The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
中野区上高田寺町巡り~吉良上野介など歴史上の有名人の墓所が多い寺町です~
2012-11-29 Thu 19:30
昨日の新井薬師の近くに、上高田寺町があります。
こちらの寺町も高円寺南寺町烏山寺町十一カ寺などと同様と明治末か
ら大正・昭和初めにかけて東京市中から移転してきた寺によって形成され
た寺町です。

地図をご覧頂くと早稲田通り沿いと赤の現在地マーク下側に卍卍卍と寺
院が集中していることがおわかりいただけると思います。
地図

まずは、上の地図でいうと現在地矢印の下側 上高田4丁目から歩いて
みました。

まずは、曹洞宗万昌院功運寺です。
こちらのお寺は、もともと別寺院であった「万昌院(牛込)」と「功運寺(芝三
田)」の両寺が合併したものです。

功運寺山門

こちらには、歴史上の有名人の菩提所となっています。
当方、「栗崎道有」という方は存じませんが、その他の方々はなんとなくわ
かります。
墓所

一番の有名人は、忠臣蔵の吉良上野介でしょうか!
万昌院は、今川家の開基で、今川家と吉良家は関係あることから、こちら
のお寺にお墓があります。
吉良家

万昌院功運寺のお隣さんが、曹洞宗「宝泉寺」です。
こちらは明治41年に牛込横寺から移転してきました。
宝泉寺

小田原から伊豆箱根鉄道大雄山線に乗った終点「大雄山」駅にある最乗
寺道了尊 宿坊の碑が門前に建っています。
宿坊

宝泉寺は、板倉家菩提寺で島原の乱で幕府側総指揮にあたった板倉内
膳正重昌のお墓もこちらにあります。
板倉

次は、天台宗「境妙寺」です。
大正4年に明治神宮外苑造営のためにこちらに移転してきました。
境妙寺

上高田寺町には、禅宗曹洞宗寺院が多いですが、こちらは浄土真宗大谷
派「願正寺」です。
明治43年牛込原町から移転してきました。

こちらには、幕末の外国奉行「新見豊前守正興」のお墓があります。
願正寺

曹洞宗「金剛寺」です。
宝形造りの本堂を持つお寺で文京区小日向より昭和になってから移転して
きました。
金剛寺

上高田4丁目寺町の一番奥にあるのが浄土真宗大谷派「神足寺」です。
三田台町より明治44年に移転してきました。
開山の行心上人様、足が速かったとのことで「神足寺」と号するようになっ
たとのことです。
神石寺本堂

山門の銀杏がきれいでした。
神石寺いちょう

続いて早稲田通り沿い、上高田1丁目の寺町に移動です。
東中野駅から続く商店街の出口が寺町「正見寺」の交差点にあたります。
東中野銀座

青い壁が印象的な浄土真宗本願寺派「正見寺」です。
こちらは、明治42年に四谷南元町から移転してきました。
江戸第一の美人と言われた「笠森お仙」のお墓があります。
正見寺

正見寺から先ほど歩いた上高田4丁目方面に向かう道を渡ると曹洞宗「青
原寺」があります。
こちらは、明治42年青山北町から移転してきました。

青原寺

そのお隣は、浄土真宗大谷派「源通寺」です。
明治41年浅草から移転してきました。
河竹黙阿弥のお墓がこちらにあります。
源通寺

浄土真宗大谷派「高徳寺」です。
こちらには、新井白石のお墓があります。
浅草から明治41年に移転してきました。
PB255709.jpg

以前あまり寺町の歴史に詳しくなかったころ、この辺りを通った際、「へぇ~
新井白石は、このあたりに住んでいたんだ~」と勘違いしていた時代があり
ます。
新井白石ご本人もまさか自分が中野にいるとは思っていないと思います。
新井白石

臨済宗「龍興寺」です。
当日は葬儀の準備が進行中でしたので、門からそっと撮影したのが下の
写真です。
龍興禅寺

臨済宗のお寺が並びます。
牛込から明治39年に移転してきた「松源寺」です。
松源寺

門前に「さる」の石像があります。
昔、こちらの住職様が隅田川の渡し船に乗ろうとした際、猿が和尚様の衣
をくわえて舟に乗ることを妨げたため、転覆した舟に乗らずに助かったとい
う故事から「さる寺」と呼ばれるようになったということです。
猿

続いて曹洞宗「宗清寺」です。
芝松坂町より大正2年に移転してきました。
宗清禅寺

宗清寺のお隣は、曹洞宗「保善寺」になりますが、ちょうどこちらの大和尚
様ご葬儀だったため写真は遠慮させて頂きました。
こちらは、牛込通寺町から明治39年に移転してきたお寺です。

保善寺のお隣が曹洞宗「天徳院」です。
ビルタイプのモダンなお寺です。
明治40年に神楽坂から移転してきました。

こちらには、浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷におよんだ際に、内匠頭を
後ろから抱きとめた梶川与惣兵衛のお墓があります。
時代が過ぎ、吉良上野介のお墓も上高田寺町にありますので何かの因縁
ですね。
天徳院

最後は、早稲田通りの反対側にある隆曹洞宗「龍昌寺」です。
こちらのお寺、知らないと境内には入れないと思います。

手前に洗車センターのレーンがあり、洗車レーンをまたぐようにして境内に
入ります。
手前が早稲田通り、奥に見えるのが境内です。
隆昌寺入口

こちらも四谷塩町から明治40年にこちらに移転してきました。
隆昌寺

このあたりは、早稲田通りが鞍部になっており、通りに面して寺院の建物
があり、その後ろの傾斜地に墓地があるという構成になっています。
写真ではわかりにくですが、上高田4丁目方面に道路が下っています。
下り道

左手が墓地で、右側が上高田4丁目方面の民家です。
路地

駅から微妙に離れているため、なかなか行きにくいエリアですが、昨日の新
井薬師参拝にあわせて寺町巡りはいかがでしょうか!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 東京の寺町 | コメント:0 | トラックバック:0
<<12月29日発583系「あけぼの81号」寝台券確保しました! | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 中野区新井薬師(梅照院)界隈散歩です>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。