The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
2012年12月29日上野発「あけぼの81号」乗車記(その2)~東能代から終点弘前まで~
2013-01-01 Tue 17:09
新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

昨日の「あけぼの81号」乗車記その2です。

今回確保した寝台席は、中段と上段です。
583系寝台乗車は、「はくつる」「きたぐに」に続き、今回3回目になります
が、以前は必ず下段ないしは下段&中段を確保していました。

今回の中段・上段のみ確保という取り方は、地上に足がかりがなく、空中
楼閣に居住するようなものですので、結構きついものがありました。

まずは、高さの関係で上半身を起こすことができないため、駅弁食べるの
も首をかしげて食べる必要があります。

長時間、この状態を維持することは首への負担を考えるとリスクが極めて
大きく、短時間に食事を済ませないと体へダメージが残る可能性がありま
す(駅弁食べるだけなのに大げさですが)。

この状態はあらかじめ予想しており、上段に腰をかけ、中段に足を下ろす
スタイルで凌ごうという目論見でしたが、上段に坐るとやはり天井に頭が
つき、首をかしげての飲食はどうしても必至でした。

ということで上野駅発車後、すぐに駅弁を広げ、首を横に傾けながらビール
を飲んでそそくさと寝ることにしました。

それでも寝たのは、高崎停車(22:14)後、割と頑張った方です。

高崎の次の停車は、3時27分の鶴岡(山形)です。
まどろみの中、多くの方々が駅へ出る動きは察知しましたが、あえなくパス。
結局まともに活動を開始したのは、7時4分東能代からでした。

写真は、東能代駅に停車中の「あけぼの81号」です。
駅の行く先表示が「青森行き」(本来は弘前)となっていますが、ご愛敬です。
東能代表示

東能代駅では、6分停車です。発車を待つ先頭車両です。
東能代先頭車両

隣のホームでは、五能線キハ40がいました。
五能線キハ40とのそろい踏み

あたりは一面の銀世界です。

夜行列車の醍醐味は、目を覚ますといきなりこのような光景が広がることに
あります。
つい先ほどまで年賀状印刷をしていたのに、目を覚ますと「雪国」です。

このギャップ(=非日常感)を味わうために夜行列車に乗るといっても過言
ではありません!
五能線車両

続いて大館駅の様子です。
大舘駅名表示

ホームには雪がありました。
583系のブルーの凛とした塗色がこの雪風景にはマッチしていました。
雪の大舘駅

大館駅ホームからの風景です。
「津軽海峡冬景色」そのものです(大館は秋田県ですが)
大舘駅外景

大館駅といえば、花善さんの「鶏めし」が名物です。
以前当方ブログ(あけぼの乗車記)でも紹介させて頂きましたが、前日ま
でに電話予約をしておくと1個からホーム車両デッキまで暖かい駅弁を届け
て頂けます。

いつもは、当方も頼んでいるのですが、今回は弘前終点で、大館~弘前間
40分くらしかありません。
あわただしいのでパスしていましたが、乗客の方で結構予約していた方が
いらっしゃいました。
写真は、無事「あけぼの81号」の各車両への鶏めし配達を終え、引き上げ
る花善さんの社員の皆さんです。

寒い中、配達ご苦労様です!
花善社員

終点弘前駅に到着した583系「あけぼの81号」です。
乗車車両横

一晩お世話になった「モハネ582-100」4号車です。
(モハネとは、電動車両のB寝台車の略号です)
車体番号アップ

以下しつこいですが、弘前駅に無事定刻通りに到着した583系雄姿です。
弘前駅先頭車

少し斜めから
回送を待つあけぼの

サイドビューです。
あけぼのサイドビュー

どアップです。
ヘッドマークアップ

反対ホームからも弘前駅から「あけぼの81号」回送を見送るファンの姿が
たくさんありました。
隣ホームの様子

あまけです。鰺ヶ沢行き五能線キハ48です。
キハ48鰺ヶ沢行き

もう一つおまけで、弘南鉄道黒石行きです。
弘南鉄道

弘前駅では、真っ赤なりんごが迎えてくれました。
弘前りんご

夜行下車後は、いつも近場の日帰り温泉などで旅の疲れをいやすことにし
ています。

定期運行の「あけぼの」では終着駅青森駅の「まちなか温泉」、サンライズ
出雲の時は出雲市駅の「らんぷの湯」、夜行高速バスで京都行きの時は、
京都タワー地下のタワー温泉などにお世話になっています。

今回は、弘南バスに乗って弘前駅から5分程度の天然温泉「リコルソさくら
野」へ向かいます。

弘南バスの木製床が懐かしいです。
弘南バス

「リコルソさくら野」入口です。
さくら野という百貨店の4Fにある天然温泉です。

ほとんど入浴客もおらず大きな大浴場を次男と2人占めです。
さくら野温泉

駅へ戻り、立ち食い蕎麦で旅終了のお祝いです。
その後は、新青森経由で宮城の実家へ戻り、現在宮城の実家に帰省中です。
駅そば

上りの「あけぼの82号」は、1月3日17:55弘前駅発です。
寝台確保されている方、ぜひ最後(に近い)583系の旅、楽しんでください!!

にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 鉄道 | コメント:0 | トラックバック:0
<<2013年元旦奥州一之宮塩竈神社初詣記 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 2012年12月29日上野発「あけぼの81号」乗車記(その1)~上野発車&車内写真編~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。