The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
白隠(江戸中期の禅僧)展に行ってきました
2013-01-24 Thu 19:30
2012年12月22日から2013年2月24日まで、渋谷「Bunkamura
ザ・ミュニジアム」で「白隠展」が開催されています。

白隠とは、現在の臨済宗の法系をさかのぼると、すべて白隠に行きつく
と言われるほどの江戸時代中期禅宗における巨星です。

当方は曹洞宗の寺院で坐禅を組んでおりますが、日々坐禅を行う者とし
て500年に1人の英傑として讃えられる白隠禅師の遺徳に少しでも触れ
るべく「白隠展」に行ってきました。

開催されているのは、渋谷東急本店の横にあるBunkamura ミュージアムです。
文化村

入館料は、一般1400円、会期中は、平日10:00~19:00、金・土日は、夜
21時まで開館していますので会社帰りでも十分拝観できます。

白隠は、80余年の生涯の中で多数の書画を遺していますが、各地の寺
院などに分散していることもあり、一般観客の目に触れることは今まで稀
であったとのこと。

今回の白隠展は、40数カ所の所有者から大作を中心に100点以上を集
めたかってない規模の白隠展とのことです。
パンフ

白隠の書画は、写真では見たことありましたが、実物は初めてです。
想像していたよりも大きく、太々とした墨跡、迫力ある禅画は、見ごたえあ
る展示でした。
P1236339.jpg

下は、白隠展で購入した図録と絵葉書です。
真ん中上の絵葉書は、白隠が公案した禅の代表的な公案「隻手」の公案
そのものです。
図録

昨年3月に静岡原にある白隠が住職をつとめていた松蔭寺に行ってきまし
た。
かって全国から白隠を慕って何百人もの修行僧が集まったという面影はう
かがえませんでしたが、ひっそりとしたその佇まいは白隠ゆかりのお寺とし
て今なおその遺徳を継承しているような印象を受けました。

「白隠展」は2月24日まで開催していますので、興味お持ちの方、この機
会お見逃しなく!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 日々の坐禅 | コメント:0 | トラックバック:0
<<金曜日夜からのぶらり旅~雪の京都散歩~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 住みたい街NO1.吉祥寺~駅近の四軒寺です~>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。