The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
井草八幡宮内「井草民俗資料館(杉並区善福寺)」見学
2013-04-07 Sun 18:47
青梅街道井草八幡入口隣にあるコジマに買い物に行ったついでに久しぶ
りに井草八幡宮に寄ってみました。

昨年10月14日の流鏑馬以来ですので、久しぶりの参拝です。

井草八幡内には、「井草民俗資料館」という資料館があるのですが、開館
日が月1回第一日曜日10:00~15:00のみという”幻の資料館”という
こともあり、今まで訪問の機会がありませんでした。

ちょうど今日が第一日曜日で開館のため、せっかくなので覗いてみることに
しました。

青梅街道沿いの北鳥居は再建工事中ということで、北参道は閉鎖されて
いましたので、今日は普段あまり通らない脇の道から境内に進みます。
鳥居工事

脇参道途中には、解体された石鳥居が置かれたエリアがありました。
石鳥居

立看板も設置されてあります。
2011年東日本大震災の際に、貫石が落下し維持が困難となったため、
ここに解体保存することになったとのことです。

以前は北参道の中ほどに建っていた石鳥居です。

普段通らない道を歩くと新たな発見があります。
鳥居説明

脇道からの境内入口です。
脇入口

北参道から入ると写真のフェンスのところで赤の楼門に出ますが、今は閉鎖
されています。
工事中参道

こちらは、昨年10月に流鏑馬が行われた東参道です。
ここを武者を乗せた馬が駆け抜けました。
参道

井草八幡宮のシンボル的な存在、赤の楼門です。
楼門

ゆっくり歩いてみると境内には多くの灯籠があることに気がつきます。
灯籠

昨日の爆弾低気圧一過の青空を背景した本殿です。
コンクリート造りの殿内には、1964年に今川氏が改築した朱塗りの本殿が
あり、こちらが杉並区最古の木造建築物です。
本殿

境内を抜けた奥に目指す「井草民俗資料館」があります。
今日は無事!公開日でした。
第一日曜日ですので大丈夫と思っていましたが、実際の開館の表示を見る
と安心します。
開館案内

こちらの木造建築は、旧社務所的な役割の建物でしょうか?
社務所

ガラスには、定番御嶽山のお札が貼られていました。
井草八幡境内でも他所のお札貼るんですね!
御札

更に奥へ進みます。
井草八幡宮付属の八幡幼稚園の脇を入って行きます。
要所要所に表示板があるので、迷うことはありません。
幼稚園

資料館の案内が続きます。
博物館途中

正面の建物が目指す井草民俗資料館です。
博物館のぞむ

ようやく到着です。
町の公民館のような建物です。
博物館

入口に受付の方がいますので、入館料200円を支払い、館内見学です。
館内は撮影禁止になっていましたので、館内写真はありません。

入場券とパンフレット(有料)です。
展示物詳細は、井草八幡宮HPをご参照願います。
パンフ

最後に北鳥居の正面にある看板建築の健在を確認して、買い物ついでの
プチ散歩を終了しました。
看板建築
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 寺社仏閣 | コメント:1 | トラックバック:0
<<大宮八幡宮(杉並区大宮)都内第三位の敷地面積を誇る大社です | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 皇居お濠端の菜の花?風景>>
この記事のコメント:
初めまして
初めまして。先日はブログにコメント頂きましてありがとうございました。
ZATAROさんの記事は景色がとても綺麗ですね。
いい旅夢気分っという番組を見ているようで、東京にいたら、いきたくなってしまう風景ですね。
皇居の菜の花よかったー。
この何気ないお花がいいですね。

掛川は摂心の時だけですか?
是非、あの少林寺さんのあたりも写してくださいませ。

これからもよろしくおねがいします。
2013-04-08 Mon 15:01 | URL | まっくマロン #-[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。