The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
高円寺南2寺町~旧桃園川に向かった傾斜地上に6軒の寺院があります~
2012-10-16 Tue 19:50
中央線には、三寺と呼ばれる最後に”~寺”がついた駅があります。
高円寺、吉祥寺、国分寺です。
どの駅も中央線の中では、それぞれ独自の個性を発揮する人気のエリ
アでもあります。
簡単にご紹介すると---

<高円寺>
南口にある曹洞宗の寺院「宿鳳山高円寺」に由来します。

<吉祥寺>
実は吉祥寺に吉祥寺というお寺は無く、明暦の大火の際に、文京区本駒
込にある吉祥寺(こちらの坐禅会にも当方参加したことあります)の門前
町の住民が移転してきたことにちなみます。
北口には、安養寺・光専寺・蓮乗寺・月窓寺の「四軒寺」と呼ばれるお寺
があります。

<国分寺>
741年聖武天皇の命により造られた武蔵国分寺がここにあったことに由
来します。

以前、東京の寺町として、烏山寺町豊島園十一ケ寺について紹介させて
頂きましたが、今回は、中央線三寺の一つ高円寺にある「高円寺南2丁目」
寺町についてご紹介です。

高円寺というと、駅前にある駅名の由来となった「高円寺」と真言宗豊山派
「日王山阿遮院長仙寺」を思い浮かべる方が多いかと思います。

どちらも堂々たる大寺ですが、今回ご紹介の寺町は、少し駅から離れた高
円寺南2丁目にある6寺からなるミニ寺町です。

ミニではありますが、住宅地の真っただ中にあるこの寺町、やはり落ち着い
た寺町らしい雰囲気が漂っています。
とはいっても、高円寺に来て、駅名の由来となった「高円寺」を外すわけには
いきませんので、まずは簡単に「高円寺」から紹介です。

高円寺駅南口を出て、新宿方面に5分も歩くと堂々たる「曹洞宗宿鳳山高
円寺」の山門が見えてきます。
徳川将軍家のあつい庇護を受けてきた寺院で、三代将軍家光公が鷹狩の
際にしばしばこちらで休憩を取ったといわれています。
PA085254.jpg
杉並区教育委員会による案内板です。
PA085253.jpg
広くて閑静な境内です。
PA085257.jpg
徳川家の庇護を受けた寺院だけに本堂正面屋根には葵のご紋がつけられ
ています。
PA085258.jpg
高円寺を出て更に南に行くと、旧桃園川緑道です。
PA085262.jpg
先日先日ご紹介の天沼弁天池を源流の一つとする川です。
昭和40年代に完全に暗渠化されました。
この桃園川は、環七を少し越えた先で神田川に合流します。
PA085263.jpg
旧橋跡には、カッパが堂々と坐っていました。
PA085261.jpg

桃園川へ下る傾斜地を上がった高台(というほどの高さではありませんが)
に寺町があります。
狭いエリアに6軒の寺院が固まっています。
こちらもかっての東京市街地から移転してきた寺院で構成?された寺町で
す。

高円寺は、大正十一年開業で、この7月に開業90年を迎えましたが、この
寺町へ移転してきたお寺の中には明治40年代に移転してきたお寺が多い
です。

移転当初は、中野駅が最寄り駅で、中野からお墓詣りに歩いてくる檀家の
人からは”なんでこんな田舎に引っ越したんだ~”と不満の声もあったよう
です。

それでは、各寺院巡りです。
まずは、曹洞宗西照寺です。
明治43年に芝白金から移転してきました。
移転理由は東京市街発展に伴い、区画整理の対象となり、この地に移転
してきました。
PA085266.jpg

続いて、曹洞宗松應寺です。
こちらは、大正7年に台東区浅草寿町から移転してきました。
墓地が狭かったため、寺院の維持発展のために移転してきたとのことです。
江戸時代の農政学者 佐藤信淵のお墓はこちらにあります。
PA085268.jpg

曹洞宗宗泰院です。
明治42年市ヶ谷町から移転してきました。
陸軍士官学校の校地拡大に伴い、移転を余儀なくされ、こちらへ移転して
きました。
移転事情も様々ですね。
PA085272.jpg

続いて、曹洞宗長龍寺です。
こちらも、明治42年に宗泰院同様、陸宮士官学校敷地拡大により市ヶ谷
から移転してきました。
こちらには、豆腐地蔵尊という珍しい地蔵様がいらっしゃいます。
山門脇の松の枝ぶりが見事です。
PA085276.jpg

続いて、曹洞宗鳳林寺です。
こちらは、新宿牛込から大正3年に移転してきました。
移転理由は、牛込弁天町通りの拡張による移転です。
PA085278.jpg

本堂前では、同じ向きで2匹のワンちゃんがお昼寝中でした。
兄弟犬(姉妹犬)でしょうか!!
鳳林寺犬

巨大なしゃもじのある愛染明王堂です。
こちらには、厄除け子育ての子育ての延命地蔵尊を祀るお堂もあります。
PA085282.jpg

こちらは、6寺中唯一曹洞宗以外の寺院 日蓮宗長善寺です。
こちらは、谷中から大正15年に移転してきました。
こちらは、国鉄線路拡張に伴う移転です。
PA085283.jpg

最後は、曹洞宗福寿院です。
こちらは、明治40年区画整理のため、四谷から移転してきました。
こちらのご本尊は、像高46cmの金銅釈迦如来像で杉並区内では珍しい
「金銅仏」とのことです。
ちょうど本堂の改修工事中でした。
PA085285.jpg
最後に「高円寺」門前にあったラーメン屋さんです。
この時は、中野坂上駅の「華吉の椎茸そば」がありましたのでスルーしま
したが、そのうちぜひ来てみたいと思います。
PA085287.jpg
以上、すべてのお寺を巡っても30分程度でしょうか。
こちらのお寺は、檀家寺ですので境内を開放しているわけではなく、山門か
ら眺める程度の拝観しかできませんが、6寺が固まって存在するとやはり壮
観で寺町を散策していることを実感できるかと思います。

駅前の「長仙寺」、駅名由来の「高円寺」とともに身近な東京寺町巡りの一
つとして散歩いかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 東京の寺町 | コメント:0 | トラックバック:0
<<青梅街道~八丁 意外に看板建築が残っています~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 南アルプスへの入口~夜叉神峠麓の芦安温泉「岩園館」に泊ってきました!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。