The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
板橋大谷口上町~窪地に迷路のような街が潜んでいました~
2012-10-30 Tue 19:12
板橋区大谷口上町は、川越街道から少し奥に入った日大病院のある町
です。

その日大病院の裏手にひっそりと木造家屋群が潜んでいました。

以下の写真は2007年4月撮影の写真です。
このエリアは、住宅地区改良法により、住宅地区改良事業が行われてい
ますので、現在はその景観は大幅に変化しているものと思われます。

R0010659.jpg

大谷口上町は、大きく高台地区と窪地からなっていますが、写真は窪地側
です。
R0010667.jpg
人一人が通るのがやっとという細い路地がたくさんありました。
R0010654.jpg
道路も狭く、緊急車両対応も困難ということもあり、住宅土地改良事業が
開始されました。

事業の一環として、団地タイプの改良住宅館の建築が進められ、そちら
へ移転も進んでいるようです。
R0010663.jpg

本当に迷路に迷い込んだ感じです。
R0010655.jpg


R0010656.jpg

奥の木造家屋はかなりの年代物のようですね。
R0010657.jpg

地区内で高低差が6~7mあります。
R0010664.jpg


R0010665.jpg

児童公園がありました。
規模は小さいですが、ほっとする空間です。
R0010666.jpg

R0010669.jpg
溜池だった場所に終戦後に住宅が建ち始め、今その風景も消えようとして
います。
東京の風景の変化の速さは、本当に夢幻のようです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 消えた光景 | コメント:1 | トラックバック:0
<<都電荒川線梶原駅周辺の下町風景です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 10月29日(月)の永平寺東京別院(長谷寺)の坐禅会はお寺行事のためお休みでした>>
この記事のコメント:
拍手コメントありがとうございます。
弁道話の巻、特に十八問答は「坐禅とはどういうものか」、道元禅師が質問形式で私たちにわかりやすく書かれた巻です。
西嶋先生の現代語訳はわかりやすく、私は先生の「正法眼蔵提唱録」に出会わなかったら坐禅はしていなかったと思います。
「坐禅を続ける励みになる」と言う嬉しい言葉をかけていただきましたが、こちらこそ読んでいただいて有難うございます。
『正法眼蔵」はこれからも、まだまだ続きます。
読んでくださいね。
2012-10-30 Tue 22:44 | URL | UFO #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。