The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
両国回向院で行われている善光寺出開帳(4/27~5/19)に行ってきました!
2013-04-27 Sat 15:32
本日2013年4月27日から東日本大震災で亡くなった人たちの供養と被
災地支援を目的に、両国の回向院で長野・善光寺仏像(出開帳仏)を拝観
できる出開帳が行われています。

江戸時代から回向院は善光寺出開帳が行われてきた寺院で、1778年に
は60日間で1603万人が参拝したと記録に残っているとのことです。

また、回向院自体が、1657年に発生した「明暦の大火」の犠牲者供養の
ために建てられた寺院であり、関東大震災の犠牲者も供養されています。

そうした経緯から今回73年ぶりに出開帳が行われることになりました。

手元の江戸観音霊場巡りのご朱印を見ると2001年12月28日にここ回
向院を廻っていますので、12年ぶりになります。
(ご朱印帳には、必ず日付が入りますので、あとで振り返るとき便利です。
寺社仏閣巡りの際にはぜひおすすめです)

今回は73年ぶりの出開帳で、本当に貴重な機会です。
両親被災地に住んでおりますので、趣旨にも共感して初日の今日27日、
早速行ってきました。

総武線ホームにも、善光寺出開帳のポスターがたくさん貼られていました。
P4277195.jpg

かって房総方面へ向かう列車でにぎわった3番線ホームにも、善光寺出開
帳の幕が張られていました。
P4277196.jpg

駅を出ると、駅前テントで善光寺出開帳の参拝券を販売しています。
P4277198.jpg

下の写真真ん中の下の券が「出開帳参拝券(1000円)」です。
もう一枚の券は、「お戒壇巡り券(500円)」です。

回向院内に臨時でお戒壇が設けられているようです。
せっかくですので、そちらも購入しました。

左側のパンフレットは、回向院で拝観券と引き換えになります。
P4277312.jpg

駅前には、信州・東北の物産を扱うテントも建ち、お祭りのようです。
P4277199.jpg

かって両国駅は、重要なターミナル駅でした。
その面影は、今も健在のこの駅舎にうかがえますね。
P4277200.jpg

4月27日・28日は、「第11回両国にぎわい祭り」が行われています。
国技館通りは、車通行止めになっています。
P4277201.jpg

道には、両国らしくちゃんこのテントも並んでいます。
P4277202.jpg

特設舞台では、楽笑一門による南京玉すだれも演じられるようです。
P4277203.jpg

京葉道路を渡ると回向院です。
P4277204.jpg

交差点手前にある山田商店の建物が健在であることを確認して交差点を
渡ります。
P4277205.jpg

三門を入ったところです。
当方は、初日それも10時前に到着しましたので、ご覧の通り行列もなく、
待ち時間なしで拝観できました。
P4277207.jpg

参道にある出開帳案内図です。
P4277208.jpg

出開帳仏が安置されている念仏堂です。
近代的な建物です。

お戒壇巡りは、写真念仏堂右手から入ります。
腰の高さに綱が張られており、プチお戒壇巡り?が味わえます。
P4277218.jpg

念仏堂前に建てられた回向柱です。
回向柱から伸びた綱が出開帳仏の右手につながっています。

P4277209.jpg

回向院建物内の通路です。
美術館のような感じですね。
P4277211.jpg

屋上には、写真のような花壇がありました。
P4277212.jpg

本堂上階から見た回向院山門方向(両国駅方向)です。
P4277214.jpg

1階でご朱印を頂きました。
ちょうど2月に長野善光寺で頂いたご朱印が当方ご朱印の最後でしたので、
はからずも善光寺ご朱印が並ぶことになりました。

左が今回の出開帳ご朱印です。

右上の朱判が「出開帳」になっています。

貴重なご朱印、それも並んで頂けてうれしいです!!
P4277313.jpg

出口を出たところに出開帳関連のお守りなどを扱うテントがあります。
P4277222.jpg

テント脇にある「塩地蔵」です。
参拝客は、願いが成就すると塩を供えることから、塩地蔵とよばれています。

前に供えられた塩の量から見るとなかなかご利益ありそうですね!
P4277225.jpg

境内には、石造の海難供養碑が並んでいます。
天災などによる犠牲者を弔うために建立された回向院らしい碑です。
P4277226.jpg

裏の門が出口になっています。
塩地蔵越しに見た本堂・念仏堂側の風景です。
建物は近代的になりましたが、その犠牲者供養という回向院の役割は、今
も脈々と受け継がれていること感じました。
P4277228.jpg
こちらの出開帳5月19日まで行われています。
貴重な機会ですので、ご参拝いかがでしょうか!!

(次回は回向院周辺の風景ご紹介の予定です)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 禅・坐禅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 札所巡り | コメント:0 | トラックバック:0
<<回向院出開帳あとの周辺散歩です(千歳・新大橋界隈) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 御殿場線山北駅の桜風景>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。