The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
赤滝鉱泉(栃木県矢板市)再訪記
2013-04-14 Sun 16:55
4月13日(土)一泊で栃木県矢板にある赤滝鉱泉に行ってきました。

昨年GWに行きましたのでちょうど1年ぶりです。
(去年の訪問記事です。その1その2その3その4

後ほどご紹介させて頂きますが、宿の雰囲気はまったく変わっておらず
安心しました。
そういう意味では、記事内容も前回とダブる部分が多くなるかと思いま
すが、宿の近況報告ということでご紹介できればと思います。

今回も旅の相棒は次男です
(長男は土日も部活テニス練習で休みなしのため、当方にイヤな顔せず
にお付き合い頂けるのはもっぱら次男です)

今回は、木曜日に急に思い立ち金曜日に予約の電話を入れました。
来週以降GWも何かとイベントが重なり、なかなか泊りでの旅行は難しそ
うなので”思い立ったが吉日”と発作的な湯治旅です。

こちらの宿ですが、つげ義春さんの訪問する昔ながらの鉱泉宿のイメージ
に最も近い貴重な宿です。
前回の宿の方の自然体の応対も心に残るものがあり、1年振りに再訪と相
成りました。

前回同様、プチ贅沢旅行ということで新宿まで湘南新宿ライン普通グリーン
でまずは宇都宮に向かいます。
宇都宮で乗り換えになりますが、矢板は宇都宮から30分程度ですので、
自宅を午後出発で十分です。

また、普通グリーン料金は、ホリデ-割引&事前購入でグリーン料金お値
打ち750円ですので、のんびりゆったり旅には最適です。

途中、池袋~大塚間で最近よく見かけはしますが、まだ乗車したことはない
「緑の山手線」と並走しました。

この緑の山手線ですが、山手線カラーが緑になった1963年から今年が
50周年ということで、今年1月から12月まで期間限定で1編成だけ運行
しているものです。

型式は、写真にも写っているようにE231系なのですが、側面から見た感
じは、103系山手線再来か!と思わせる見事な車両デコレーションです。

写真は、湘南新宿ラインE231系グリーン2階からの撮影ですが、ちょうど
同じ速度で並走してくれたのであまりブレずに撮ることが出来ました。

そのうち、一度くらいは、この編成にあたることも12月まではあるかと思い
ます。
緑の山手線2

宇都宮駅到着してから時間があったので、宇都宮名物餃子で昼食とする
ことにしました。

宇都宮駅東口は、少し前まで何もない殺風景な雰囲気でしたが、駅すぐの
ところに餃子広場が開設されていました。
餃子広場

餃子広場の案内図です。
地図

当方、何でもそうなのですが、並んでまで何か食べるという意欲がないため、
空き席が確認できたこちらのお店に即決です。
店入口

まずは昼間からのビール!
ビール

続いて餃子3人前とライスセットが到着しました。
当方2枚、次男1枚で3人前です。

変わり餃子もありましたが、一番オーソドックスな餃子にしました。
おいしい餃子で、ご飯が進みます。
餃子

餃子キャラクター「スタミナ健太」くんです。
この餃子広場には、健太くん以外にも様々な像がありました。
マスコット

結構強引な気がしますが、力士像です。
力士

宇都宮餃子でお腹一杯になったところで、目的地矢板へ向かいます。
矢板駅では、前回同様宿の送迎をお願いしてありました。
行き帰りで1000円で送迎頂けますので、汽車旅の方は事前にお願いして
おくことをおすすめします。

4輪駆動で、道に慣れた人以外には無理と思われる急坂を下ると目指す
赤滝鉱泉が見えてきます。
赤滝横から

田舎の親戚の家でお世話になるような感じです。
前回とこの佇まいは、まったく変わっていません。
受付

宿入口です。
赤滝鉱泉の由来について記した木の額があります。
入口

由来を見ると、江戸時代から続く歴史ある鉱泉宿で、明治4年には赤滝鉱
泉として宿名を登録し今まで鉱泉宿を続けています。

今回お世話になった建物も江戸幕末の建物ということで、こちらは本当に
歴史のある鉱泉宿です。
由来書き
長くなりましたので、続きは次回とさせて頂きます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 温泉 | コメント:2 | トラックバック:0
<<赤滝鉱泉(栃木県矢板市)再訪記(その2) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 高円寺春景色(杉並区高円寺)>>
この記事のコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-14 Sun 22:10 | | #[ 内容変更]
赤滝鉱泉
うしゃー (^^)v
ここは、どんな温泉なんだろうと思わせてくれます。
いいすなあ、
そしていくさ前のビールに餃子がまたたりませんね。
2013-04-14 Sun 22:17 | URL | 犬山にゃん太郎 #WVb5vgCk[ 内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。