The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
千葉県佐倉の秋祭りの風景~まずは佐倉の町並みです~
2012-11-09 Fri 20:00
10月は、関東各地で秋祭りが行われました。

当方が通った高校があった川越祭りは10月20日・21日、ブログでも紹
介させて頂いた井草八幡宮の流鏑馬神事が10月14日等々です。

今年は、荻窪界隈のお祭り巡りになりましたが、今回は以前行った千葉
県佐倉市の秋祭りをご紹介したいと思います。

佐倉といえば、当方の年代では、長嶋茂雄氏の出身校である佐倉高校を
思い出す方が、また、歴史好きの方にとっては、江戸時代譜代大名の名
門として老中、大老を輩出した堀田家を思い出される方もいらっしゃるかと
思います。

都心のベッドタウンとして完全に都内への通勤圏内になっていますが、佐
倉藩城下町として賑わった味わいのある城下町風情が残っています。

佐倉の秋祭り紹介の前にまずは街並み巡りをしたいと思います。
まずは、観光名所からです。

下の写真は、幕末最後の佐倉藩主となった堀田正倫が建築した純和風の
別邸です。
こちらは、地元にボランティアガイドの方が丁寧に邸内説明をして下さいます。
佐倉に行ったら外せない名所の一つです。
別邸

堀田家別邸周辺の風景です。
靄横

こちらは、佐倉順天堂です。
幕末から明治にかけて多くの英才を輩出した佐藤泰然の蘭医塾兼外科診
療所跡です。
こちらの塾が順天堂大学のルーツとなっています。
順天堂

街中にある復元された高札場です。
高札場

こちらも市内にある旧川崎銀行佐倉支店の建物です。
現在は、佐倉市立美術館として活用されています。
洋風建築

以下は佐倉にある昔ながらの懐かしい建物です。
なかなか豪壮な建物です。
大きな民家

赤壁が見事な建物です。
赤壁

酒屋「数屋」さんです。
ガードマン

屋根瓦にも屋号が刻まれています。
なかなか凝った建物ですね。
屋根

三角屋根が印象的な建物です。
三角屋根

上の建物を正面から見た写真です。
今やこうした板塀もなつかしいですね。
キクタ

店先は、現代的ですが、建物自体は重厚な昔ながらの蔵造的な建物です。
夕暮れ薬屋

夕日を浴びる白い板壁が印象的で写真を撮りました。
白い板張り

金物なら何でもありそうな商店です。
商店

時代は下りますが、なかなかいい雰囲気の床屋さんです。
床屋

一歩裏道に入った民家です。
軒先によく手入れされた鉢植えがありました。
民家路地

佐倉の町には、赤ポストも何の違和感なく町になじんでいます。
赤ポスト

街道の建物です。
お祭りの提灯が、夜が来るのを今か今かと待ちわびているようです。
民家1

同じ通り沿いの建物です。
民家2

千葉、茨城らしい風景ともいえるかもしれません。
民家通り

以上、駆け足で佐倉街並み巡りです。

佐倉には、歴史好きには外せない国立歴史民俗博物館があります。
こちらは、歴史好きの方なら丸1日滞在しても見切れないほどの豊富な展
示があります。
佐倉訪問の際には、こちらも外せないポイントです。

次回はいよいよ秋祭り風景をご紹介したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | ぶらり旅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<佐倉の秋祭り風景です(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 新宿駅で見かけたオリジナル塗色の183系&5・6番ホームトイレについて>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。