The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
文京区千石界隈散歩(伊勢五と蕎麦の進開屋が双璧です!)
2012-11-22 Thu 20:22
今回町歩きの界隈は、地味な都営地下鉄三田線「千石駅」が最寄駅にな
りますが、今回は山手線の大塚駅からスタートです。

南大塚2丁目の「斉藤不動産」です。
少々前の写真のため、直近の様子は?なのですが、この建物は大丈夫な
ような気がします。
重要文化財級?の建物です。
南大塚2-39

違う側からのサイドビューです。
こちらは青トタン仕様ではありません。
2階窓のサッシは新しいようです。
斉藤不動産

千石三丁目交差点にある千川にかって架かっていた「猫又橋」の親柱の
袖石です。
確かに猫の足ですね!
猫又橋千石2-3間

千石3-38にある「伊勢五」米店です。
こちらの建物は、有形登録文化財です。明治から続くお米屋さんで現在8
代目ということです。
伊勢五千石3-38

地方都市では、このタイプの米屋さんよく見かけますが、山手線内にこの
佇まいは貴重です。
伊勢五

こちらは、伊勢五から道を挟んだ千石4-5の佃寿司です。
この手の長屋建築も今や希少です。
佃寿司千石4-5

千石3-40不忍通り沿いにあるちょっと複雑な造形の建物です。
千石3-40

以下の写真は、少し場所が離れますが、白山3丁目、小石川植物園と大塚
駅に向かう通りに挟まれたエリアの風景です。
植物園2

細い路地沿いに建つ木造家屋が懐かしい雰囲気ですね。
ベランダから干されたふとん、洗濯物が昭和の光景です。
植物園4

もちろん車の通行は出来ない狭さです。
植物園1

こうした路地にある喫茶店にふらっと入ってみたくなります。
植物園3

再び千石に戻ります。
場所は旧林町、現住所でいうと千石2丁目周辺、林町小学校のあるあたり
です。
進開屋白山2-30

大正時代創業、この建物は昭和4年築という蕎麦屋「進開屋」さんです。
東京大空襲にも焼け残った貴重な建物です。
進開屋縦

まだ、ここで蕎麦食べたことないのですが、近いうちには蕎麦食べに行
きたいと思います。
夕暮れの日差しが三丁目の夕日的です。
進開屋正面

この界隈は、空襲にも焼け残ったのか、なかなか渋い建物が残っているエ
リアです。
白山2-30防火用水

この防火用水も民俗博物館物です。
防火用水

木造家屋2軒です。
林町雑貨

万年筆屋さん!
町の文具屋で万年筆専業を名乗るお店も珍しいと思います。
万年筆

水道~後楽2丁目小石川白山と文京区散歩でした。
根津・谷中のようにまとまってはいませんが、なかなかレアな風景が残るエ
リアです。
大塚あたりからあまりルートを決めずに気のおもむくまま後楽園方面までぶ
らぶら歩くのもおすすめです。
天気のいい週末、散歩いかがでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:0 | トラックバック:0
<<愛宕青松寺2012年11月月例坐禅会参加記&芝大門界隈の風景 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 埼玉県野火止「平林寺」紅葉風景です(以前の写真です)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。