The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
浄土山宝増寺(神奈川県厚木市)晋山結制式に参列させて頂きました!
2012-11-11 Sun 12:13
昨日11月10日(土)は、ご縁あって厚木市上古沢にある曹洞宗「浄土山
宝増寺」で執り行われた晋山結制式に参列させて頂きました。

晋山結制式とは、曹洞宗HPを見ると以下のように説明があります。

”晋山式というのは、各寺院において新たに住職となった僧(この方
を、「新命方丈」ともいいます。「方丈」とは住職の居室のことで、転じ
て、その居室にいる人という意味で、住職を方丈とも呼びます)が、そ
の寺院に晋む(=進む)ことです。禅宗寺院は多く山間部にあって山
号(=○○山)を持ち、そして、寺院を山ともいうため、「山に晋む式」
と書いて「晋山式」としています。簡単にいえば、住職交代式というこ
とです。”

当日は、写真の通り、秋晴れの青空広がる穏やかな天候のもと、晋山式は
厳かに行われました。

下の写真の遠景左側に見えるのが宝増寺本堂です。
本厚木駅から飯山方面へ向かいます。大規模工業団地を過ぎ、下古沢入
口の交差点を左折し、恩曽川へ向かって下っていくとあたりの風景はのど
かな郊外の風景に変わります。

宝増寺は、裏に山を背負った高台にあります(上古沢1189)。
坂東観音霊場第六番札所「飯山観音」もすぐ近くです。
こちらのお寺は、太田道灌の墓所があることで有名な伊勢原にある洞昌
院の末寺になります。
寺をのぞむ

新命方丈様のお名前は、漆谷玄明様。
福井小浜市の発心寺、大本山永平寺で長年修行を重ねられた和尚様です。
このたび、ここ厚木で長い歴史を誇る浄土山宝増寺の第三十世住職に就か
れます。

素晴らしい秋空のもと、三門に掲げられた旗が風にはためいていました。
幟

宝増寺境内です。新命方丈様の到着を待っています。
新住職を待つ

新命方丈様の行列を先導する幟が到着しました。
三門到着後、新命方丈様は、お香をたき、ご自身の見識を述べられます。
新住職を待つ2

こちらから本堂に上がられます。
入口には、たくさんのお祝いの花が飾られていました。
本堂風景

晋山結制式の”式次第”です。
拝見させて頂きましたが、重要な儀式として細かなプロセスが定められて
います。
一つ一つの儀式に意味があり、当日はマイクでもその意味等について説
明がありました。
PB105590_edited-1.jpg

多くの方々がこの結制式に関わっていることがわかります。
PB105592.jpg

新命方丈様は、この須弥壇に登られて様々な供養のお香をおたきになり
ます。
この後には、問答が行われました。
様々な問いが投げかけられ、それに対して新命方丈様が簡にして要を得た
回答をすかさず返されます。
(今回のこのやり取りは、事前の打ち合わせは無しでその場での問答やり
取りだとうかがいました。)
登座

晋山式が終わると引き続き首座法戦式(しゅそほっせんしき)になります。
首座法戦式については、曹洞宗HPには、以下の通りの説明があります。

”お釈迦さまが霊鷲山においてお弟子の迦葉尊者にご自分の席を半
分ゆずって説法を許されたという故事にならって、住職に代わって仏
道の肝心なところを、修行僧に説法する儀式が出来ました。徐々にこ
の儀式が実用的になり、首座(修行僧の先頭に立つ役職)と修行僧
達とで激しい問答を行うようになりました。
この様子を、首座が法を戦わせることから、「首座法戦式(しゅそほっ
せんしき)」といい、現在でも各地の曹洞宗寺院で行われているので
す。なお、首座はこの法戦式を終えると、正式に「座元」という位に就
き、同じく、首座に法戦式を任せた師匠(法幢師)は、大和尚の位に
上られるのです。”


写真の台の上に置かれた弓のようなものは、竹箆(しっぺい)と呼ばれるも
のです。
これを渡されることにより、首座は新命方丈様に代わって問答を行うことを任
されたことになります。
法戦式準備

須弥壇に掲げられた板は、開口板です。
首座が読み上げた本則の次の頌が書かれています。
法戦式準備2

法戦の主題を明らかにする「挙則」と呼ばれる場面です。
挙則2

首座が新命方丈様より、竹箆(しっぺい)を受けるところです。
(写真ではわかりにくいかと思います)

今回の首座は、豊島徹禅さん。
中野坂上成願寺で毎月行われている井上貫道老師座禅会の世話人をつ
とめている方です。
新命方丈様とは、埼玉県富士見市にある長谷寺東堂井上義寛老師のもと
で一緒に修行をされたとうかがいました。

こちらの法戦式も事前の問答については打ち合わせ無しとうかがいました。
文字通り法の戦いでした。
シッペイを受ける

法戦式ののちは、檀信徒総回向になります。
檀信徒の方々、各家先祖代々諸霊位に対して新命方丈様が回向を申し
上げ、総供養します。

以上をもって晋山結制式は終了しました。

終了後の境内での記念撮影風景です。
これだけの和尚様がこの晋山結制式に参加していたことになります。
その規模の大きさ、準備の大変さがうかがえます。
記念写真

境内のお地蔵様も無事に新命方丈様をお迎えできたことを喜んでいらっしゃ
るように見えました。
地蔵様
晋山結制式 本当におめでとうございました!!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 参禅会 | コメント:0 | トラックバック:0
<<12月29日「あけぼの81号」チャレンジしたいと思います! | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 佐倉の秋祭り風景です(その2)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。