The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
埼玉県川越市郊外 県内最大の自然沼「伊佐沼」です~寂寥たる風景が広がります~
2012-10-10 Wed 19:48
高校3年間、埼玉県川越市にある高校へ通学していましたが、体育の授業
で走りに行ったのが今回ご紹介の伊佐沼です。

川越市の東部、大宮寄りになります。
以前川越の記事でも紹介の川越電気鉄道の路線が湖畔にあり、遠い昔に
はこの沼の周囲を電車が大宮に向かって走っていました。

埼玉県内最大の自然沼で、ヘラブナ、マブナ、コイなど魚が豊富で週末には
多くの釣り人で賑わう埼玉県でも有数の釣りスポットでもあります。
伊佐沼 (2)

沈船が寂しい雰囲気を醸し出しています。
向うの見える屋形船は、木で組んだ屋台のようなところにのせられており、
少し不思議な光景です。
伊佐沼

湖畔には、伊佐沼薬師神社の萱葺きの御堂があります。
伊佐沼の雰囲気にベストマッチの建物です。

元々医王寺という寺院があり、明治の神仏分離の際に廃寺となり、薬師神
社となったとのことです。
確かに神社というより寺院といわれれば寺院のようにも見えますね。
伊佐沼寺院

実は、この伊佐沼は昭和初期までは、川越舟運(ブルフネ)でご紹介の新
河岸川の源流でした。

今は、流路が改修され、伊佐沼の水は新河岸川の支流九十川(福岡河岸
の上流で新河岸川に合流します)になっており、現在の新河岸川の源流は
川越市街をぐるっと囲む赤間川になっています。
(下の写真は、菓子屋横丁近くの赤間川です。)
PA221994.jpg

かって、川越夜船が行き来した新河岸川の風景です。
伊佐沼とともに懐かしい田舎の風景です。
新河岸川舟運
たまにこうした風景にも触れたくなります。

にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<荻窪駅北口近くの湧水池跡~天沼弁天池&天沼八幡神社~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 関東バス南善福寺ターンテーブル(住宅地のど真ん中にあります)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。