The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
武蔵野三大湧水池の一つ『善福寺池』散歩です。
2012-10-02 Tue 19:50
先日大例祭の記事を紹介させて井草八幡宮から歩いて10分もかからな
いところにあるのが、武蔵野三大湧水池の一つ「善福寺池」です。

武蔵野三大湧水池とは、武蔵野台地標高50m~55mの崖線から湧出
する湧水を源泉とする「井の頭池」、「三宝寺池」、そしてここ「善福寺池」
です。

先日ご紹介の「妙正寺池」も50~55m崖線から湧く湧水池ですが、規
模は上記三池に比べると小さいです。

井草八幡宮の裏(東参道側)を出ると、善福寺川に向かって道が下り傾
斜になっています。

P9305081.jpg

下りきったところが善福寺川です。

普段はご覧のとおり、細い流れですが、一たび台風など襲来すると川幅
一杯の流量になります。
最近は、あまり聞かないですが、少し前までは豪雨時には氾濫し、付近
の住宅への浸水があるくらいでした。
P9305084.jpg
善福寺池は、下池と上池からなります。
写真の案内図で左側の小さい池が下池、右側の大きい池がボート場のあ
る上池です。
今回は、左側の下池から上池に向かって歩きます。
P9305103.jpg

ハスが群生する下池です。
写真では小さくてわかりにくですが、中央少し右にシラサギの姿が写って
います。
P9305089.jpg

下池土手に咲いていた彼岸花です。
P9305091.jpg

下池の左側の道路沿いに写真の湧水井戸があります(現在は、地下水汲
み上げのようですが。)
すぐ裏は閑静な住宅地ですが、この湧水が下池に流れ込んでいます。
P9305096.jpg

上池側に歩いたところから見た下池です。
ワイルドさからいうとこちら下池のほうが上ですね。
P9305098.jpg

下池を抜けると下の写真のような広場になります。
週末には、多くの家族連れがボール遊びに興じています。
P9305099.jpg

広場を抜け、バス通りを超えると上池です。
こちらには足踏みボートがあります。
P9305108.jpg

見事なしだれ柳とボートです。
この親子、中洲にボートが突入して脱出に一生懸命でした。
P9305112.jpg

上池南側にフェンスに囲まれた一角があります。
あまり知られていませんが、杉並浄水所です。
ここは、東京水道局の区部の浄水所としては珍しい地下水を水源とした浄
水所です。

以前昭島市の水道は100%地下水であることを紹介させて頂きました
が、杉並にもここで汲みあげられた天然のミネラルウォーターを自宅水道に
配水されている地域があるということですね。
うらやましい限りです。
(当方自宅は少々離れていますので、残念ながら配水エリアからは外れて
いると思います。)
P9305110.jpg

地形的には、このあたりが湧水ポイントの一つではないでしょうか。
左側の崖と池の高低差がよくわかります。
P9305115.jpg

弁財天を祀る中島にシラサギが羽を休めていました。
ここに巣があるのではないでしょうか?
P9305114.jpg

中島にある弁財天です。
中島には橋が架かっていませんので、対岸?からお参りすることなります。
ジョギング途中のランナーがここで立ち止まって弁財天に向かって手を合わ
せる姿を目にしました。
P9305122.jpg

善福寺池の最大の名所「遅野井」の井戸です。
言い伝えによると約800年前の文治5年(1189年)、源頼朝が奥州征伐
に向かう途中、この地で飲料水を求めるために土を掘りましたが、折からの
干ばつでなかなか水が出ず、自ら弓の「はず」で土を掘ると、しばらくしてそ
の7箇所に水が湧き出たといわれています。水の出を「今や遅し」と待ったと
ころから「遅の井」と命名されたということです。
P9305118.jpg

遅野井全景です。いかにも湧水が湧き出そうな地形ですね。
(こちらの遅野井も自然湧水は涸れ、ポンプで地下水を汲みあげているよう
です。)
P9305127.jpg

上池最奥部から下池方向を眺めた写真です。
住宅地の真ん中にこんなに広大な池があるとはとても想像がつかないと思
います。
P9305128.jpg

善福寺上池池畔に曹洞宗「善福寺」があります。
古くは、無量山福寿庵と称する浄土系の小庵だったのが、江戸時代に観泉
(今川家の菩提寺)持となり、曹洞宗のお寺となりました。

更に昔、このあたりに善福寺という寺院があったと伝えられますが、この
善福寺と福寿庵からの善福寺が関係があるかは不明のようです。

しかしながら場所的にはおそらくつながりがあるに違いないと思われます。
P9305136.jpg

2012年10月14日は、5年ぶりに井草八幡宮で流鏑馬が行われます。
流鏑馬見物にあわせてここ善福寺池巡りはいかがでしょうか!
季節的にもぶらり散歩にはいい季節だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
<<駒澤大学日曜講座坐禅会参加報告&禅語<脚下照顧(きゃっかしょうこ)> | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 大多喜の「大屋旅館」こんな宿に泊まりたいものです!!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。