The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
名水の里 千葉久留里町散歩
2013-05-02 Thu 19:30
千葉房総半島の城下町 久留里散歩です(以前の写真です)

久留里は、木更津からJR久留里線で45分くらいのところにあり、今は君
津市の一部
になっています。

房総半島は、なかなかいい町が多いですが、東京西部在住者からすると
東京都横断する必要があるため、なかなか行きにくい方面です。

このときも当方鉄研出身ではありますが、車でアクセスです。
JR久留里線久留里駅です。
P9235904_edited-1.jpg

駅前商店街のアーチには、大胆にもお城のオブジェが乗っかっています。
P9235905.jpg

まずは、久留里城からです。
久留里城は、南総里見八犬伝で有名な里見氏の拠点でしたが、江戸時代
に入ってからは、土屋氏、黒田氏支配を経て、廃藩置県を迎えました。
P9235901.jpg

久留里城から見た風景です。
房総半島の温暖でのどかな風景が眼下にのぞめます。
P9235898_edited-1.jpg

久留里は、豊富な地下水に恵まれた地で、上総掘りと呼ばれたこの地の
工法により掘りぬかれた井戸が多数存在します。
P9235913.jpg

環境省の名水百選にも指定されています。
写真は、久留里の町中そこかしこで見ることのできる井戸です。
P9235914.jpg

町は、上総の城下町として味わい深い町並みが残っています。
大規模な蔵造りの商店です。
この木村屋金物店は、明治元年築の建物です。
P9235907_edited-1.jpg

今は旅館営業されていないようですが、つげ義春さんの作品に出てきそう
な旅館です。
こうした宿にぶらりと泊まる旅に憧れます。
なかなか勇気がなく、一人旅の際には、ビジネスホテルに泊まりがちです。
P9235910_edited-1.jpg

生花と何とお酢を販売しているお店です。
P9235920.jpg

みゆき通り商店街というおひげセンサーが反応するような商店街がありま
した。
P9235919.jpg

こちらの喜楽飯店もよさげなお店のようですが、この時は立ち寄りせずに終
わりました。
次回はぜひ立ち寄ってみたいと思います。
P9235918.jpg
千葉房総半島の町は、坂東三十三か所札所巡りのついでに寄るなど、何
か理由がないと行きにくいエリアですが、今なお昭和レトロな町並みがふん
だんに残っているエリアです。
今後も意識的にぶらり旅で訪れたいと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 湧水・水景色 | コメント:0 | トラックバック:0
<<板橋区志村界隈散歩・その1(志村一里塚~南蔵院) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 「なみすけふりかけ」紹介です(丸美屋と杉並区のコラボ商品です)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。