The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
板橋志村界隈散歩・最終回(志村城址~植村直己冒険館)
2013-05-07 Tue 18:30
(その3)から続きます

ずいぶん歩きました。
板橋中央病院近くのコインパーキングにとめた車に戻り、ここからそれほど
の距離ではありませんが車で移動です。

最後は、志村の地名の由来となった志村城址へ向かいます。

志村熊野神社、日本電産コパル、志村小学校あたりが中世千葉氏の拠点
だった平城です。

地形的には、南側に井出川(志村三泉の一つ「出井の泉」を水源とする川
が巡り、北側は当時は山裾まで荒川の水が流れる堅牢な城であったようで
す。

写真は、志村城の二の丸にある志村熊野神社です。
長い参道が社殿まで続いています。
熊野神社

千葉氏の主家筋にあたり、江戸城にあって管領職にあった上杉朝興が、
北条氏綱に攻められ川越城に向かう途中、この志村城で追撃され、落城
しています。
志村城説明

説明板にある社殿の西側の空濠は、このあたりだと思います。
空堀

志村熊野神社隣には、日本電産コパルがあります。
コパルは、カメラのシャッターメーカーとして大きなシェアを持っていた専業
メーカーですが、1998年に永守氏率いる日本電産グループの一員となり、
現在もカメラ用シャッターの世界No.1メーカーです。

板橋区は、蓮沼のトプコン(=東京光学)、前野町のペンタックスを初め、光
学機器メーカーが極めて多い区です。
その関係もあるのでしょうか? コパルもここ板橋で1946年創業されました。
P5037496.jpg

志村城址崖下にも小豆沢公園同様、湧水らしき流れが確認できました。
昔はあたり一帯どこからでもきれいな水が湧き出していたのではないでしょ
うか。
湧水??

流

車で板橋区蓮根2丁目にある「植村直己冒険館」へ向かいます。
志村城址から三田線「志村三丁目」までは歩いてすぐですので、電車なら
一駅で「蓮根駅」です。
冒険館は、蓮根駅から徒歩5分程度です。

植村直己冒険館は、写真のように蓮根の商店街の中にあります。
P5037572.jpg

こちらが「植村直己冒険館」です。
正面に見える高架が都営三田線です。

最寄駅の「蓮根駅」は、写真では少し左側になります。
P5037574.jpg

当方、ペーパー登山家?(実際に山登りはしないのですが、山岳関係の本
は好きでよく読んでいます)なのですが、特に植村さんは「青春を山に賭け
て」以来のファンで、関係書籍はすべて読んでいます。

こちらの冒険館にも、何となく気分落ち込んだ時などには来館しては、植村
さんの無言の励ましを受けて帰っています。

植村さんは、ご承知の通り1984年2月世界初のマッキンリー厳冬期単独
登頂を果たしましたが、その後消息を絶ち、今に至っています。

先日、長嶋元監督と松井選手の国民栄誉賞授与式をTVでやっていました
が、植村さんも1984年に国民栄誉賞を受賞されています。
P5037575.jpg

冒険館入口です。
入館料は無料です。

1階は、登山・冒険関係の書籍5000冊が集められた図書館になっています。
この日もリュックを背負った登山家らしき方が熱心に書籍を読んでいらっしゃい
ました(書籍の貸出もしています)。
P5037576.jpg
2階が展示室になっています。
4月26日~6月30日は、「植村直己、エベレストにたつ」というテーマで展
示を行っています。
植村さんは、松浦輝夫氏ともに日本人初のエベレスト登攀者です。
※ポスター中央右手のキーホルダーは、こちらのオリジナルキーホルダー
 (400円)です。


また、2階入り口には、ニコンが植村さんの依頼を受け製造した特別仕様の
「ニコンF2チタン・ウエムラスペシャル」と「ニコンF3ウエムラスペシャル」が
展示されています。
(以前の当方F2記事です)

ニコンF2ウエムラスペシャルは、3台製造され、1台は植村さん出身地兵庫
県豊岡の冒険館に、もう1台はここ板橋の冒険館に、もう1台は植村さんとと
もにマッキンリーで眠っています。
P5037578.jpg
以上、板橋区それも志村という狭い一画散歩でしたが、予想以上に長くなっ
てしまいました。
たまには、こうして狭いエリアを徹底的に歩いて見るのもいいなと思いながら、
車で家路に着きました。

「旧街道」、「湧水」、「中世城郭」、「植村直己さん」などお好きな方、この界隈
散歩いかがでしょうか!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 偉人・尊敬する人 | コメント:0 | トラックバック:0
<<旧日立航空機立川工場変電所(東京都東大和市) | 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) | 志村界隈散歩・その4(薬師の泉~小豆沢公園)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| 坐る・乗る・歩く(坐禅と鉄道とまち歩きのブログ) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。