあり、多くの初参加者がみえられ
ると思います。

こちらは大学構内の坐禅堂ですが、かって澤木興道老師により坐禅指導が行わ
れた由緒ある坐禅堂です。

坐禅始めてみたい方、今週日曜日の坐禅会参加はいかがでしょうか。
久しぶりのスタートでちょうどよいタイミングかと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<見事な看板建築の残る町~茨城石岡市~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 別府鉄輪温泉~昔ながらの湯治場的な雰囲気を残す古湯です~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。