The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
小平市小川界隈 小川分水の流れ(最終回)
2013-03-28 Thu 19:30
(その1)から続きます

昨日の貴重な現役民家建築の前に写真の日枝神社があります。

この鳥居ですが、高さは160cmくらい、かわいい鳥居です。
P3246858.jpg

こちらの神社も小川村の開拓の歴史とともに歩んできたようです。
P3246857.jpg

特徴がある社殿ではありませんが、村の鎮守様という感じで好印象です。
P3246859.jpg

4月7日には春祭りのようです。
”奉納演芸大会(カラオケ)”というのが、何となく微笑ましいです。
P3246860.jpg

こちらの神社の裏にも小平名物 ”用水路”の姿を見ることが出来ます。
P3246856.jpg

日枝神社から少し小川橋方面に歩いたところで見かけた昭和の典型的な一戸建て住居
群です。
P3246888.jpg

空き家のお宅が多かったですが、昔はよく見かけた懐かしい建物です。
P3246889.jpg

小川分水には、彫刻の谷緑道が整備されており、用水路際を歩くことができます。
P3246891.jpg

水路幅は狭いですが、やはり水風景いいものです。
P3246850.jpg

正面のお宅は、まさに用水路の上に建てられています。
P3246896.jpg

玉川上水の小川橋交差点に到着です。
P3246902.jpg

正面が立川方面です。
P3246904_20130324190333.jpg

こちらはジャングルのような新堀用水です。
P3246898.jpg

羽村の堰から取り入れられた多摩川源流は、小川橋の少し上流の小平監視所までで、この
あたりは「清流復活事業」にて水流が復活したエリアです。

昭島市宮沢で処理された下水が流されています。
P3246907.jpg

こちらは、玉川上水本流です。
いつかそのうち、羽村の玉川上水源流からのんびり三鷹あたりまでトレースしてみたいと思い
ます。
P3246905_20130324190943.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
<<JR時刻表通巻600号記念特別号 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 小平市小川界隈(江戸時代の開拓村で今でも用水路風景が残ります)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。