The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
毎年年末この時期になると思うこと(心筋梗塞入院中に思っていたこと)
2012-12-24 Mon 17:00
毎年年末クリスマスのこの時期になると思うことがあります。

15年以上前になりますが、静岡にある工場で事業所の人事担当として
仕事をしていた時期、暮れも押し迫った12月26日急性心筋梗塞を発症
し緊急入院したことがあります。

当時は、まだ年齢も30代半ばで、初めての子供が年明けすぐ2月初め
には誕生予定というなかなかえぐいタイミングでの発症でした。

心筋梗塞という病気は、心臓へ血液を送る環動脈が詰まり、血流が途
絶えることにより心臓がストップあるいは一部が壊死するというかなり
危険な病気で、本によると致死率40%という数字が出ている場合もあ
ります。

当方、それまで歯科と眼科しか行ったことがなく、まさか自分が心臓病
で倒れるとは思っていませんでしたので、まずはびっくり仰天でした。

結局40日間入院し、カテーテル手術も成功し退院となったわけですが、
この時にはいろいろ考えました。

手術自体の失敗する確率(=死亡率)は、3/1000と言われましたが、自
分にとっては0か100%のどちらかですので決して安心できる感じではあ
りませんでした。

翌月子供出産予定日のため、”生まれてくる子供の顔を見てから手術し
てもらおうかな”とも真剣に思いました。
(現実的には、治療スケジュールもあり難しく、出産前の1月に行いまし
たが)

入院中つらつら病室の天井を見上げながら考えたことは、「無事復帰でき
たら、まずはやっておくべきことからやっておかないとダメだな」という極め
て当たり前のことでした。

当方の場合、このままNG(=手術失敗)だった時に自分が「何をやり残し
として後悔しそうか?」
と思ったかというと
 ①いままでお世話になった方への感謝
 ②家族孝行、親孝行
でした。
<”豪華なフランス料理が食べたい”などとは思わなかったです。>」

人生観が変わるというと大げさですが、それまでは(まだ30代半ばでし
たが)”今は我慢、定年になったらゆっくり旅行しよう~”と年寄りくさい考
え方をしていましたが、この病気経験でそのような考え方は以前ほどし
なくなりました。

もう少し具体的に言うと
「いつかそのうちではなく、思いついたら後回しせず、後悔無いようにあま
りあれこれ考えずに行動してみよう」といった感じです。

今でも人との別れ際は、気持ちよく別れておきたいという思いがあります。

小さな例ですが、会社へ朝出る時にも”家族とケンカしていやな気分では
出てきたくないな”と思っており、一応(無理してでも)ニコニコ?して出る
ように心がけています。

これは、やはり心筋梗塞の体験から痛感したことで、厭世的に聞こえるか
もしれませんが、
”いつ人間終るかわからないな~、あとで何であんな別れ方したんだろう
と後悔するような別れ方はしちゃダメだな”という思いからの心がけです。

子供が父親の顔を覚えている時期(10歳位?)までは生きることが一つの
目標でしたが、2人の子供も記憶に残るであろう年齢になりましたので、ま
ずは目標達成です。

長男の年齢と自分の再出発してからの期間が重なり、毎年この時期を迎
えると上記のようなことを思い起こします。

時の経過とともに入院中に考えたこと・決意したことも忘れがちですが、年
越しの夜、一人でCCU(=集中監視治療室)で考えたこと、せめて1年1回く
らいは再確認しておこうかと思い、自分に言い聞かせる意味で雑文をブログ
記載させて頂きました。

※その後は、再発もなく毎日の飲酒を欠かすことのない全く制限ない日常
生活を送っております。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
<<正月準備風景~アメ横・仙台・高田馬場~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 冬の多摩川夕景&立川銀座の昭和的建物>>
この記事のコメント:
お大事に
zataro50 さん、その折は大変でしたね。
実は私も数年前、持病の悪化で生死をさまよった経験があります。
そして今、こうして生かされてる事に感謝し、毎日が最後とはいつも思ってるわけではありませんが、あれ以来、人生観がかわったのは事実です。
悔いのないよう、残りの人生出来るだけ笑って行こうと思ってます。
お互い身体に気をつけて頑張りましょう!(^O^)
2012-12-24 Mon 21:00 | URL | かのぼん #-[ 内容変更]
かのぼん様
コメントありがとうございます。かのぼん様の楽しいブログを見習って、今後とも無理せず自然体でいきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します!
2012-12-24 Mon 21:27 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
こんにちは
僕は心臓ではなくて頭の方でしたが入院した晩は、
人生が終わったかのように暗い気持ちなってましたねえ。
妙に看護婦(師)さんが優しく感じましたわ(笑)

だので仰るような覚悟がわかりますが、
今やそんな思いがどこへと行ったのやら、ご同様に毎晩のアルコールですわ(^^ゞ

ちょっとは自重を心がけるも時期が良くないですよねえ(笑)
2012-12-25 Tue 15:12 | URL | 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk[ 内容変更]
犬山にゃん太郎様
のど元過ぎれば--といいますが確かにそうですね! 当方も12月に入り自重できずにおります!
2012-12-25 Tue 22:13 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。