The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
武蔵野湧水池 関町「富士見池」から本立寺まで~来週12/9・10は関町ボロ市です~
2012-12-03 Mon 19:30
西武新宿線武蔵関駅南口から北口を歩きます。

武蔵関では、12月9・10日の冬の風物詩「関町のボロ市」が行われます。
詳細のちほどご紹介させて頂きたいと思いますが、まずは武蔵野湧水池の
一つ「富士見池」がある南口から散歩を開始したいと思います。

まずは、武蔵関駅南口から歩いて5分程度のところにある「天祖若宮八幡
宮」です。
天祖若宮1

練馬区教育委員会による由来記です。
奈良時代創建の古社と記載されています。
案内

1843年に造営され、昭和48年に改築された社殿です。
赤い屋根が色鮮やかです。
天祖若宮本殿

こちらの神社、住宅地のど真ん中にある神社ですが、長い参道が残ってい
ます。
下の写真は一の鳥居?、先ほどの社殿をのぞむ鳥居は二の鳥居のような
位置にありますが、この一の鳥居(下の写真)から赤屋根の社殿までは、
200m以上あるのではないでしょうか!
鳥居

天祖若宮八幡宮参道から西武線線路に向けて土地は下っています。
このあたりは、石神井川の河岸になります。

西武新宿線は、石神井川沿いを走っています。
写真は、所沢方面から来た電車を撮ったものです。
このあたり、桜の季節も桜並木が見事です。
西武線

線路沿いに歩くこと、2~3分で武蔵関公園(富士見池)に到着です。
井の頭池三宝寺池善福寺池妙正寺池などと同じ武蔵野50~55m
崖地から湧き出る湧水を源とする池です。

井の頭池(井の頭公園)・三宝寺池(石神井公園)が東西両横綱、善福寺
池(善福寺公園)が張出横綱、妙正寺池(妙正寺公園)とこちら富士見池
(武蔵関公園)が両大関といった感じでしょうか!(何のこっちゃという感じ
ですが)
関町公園

池奥の方から眺めた富士見池です。
右側に見える木立は池中央にある中ノ島です。
一番奥に西武新宿線が走っています。
全景

富士見池を囲むように石神井川が流れています。
説明にもありますが、今は石神井川から水を一時的に流し込み、洪水対
策の役目を果たしています。
池案内

池の周囲では、紅葉風景をスケッチする方々が多く見られました。
スケッチ

こちらの公園は、周辺住民の方々の散歩・ジョギングコースとして利用され
ています。
公園風景

他の武蔵野湧水池と同じような地勢です。
崖

大きな石碑と紅葉する木々の取り合わせです。
石碑は、練馬区に長く在住された書道家松井如流氏の作品を石に刻した
ものです。
石碑

武蔵関公園(富士見池)から西武新宿線の反対側にあるお寺が日蓮宗「本
立寺」です。
江戸初期創建されたお寺で、石神井川を見下ろす斜面にあります。
本立寺山門

練馬区教育委員会による案内図です。
本立寺

本立寺では、毎月12月9日に「お会式(おえしき)」が行われます。
「お会式」とは、宗祖日蓮上人の命日にあわせて行われる大法会で、新暦
では11月21日になりますが、こちらでは12月9日に行われているようです。
案内ボロ市

関町では、この本立寺のお会式にあわせて、12月9日・10日に蚤の市が
行われています。
この蚤の市は、「関のボロ市」として、練馬区指定無形民俗文化財に指定
されている伝統行事で、関町北口駅前から本立寺方向にかけて300軒近
くの露店が店を出す盛大な冬の風物詩です。

12月9日・10日は、この通り両側に露店が並びます。
遠くに見えるのが、西武新宿線武蔵関駅です。
縁日通り

写真は昨年の本立寺境内の様子です。
ここ境内には、ボーイスカウトやJAのテントが並び、外には、びっしりと露
店が並びます。
R0013272.jpg

ちょうど12月9日・10日に向けて提灯の準備を行っているところでした(12
月2日の様子です)。
提灯

武蔵駅北口すぐのところに銭湯「関の湯」があります。
駅から最も近い銭湯の一つではないでしょうか!
PC025829-1.jpg

入口に貼紙が---
「休業のお知らせ」かと思いきや--  営業しているという案内でした。
確かにパッと見は、もしや休業か!と思わせる雰囲気ありますので、こう
書いて頂くと安心です。
銭湯案内

「関のボロ市」の幟です。
練馬のゆるキャラは、練馬大根の「練人(れんと)ちゃん」です。
先日、TVで全国ゆるキャラコンテストのような大会を報道していましたが、
「れんとちゃん」もいい線いくのではないでしょうか!!
PC025824-1.jpg

駅前には、「れんとちゃん」の幟がはためき、来る日・月に向けて盛り上が
りを見せています。
幟

西武新宿線で高田馬場駅から20分程度です。
冬の風物詩「関町ボロ市」一度いかがでしょうか!

※武蔵関の昭和風景については、チロル猫(ねこや)様ブログ
「猫屋横丁 首都圏古い町並み探検」(武蔵関駅ホーム横の昭和情景)
に貴重な写真が掲載されていますのであわせてご覧頂ければと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
<<杉並の超地味な湧水ポイント 善福寺川原寺分橋近くの湧水です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 荻窪の老舗蕎麦屋「本むら庵」とその界隈散歩>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。