The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
港町塩釜(宮城県)の昭和風景
2013-01-03 Thu 15:40
昨日は、元旦の塩竈神社初詣の風景をUPさせて頂きましたが、引き続き
塩釜の町風景です(今回は、以前の写真ですので残念ながら既に消滅して
いる風景が多いです)。

まずは、港町塩釜らしい大漁旗がはためく風景です。
昨日の写真の蔵元「佐浦」の前の空き地の写真です。
大漁旗

同じ空き地に置かれていた大きな桶です。
何か醸造用の桶でしょうか?

今この場所には塩釜復興支援のためのプレハブが建っています。
大樽

「佐浦」から西塩釜駅方面に少し行ったところにある”酒肉屋”さんです。
この写真では、肉屋さんの感じですが、実は反対側の壁にはお酒が並んで
いますので、酒肉屋さんはうそではありません。

こちらは、今も営業中だと思います。
肉屋

図書館などが入る「壱番館」近くにあった食堂「まるとし」さんです。こちらの
建物は既に無くなっていました。
昔懐かしい食堂で、和でも中華でも何でもOKタイプの食堂でしたが、残念
ながらです。
大衆食堂1

昨日の記事で「すし哲」「しらはた」裏にあったと紹介の魚市場の在り日の
姿です。
小さなアメ横のような感じで、いい雰囲気の市場だったのですが、残念です。
塩釜魚市場

魚市場の裏風景です。
軒数は多くはありませんでしたが、居酒屋が並んでいました。

料理で使用したのでしょうか?
ネットには、カニの殻が入っています。
#C303158

続いて西塩釜駅周辺の風景です。西塩釜駅は、本塩釜駅から一つ仙台寄
りですが、駅間短く歩いてもすぐです。
西塩釜

西塩釜駅から本塩釜駅方面にかけても昔の建物が残っているエリアです。
このあたりも少しづつ建て替え進んでいるようです。

駅前の小鳥店です。
駅前の感じではありませんが、駅徒歩10秒のエリアです。
西塩釜民家

こちらは,塩竈神社車の参道近くの風景です。
石造りと木造家屋が並んで大通り沿いに建っています。
こちらは、まだ健在だと思います。
塩釜神社石造

「志ほがま」の丹六園脇の道沿いにある米屋さんです。
趣ある佇まいですね。
塩釜神社下

続いて本塩釜駅近くの風景です(今までの写真も本塩釜駅から徒歩10分
圏内ですが)

仙石線ガード近くの「越前屋」さんです。
名前が水戸黄門的ですね。
もう長いこと営業はされていないと思います。
越前屋

シンプル極まりない看板です。
一度、ここでうどん食べてみたかつたです。
越前屋看板

続いて本塩釜駅の港側、津波被害が大きかった地域の写真です。

下は駅前に並んでいた商店です。
一度更地になり、新しく建物が建ち始めています。
駅前にはロータリーもつくられました。
駅前商店

P1031189.jpg

上の写真の商店の一部です。
看板建築の壁に文字が浮きあがっています。
駅前商店酒屋

こちらは、松島への観光船の乗船場所「マリンゲート」前の商店です。
現況は不明です。
P1031179.jpg

塩釜の飲み屋街「尾島町」界隈の写真です。
飲み屋街

山形の看板が印象的なクリーニング屋さんです。
クリーニング屋

このあたりの風景も変わっていると思います。
何となく北海道的というか大陸風の風景です。
道路沿い風景

以上、港町塩釜の昭和風景でした。
塩釜は、仙台から仙石線で30分弱、松島観光の入口でもあり、昨日ご紹
介の塩竈神社、寿司の名店など見所多いエリアです(駅近くには、「シェ
ヌー」というフランス料理の名店もあります)。

ぜひ一度観光にいかがでしょうか!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 消えた光景 | コメント:2 | トラックバック:0
<<仙台駅裏「二十人町・鉄砲町」界隈~再開発で大きく町の様子変わりました~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 2013年元旦奥州一之宮塩竈神社初詣記>>
この記事のコメント:
塩竈
塩竈は、たぶん観光バスで通ったのでしょうが、
笹かまぼこ工場以外に記憶がありません、それもどこにあったんだろうかと。

震災で変わってしまった故に、こうやって塩竈の町風景が見られるのはありがたいですねえ。
僕的には被写体だらけの良い町だったんですねえ^^
2013-01-04 Fri 15:56 | URL | 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk[ 内容変更]
Re: 塩竈
犬山にゃん太郎様
コメントありがとうございます。
おそらく訪問された笹かまぼこ工場は、港寄りのかまぼこ工場だと思います。
帰省時に仙石線から確認しましたが、津波により工場があった一帯は、空き地
となっておりました。
塩竈神社界隈は、昔の雰囲気まだ残っておりますので、機会またありましたら
ぜひお立ち寄りください。
今年もよろしくお願い致します。
2013-01-04 Fri 16:52 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。