The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
南アルプスへの入口~夜叉神峠麓の芦安温泉「岩園館」に泊ってきました!
2012-10-15 Mon 20:00
10月13日(土)一泊で南アルプス夜叉神峠の麓にある芦安温泉「岩園
館」に仲間3人で泊まってきました。

芦安(南アルプス市)は、鳳凰山などの南アルプス登山の玄関口として有
名ですが、当方一行は登山目的ではなく、温泉入浴目的です。

岩園館へチェックインする前にせっかくなので、夜叉神峠まで足をのばして
みることにしました。

マイカーは、夜叉神峠登山口まで、それより先の広河原(北岳、間の岳な
どへの登山口です)へは路線バスしか入ることができません。

夜叉神峠、日本百名山の一つ鳳凰三山への登山口です。
PA135347.jpg
ここ夜叉神峠登山口の駐車場も登山客の車で一杯でした。
路線バス乗り場です。
甲府駅から来たバスは、ここ夜叉神峠登山口を経て、更に奥の広河原ま
で行きます。
PA135344.jpg
これより先はマイカー規制中です。
PA135341.jpg
マイカー規制を案内するお知らせ板です。
PA135342.jpg
夜叉神峠登山口へ向かう途中からは、遠く甲府盆地が眺められました。
ここからの夜景は見事かと思います。
PA135351.jpg
麓まで下ると、今宵の宿「岩園館」です。
こちらは、源泉かけ流しの大岩露天風呂が有名です。
PA145367.jpg
「岩園館」の川向うには、写真のようなコンクリートの崖くずれ防止がなされ
ています。
昭和57年の台風時に大規模の崖崩れが発生し、その後写真のような対
策がなされたようです。
極めて大規模な崖崩れ防止対策です。
PA135360.jpg
玄関前から見た大岩露天風呂入り口です。
東館から渡り通路で男女別の巨大な露天風呂につながっています。
(今回お風呂写真は、撮っていませんので興味ある方は宿のHPを参照頂
ければと思います。)
PA135359.jpg
一風呂浴びて18時から大広間で夕食です。
山の幸を中心に食べやすいおいしい料理が並びます。
R0014008-1.jpg
今回宿泊したのは、東館(新館)の一番大岩露天風呂に近い部屋「北岳」
に泊まりました。
夕食のテーブルにも部屋名のプレートが置かれていました。
R0014011-1.jpg
翌朝、朝食前に表に出てみると、2匹の甲斐犬がいました。
この芦安村辺りが、甲斐犬の産地のようです。
PA145369.jpg
翌日の朝食です。
十分な量でお腹一杯になりました。
写真のご飯は、こちらの名物「きびご飯」です。
R0014012.jpg
岩園館前に広河原行のバスが停まります。
日曜日朝も何名かの方が乗車されていました。これから登山でしょうか。
PA145371.jpg

宿の川向うの崖くずれ防止のコンクリートを上からみたところです。
写真のはるか下に見えるのが、一晩お世話になった岩園館です。
それにしてもすごい高度感で、崖くずれの規模の大きさがうかがえます。
PA145375.jpg
崖くずれ防止コンクリート上からは、南アルプスの山々がのぞめました。
PA145379.jpg
お土産にペットボトルに詰めた宿の源泉を頂きました。
帰りの車中で飲みましたが、雑味の無い本当においしい水でした。
(こちらの源泉は飲用可能ですので、湯船にも飲用カップが置いてあります。)
PA145505.jpg

土曜日の昼に東京を出発して、日曜昼には戻ってこれました。
東京西部からのアクセスの良さがこの宿の魅力の一つだと思います。
(麓ではありますが、南アルプスの山容に接することも出来ます。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:0 | トラックバック:0
<<高円寺南2寺町~旧桃園川に向かった傾斜地上に6軒の寺院があります~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 本日井草八幡宮の流鏑馬神事、天候が心配されましたが無事終了しました!>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。