The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
祝!復活「石ノ森漫画館」~石巻の震災前風景です~
2012-11-24 Sat 18:00
11月17日(土)から石巻「石ノ森漫画館」が復活するという記事が新聞に
出ておりました。

「石ノ森漫画記念館」は、石巻市を流れる北上川中洲にあるドーム型の漫
画館です。

2011年3月11日の東日本大震災で壊滅的な状況になり、今まで閉館さ
れていましたが、関係各位の大いなるご尽力により、再開に至ったことは
喜ばしい限りです。

実は、当方両親とも石巻出身で、現在も津波被害の大きかった宮城県多
賀城市に住んでいます。
(当方は東京生まれですが、親類縁者はほぼ全員石巻に住んでいます)

ということで、復活なった「石ノ森漫画館」を祝し、以前の石巻界隈の写
真をご紹介したいと思います。
帰省の際にはよく歩いた町並みです。

日和山から見た北上川中洲です。
このあたりは、さきの震災で壊滅的な被害を受けたエリアです。

写真中央やや左側のドームが「石ノ森漫画館」です。
その右に見える赤い三角屋根が、後ほどご紹介の「岡田劇場」です。
FH010021.jpg

中洲を少し左にアングルを変えて撮影した写真です。
石巻駅はこちら側になります。
FH010023.jpg

太平洋をのぞむ日和山です。
FH010016.jpg

ここから先、海までの地帯が津波により特に甚大な被害が出たエリアです。
FH010025.jpg

FH010026.jpg

日和山にある芭蕉と曾良像です。
「奥の細道」では、石巻での宿泊は難渋したような記述になっていますが、
実際はそうではなかったようです。
FH010028.jpg

中洲にあった150年の歴史を誇る映画館「岡田劇場」です。
津波により建物は、流されてしまいましたが、市内で巡回上映会など活動
を継続されているようです。
FH010003.jpg

岡田座思い出五人衆として「美空ひばり」「由利徹」「ジャイアント馬場」「石
ノ森章太郎」「三波春夫」の絵看板が飾られていました。
FH010004.jpg

中洲に渡った橋際にあったお店です。
FH010007.jpg

以下のお店は、中洲ではなく石巻駅側になります。

「二色餅」 今は場所をかえて営業再開されています。
FH010011_20121123175428.jpg

「観慶丸商店」です。
陶芸品を扱うお店でした(実は、木造!3階建て建築です)。

東日本大震災による津波被害によって大きな損傷を受けましたが、石巻再
生のシンボルとしてこの建物を修復し、現在は、旧観慶丸商店の1階部分
が「復興ステーション」として生まれ変わっています。
FH010036.jpg

叔母一家が津波被害にあったため、今まで何度か震災後に石巻に行って
いますが、その際両親と石巻駅から日和山までタクシーに乗ったことがあ
ります。

タクシー車中で話を伺うと会社の同僚の方もかなりの人数の方が犠牲に
なり、ご自身も首まで水に浸かり、九死に一生を得たとのこと。

この時は、帰りも駅まで乗車ということで駐車場で待って頂いたのですが、
運転手さん自ら日和山の茶店で買われたおダンゴを”はい、どうぞ”とお土
産に頂いたことがあります。

”せっかく石巻に来てくれたお客さんに何か出来ないか”との思いで、わざ
わざ売店で購入頂いたようでした。

お礼のお金も辞退され、往復のタクシー代だけしか受け取られなく困って
しまいましたが、お気持ちをそのまま頂き、遠慮なく頂きました。

その際は本当にありがとうございました!

仙石線の全通開通はまだまだ先の2015年になりそうですが、仙石線の
「マンガッタン号」に乗り、松島海岸からは代行バスに乗って復活なった
「石ノ森漫画館」に行ってきたいと思います!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<港区西麻布2丁目の昭和風景 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 愛宕青松寺2012年11月月例坐禅会参加記&芝大門界隈の風景>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。