The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
赤滝鉱泉(栃木県矢板市)再訪記(最終回)
2013-04-16 Tue 19:30
ゆたんぽの入った布団の中で朝まで熟睡しました。
天気は快晴というわけではありませんが、気持ちのいい朝を迎えることが
できました。

朝食前には、朝の気持ちのよい空気を味わうべく宿の脇を流れる渓流沿い
を散歩しました。
川の方向から見た赤滝鉱泉です。
赤滝全景

下流方面を眺めた写真です。
宿は谷間にあり、谷には赤滝鉱泉以外の施設はありません。
下流

こちらは上流方面を見た風景です。
右手に見える赤い屋根の建物が一晩お世話になった建物です。
上流

水の流れが穏やかな淵のような場所がありました。
今回は、発見できませんでしたが、ここには魚もいると思います。
たまり

河原の散歩から戻り、いよいよ朝食の時間です。
この建物の横には、「トラくん」というワンちゃんがいます。

以前猫が2匹いましたが、今回は見かけませんでした。

お話を聞くと1カ月前から放浪の旅に出ているようでした。
3日違いに姿が見えなくなったとのことで、次回訪問の際には元気な姿見
せてくれることと思います。
川からの建物

部屋での朝食です。
ボリューム満点、夕食同様お櫃にはご飯が一杯です。
朝食
朝食後は、朝風呂に入り10時に宿を出発しました。
大変お世話になりました!

駅まで送って頂き、矢板駅からまっすぐ帰宅の途につきました。
矢板駅では、ハイキングのキャンペーンを実施中でした。
矢板駅
自宅を出てから丸1日の旅行でしたが、非日常的な空間に存分に浸ること
ができました。

「文庫本をカバンにつめて川の音を聞きながら寝ころびながら本を思う存分
読む!」 こういう理想的な旅が味わえます。

また、秋にはこちらでお世話になりたいと思います!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<春の曹洞宗大本山永平寺 | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 赤滝鉱泉(栃木県矢板市)再訪記(その2)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。