The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
荻窪天沼陸橋際のハンコ屋さん
2013-03-04 Mon 19:30
新宿から青梅へ向かう青梅街道ですが、荻窪駅手前の下の写真「天沼
陸橋」で中央線をまたぎます。

写真は、天沼陸橋上から荻窪駅方面をのぞんだ写真です。

天沼陸橋が完成したのは、昭和30年ですが、それまで青梅街道は踏切
で中央線を渡っていました。
現在、線路際から交番横を通ってタウンセブン前の道が以前の青梅街道
です。

都電荻窪線(14系統)も天沼陸橋が出来る前は南口終点でしたが、天沼
陸橋完成後は、陸橋越えして北口に到着しました。
天沼陸橋

現在、天沼陸橋と陸橋が出来る前の旧青梅街道の分岐点には、「ラーメン
二郎荻窪店」があります。
二郎

陸橋出来てから60年近く経ちますので、陸橋歩道の柵もずいぶん年季が
入った感じになっています。
古い柵

阿佐ヶ谷方面から天沼陸橋を降りたところに、小さなハンコ屋さんがありま
す。
建物一辺3mくらいでしょうか、小さな小さな建物です。

後ろには荻窪一の高層ビル18階建てのインテグラルタワーがそびえたって
います。
ビルと判子屋

店内はキチンと整理され、着実な営業を続けられている様子がうかがえ
ます。
はんこ屋

左側が青梅街道です。
ハンコ屋と青梅街道

集英社新書に「二畳で豊かに住む(西和夫著)」という本がありますが、こ
のハンコ屋さんのような小さな仕事場に憧れるところがあり、いつかこうい
う事務所で一人で仕事するのも悪くないな~とここを通るたびに思います。

荻窪駅の高架化ネックにこの天沼陸橋の存在があると聞いたことがあります。

荻窪駅界隈にまだ昔の昭和風景が残っているのは、高架化を結果として阻
止する形になっているこの天沼陸橋の存在のおかげかもしれませんね。
にほんブログ村 鉄道ブログ ブルートレインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 町歩き | コメント:2 | トラックバック:0
<<荻窪駅南口古本「ささま書店」掘り出し物こちらで見つけています! | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 荻窪駅南口プチ観光名所紹介(明治天皇小休所&旅館西郊&大田黒公園)>>
この記事のコメント:
こんにちは。

この都道にしても環八にしても、既に立体交差化出来ている訳ですし、踏切も残っていませんから、今後も立体化の話が出ることはないでしょうね。陸橋の老朽化対策工事が必要になった時にどうするかはわかりませんが…。
2013-03-04 Mon 19:59 | URL | kanageohis1964 #-[ 内容変更]
Re: タイトルなし
kanageohis1964様
ご指摘通りです。既に道路の高架化が終わっているので渋滞対策にはならないですし、せいぜい南北行き来の容易化くらいの効果ですので。天沼陸橋改築の時期が高架化の時期ですね。
2013-03-05 Tue 00:43 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。