The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
三鷹陸橋(三鷹電車庫跨線橋)~太宰治ファン・鉄道ファンにはおすすめです~
2013-01-22 Tue 19:30
通勤では中央線を利用していますが、夜飲み過ぎで乗り過ごしのポイント
になる駅がここ三鷹駅です。

当方、西荻窪駅が最寄駅ですが、乗り過ごしても三鷹駅で留まればOK
(総武線も戻りで使えるため)、三鷹駅を超えると面倒な印象です。

普段は乗り過ごし駅程度しかあまり縁のない三鷹駅ですが、日曜日に所
用が出来、三鷹へ行ってきました。
その際にせっかくなので、鉄道ファンには有名なポイント、三鷹陸橋に寄る
ことにしました。

三鷹陸橋は、三鷹車両センターの線路の上を渡る跨線橋で、正式には「三
鷹電車庫跨線橋」というようですが、普通「三鷹陸橋」と呼ばれています。

三鷹駅北口を出てすぐ左にある小さな商店群です。
何となく競馬場あたりにありそうな店構えです。
駅前の立ち食い蕎麦

三鷹駅の下を玉川上水を流れています。
写真は、玉川上水側からお店群の裏を見た風景です。
裏から

こちらは総武線ホームから見た玉川上水です。
ホームの真下を流れていること、おわかり頂けるかと思います。
木があるところが玉川上水です。
玉川上水

今回は、北口からアプローチです。
線路際の道を武蔵境駅方面に向かって歩きます。
陸橋へ向かう

三鷹陸橋に着きました。
三鷹駅からは10分弱といったところです。
陸橋下には、「跨線橋前」というバス停があります。
バス停


午後の日差しを浴びる三鷹陸橋です。
陸橋下

全長93m、鉄道ファンのためにあるような陸橋です。
この日も電車好きなお子さん連れの親子の姿がありました。
陸橋全体

昭和4年につくられた古い跨線橋です。
古い跨線橋らしく古レールが多用されています。
無骨なスタイルですが、どことなく懐かしさを感じるスタイルです。
古線路

小さなお子さんの”スーパーあずさ、スーパーあずさ!!”の声につられて
思わず撮影したのが下の写真です。
スーパーあずさ

南側の階段です。
こちらは、太宰治ファンの方には有名なポイントでもあります。
太宰階段

橋の下にある説明板です。
太宰治が階段を下りてくる写真です。
上の写真と同じ場所ですね。
説明板

階段下には、太宰ゆかりの地の説明板と小さな椅子があります。
ここの坐って太宰治の姿を思い浮かべる太宰ファンの方も多いのではない
でしょうか!
椅子
太宰ファンの方、鉄道ファンの方、一度陸橋訪問いかがでしょうか!
結構楽しめます!
にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 鉄道 | コメント:1 | トラックバック:1
<<住みたい街NO1.吉祥寺~駅近の四軒寺です~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 青梅街道沿いの養蚕屋敷?(杉並区上井草4-6) ついに解体になっていました>>
この記事のコメント:
太宰さまですね
zataro50さんは、太宰治作品はよく読まれますか?
雨男は、高校生のときに彼の人生を知り、そこからあまり読まなくなりましたが、『走れ、メロス』はよく覚えています(中学生ですね)
文豪たちと同じ目線にたち、その思索の道筋をたどってみることも楽しいことですね。
2013-01-23 Wed 00:35 | URL | 雨男博士 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
人間失格太宰 治 刊発売日 2012-09-27「無頼派」「新戯作派」の破滅型作... …
2013-02-02 Sat 15:07 あれ欲しい
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。