The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
宮沢賢治学会から「宮沢賢治研究Annual」が届きました~花巻宮沢賢治を訪ねる旅~
2012-10-04 Thu 19:00
特にこれといった活動はしていませんが、宮沢賢治ファンの一人として10
年以上前から宮沢賢治学会イーハトーブセンターの会員となっています。

今週、宮沢賢治学会より「宮沢賢治学会Annual」が自宅に届きました(下
の写真です。)
年1回発行で全166ページの充実した宮沢賢治に関する研究機関誌です。
機関紙

宮沢賢治学会イーハトーブセンターは、宮沢賢治の研究者、ファンが集うゆ
るやかなつながりの会で、宮沢賢治に興味を持つ方であればどなたでも参
加できます。

定期的に各種イベントの案内や年1回の研究機関誌(写真の右側)などが
送られてくるほか、会報(写真左)、事務局便りが定期的に届きます。
※年会費3000円ですが、機関誌(非売品)だけでもその価値あるかと
思います。
(下の写真は、事務局のある宮沢賢治イーハトーブ館にあります。)

ご興味ある方いかがでしょうか!!
宮沢賢治学会イーハトーブセンターHPです。)
P8115416.jpg

今回は、宮沢賢治ゆかりの地、花巻の風景をご紹介したいと思います。

花巻は宮沢賢治生誕の地であり、賢治の作品はイーハトーブ(=岩手)
を舞台に展開されています。

イギリス海岸(北上川)です。
北上川は東北最大の河川として、岩手~宮城県を滔々と流れ、宮城県石
巻市で太平洋に流れ込みます。
イギリス海岸

イギリス海岸にあったふくろう像です。
賢治はふくろうが好きで、賢治の描いたふくろうのデッサンが今も残されて
います。
イギリス海岸 (2)

広い敷地を有する岩手県立花巻農業高校です。
賢治が教鞭をとった花巻農学校の後身にあたる学校です。
花巻農業1

花巻農業高校の敷地内に「羅須地人協会」の建物があります。
羅須地人協会とは、花巻市内で賢治が設立した私塾で、賢治生前は花巻
市桜町にありましたが、賢治の死後売却され、この地に民家として移築さ
れました。
花巻農業2
羅須地人協会建物です。
らすちじん4

建物内部です。
今にも賢治が講義のために姿をみせそうな感じです。
らすちじん3

玄関に掲げてある黒板に書かれた「下ノ畑ニ居リマス」です。

宮沢賢治は、毎日下の畑で農作物の育成状況や肥料の研究を続けてい
ました。
宮沢賢治が畑に出ているときに書いた文字を賢治の弟の清六さんが賢治
の字を模して書かれたものです。
今でも消えないように花巻農業高校の生徒の手で上書きされ続けています。

賢治が本当に下の畑にいそうです。
らすちじん2

新幹線の新花巻駅から2kmくらいのところにある宮沢賢治記念館です。
(花巻市矢沢1-1-36)
賢治の作品原本、愛用のチェロなど賢治ファンにはたまらない貴重な展示
がたくさんある賢治ファンの聖地のような場所です。
賢治記念館1

「注文の多い料理店」に出てくる山猫軒の名を冠したお土産物&レストラン
です。
賢治記念館2

次回は賢治のもう一つのゆかりの地、小岩井農場を紹介させて頂きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 宮沢賢治 | コメント:0 | トラックバック:0
<<宮沢賢治を訪ねる旅~小岩井農場の風景です~(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 駒澤大学日曜講座坐禅会参加報告&禅語<脚下照顧(きゃっかしょうこ)>>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。