The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
青梅街道~八丁 意外に看板建築が残っています~
2012-10-17 Wed 20:00
荻窪駅北口を出て青梅街道を田無方面に向かうと環八の四面道交差点に
出ます。
四面道で環八を横切り、更に青梅街道を進んだあたりが八丁商店街です。
(住所でいうと、杉並区上荻2・3丁目、桃井1・2丁目の青梅街道沿い
です。)

江戸時代は、このあたり高家今川氏の領土でしたが、ここ八丁あたりにか
つてはその陣屋があり、敷地が八町の広さであったことから八丁の地名に
なったと言われています。

この界隈、23区内の幹線道路沿いにしては、意外に看板建築が残ってい
ます。
八丁肉屋
八丁交差点にある文房具の「市川商店」です。
八丁文房具屋
「市川商店」のお隣にある「立花家鶏肉店」です。
東京で典型的な看板建築の様式です。
八丁肉屋2
こちらは、八丁の交差点からもう少し荻窪警察寄りにある「鉄工所」の看板
建築です。
屋号消えていますが、”○に越の字” 三越のような立派なマークが掲げら
れています。
八丁鉄工所 (2)
下から見上げた写真です。
八丁鉄工所
大東印刷店です。
2階窓枠左の「印刷」の文字が立派です。
八丁看板1
八丁交差点から南に行ったところにある「橋本屋酒店」です。
建物はありますが、最近お店開いてるところ見た記憶がありません。
八丁酒屋
こちらも典型的な緑の看板建築で、よく見る緑の銅葺きタイプです。
八丁看板2
こちらは、旅行社の建物です。
貼られていた銅板が剥がれてトタンのようになっているのでしょうか?
(くまちゃんとこちらの旅行社については、現況不明です。今度確認してきま
す。)
八丁看板3

以下の建物は既に消滅した建物です。

先ほどの橋本屋の前にあったトタン錆が見事な建物です。
2軒長屋タイプだったのでしょうか?
八丁消失1
こちらは、八丁交差点にあった自転車屋さんです。
文房具の市川商店の道の反対側にありました。
八丁消失2

交通量の多い青梅街道沿いにこの八丁商店街はありますが、商店街とい
うほどお店の密度は高くありません。
目立たない商店街ではありますが、よく見ると意外に古い建物が残ってい
ます。
こうした風景も間もなく姿を消してしまう光景かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 消えた光景 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2012年で西武鉄道創立100周年記念です~「武蔵野鉄道&川越鉄道」西武鉄道小史です~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 高円寺南2寺町~旧桃園川に向かった傾斜地上に6軒の寺院があります~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。