The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
駒澤大学日曜講座坐禅会参加報告&禅語<脚下照顧(きゃっかしょうこ)>
2012-10-03 Wed 19:58
P9305048.jpg
9月30日(日)、台風接近の中、久しぶりに再開した駒澤大学日曜講座坐
禅会に参加してきました。

駒澤大学正門です。
坐禅会は、正門を入って(守衛さんいらっしゃいますが、特に手続きは必要
ありません。)少し歩くと、向かって右側に学食方面に下る道がありますの
で、そこを下ります。
受付場所は学食隣の建物1階ですので、すぐわかると思います。
P9305047.jpg
駒澤大学入り口に掲示してある日曜講座案内です。
手前が坐禅指導、奥が坐禅後に行われる講義の内容です。
来週7日も坐禅・講義とも開催です。

今回は、久しぶり開催ということもあり、坐禅初めてという方が20名弱の方
が参加されていました。
以前の参加要領に特に変更はありません。)

正門前の掲示板(上の写真)の通り、10月はほぼ毎週日曜日の通常の開
催になります。
日曜の朝9時からの開催です。坐禅に興味ある方できちんと坐禅作法を教
わりたいと思っている方にはおすすめの坐禅会です。
(講義終了後に、初回参加者を対象に坐禅指導をして頂けます。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
話は変わって、禅寺の玄関などでよく「脚下照顧」という文字が掲げられて
います。

広辞苑等で調べると
「自分の足元をよくよく見よという意。もと禅家の語で、他に向かって悟りを
追求せず、まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。転じて、他に向
かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべき
こと。また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけることをいう。」
とあります。

少々戒め的な意味合いで捉えられがちですが、坐禅会でお世話になってい
る中野坂上の成願寺南書院の東司(トイレ)には、以下の文がタンクの上に
貼ってあります。

【脚下照顧】
 履物をそろえると心もそろう
 心がそろうと履物もそろう
 脱ぐときにそろえておくと
 履くときに心が乱れない
 誰かが乱しておいたら
 黙ってそろえておいてあげよう


「黙ってそろえておいてあげよう」のフレーズが好きで、いつも目にする
たびに心を新たにしています。

「日々の挨拶」と「履物をそろえる」こと

この2つさえやれば実は後は何もすることはないのかもしれません。
簡単なようでなかなか出来ないことですが、日々心がけたいと思います。

<坐禅会のご案内>
中野坂上成願寺で月1回開催の10月度井上貫道老師坐禅会は、今度
の土曜日10月6日開催です。
参加ご希望の方は、以前ご紹介の参加要領をご参照頂ければと思います。
※こちらの坐禅会は椅子坐禅も可能です。足が組めない方も安心してご
参加下さい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 日々の坐禅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<宮沢賢治学会から「宮沢賢治研究Annual」が届きました~花巻宮沢賢治を訪ねる旅~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 武蔵野三大湧水池の一つ『善福寺池』散歩です。>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。