The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
新潟 良寛さんを訪ねる旅(その1)~本成寺から弥彦神社~
2013-03-31 Sun 13:34
週刊朝日百科「仏教を歩く」の最新号は、「良寛」特集です。
良寛

以前、桜の季節に新潟へ良寛さん所縁の地を訪ねたことがあります。

その時は、仕事でちょっとしたトラブルがあり、日常の仕事とはまったく違う
世界の存在のように思えた良寛さん所縁の地を訪ねることにより、少しは
気分転換が図れるかな~と思って出かけました。

上越新幹線に飛び乗り、前泊で燕三条駅近くのビジネスホテルに宿を取り、
翌日はレンタカーで新潟県内を回るという大雑把な予定です。

1日の予定ですので比較的朝早くホテルを出発し、まずは三条市内にある
法華宗陣門流総本山「本成寺」に行くことにしました。

当初から予定していたわけではないのですが、ホテルの部屋に置いてあっ
たパンフレットを見ていく気になりました。

あまり期待していなかったのですが、訪問してその規模の大きさにびっくり
です。
広大な寺域に三門、本堂など規模の大きな建築物が建っています。
本成寺1

こちらの三門は、東京御成門の増上寺三門と色といい形といい、雰囲気が
似ています。
本成寺山門

斜めから見上げた山門です。豪壮な山門ですね。
山門斜め

法華宗陣門流は、日蓮門下の一派ですが、ここ本成寺を総本山として主に
東日本にその宗勢を広げているようです。

本堂に掲げられている根本道場の額です。
額

境内には、八重桜も満開でした。
花

続いて、越後国一宮「弥彦神社」へ向かいます。
参道遠景

駐車場近くには、写真のような露店も出ていました。
露店

長い参道を経てようやく拝殿に到着です。凛とした雰囲気が周囲に漂います。
弥彦神社

社殿は、大正時代に再建されたもので国登録有形文化財です。
背後には弥彦山を仰いでいます。
参道

弥彦神社からは、弥彦山まで登山道が続いています。
主要時間90分。
この時は、時間の関係もあり、ロープーウェイで山頂まで一直線でした。
山道

弥彦山山頂です。
標高は638mと大したことはないですが、その眺望は抜群です。
山頂

越後平野側の眺めです。
日本の穀倉地帯(この言葉、最近あまり使われなくなったような気がしま
す)一面田んぼの越後平野の風景です。
新潟平野

こちらは駐車場越しの日本海です。
駐車場 (2)

この時は、穏やかな日本海風景でした。
日本海

ロープーウェイで一挙に山麓駅まで戻ります。
ロープウェイ
次回は、良寛さん故郷「出雲崎」紹介です(その2へ続きます)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:2 | トラックバック:0
<<新潟 良寛さんを訪ねる旅(その2)~良寛のふるさと出雲崎~ | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | JR時刻表通巻600号記念特別号>>
この記事のコメント:
ようこそ 新潟 ヽ(^。^)ノ

とは、云っても以前でしたね^^

他県の方が新潟ネタを書かれるとやっぱり嬉しいものですねえ、
出雲崎、、、またプロフのアイコンへ行くのですねえ、
あのアングルは、なかななどうして普通では見つけられませんよ。
2013-03-31 Sun 19:02 | URL | 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk[ 内容変更]
地元訪問、失礼させて頂きます。しばらく新潟シリーズ続けさせて頂きます。(1日で回った記憶があったのですが)記録みていたら朝出て三条で宿泊、翌朝から活動と丸2日間の旅路でした。
2013-03-31 Sun 22:14 | URL | zataro50 #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。